ワイン生産量世界1位!イタリアワインの特徴や歴史、おすすめ銘柄を紹介

ワインと言えばフランスをイメージする人も多いでしょう。

しかし実際はイタリアの方が生産量が多く、世界で最も飲まれているのはイタリアワインなんです。

日本でもイタリアワインは人気で、スーパーやコンビニで購入したことがある人もいるかと思います。

そこで今回はイタリアワインの特徴や歴史、おすすめの銘柄を紹介していきます。

イタリアワインの特徴

イタリアワインは世界一の生産量を誇るワイン大国です。ブドウが不作だった2014年を除くと、2012年から現在までずっと生産量世界一を維持し続けています。

また栽培されているブドウは2000種を超え、他の国では栽培していないようなブドウ品種も多いです。

生産量が多い理由としては、栽培されているブドウ品種が多く高品質だから。それに加えて値段もリーズナブルなので、世界中の人々に飲まれるワインとなりました。

イタリアでは水よりも安くワインが購入できます。1L200円以下で販売している店も珍しくありません。日本でいうお茶のような存在で、日常的に飲む国民的な飲料として愛されています。

イタリアワインの歴史


イタリアワインの歴史は古く、紀元前2000年に醸造技術がギリシャや南アフリカから伝わり、ワインの製造が始まったと言われています。

イタリアは雨が少なく温暖な地中海性気候だったので、ブドウ栽培に適した条件が整っていました。そのため、ワイン造りはイタリア全土に広まることとなりました。

ただし当時は、砂糖や香辛料を入れて作られていたため、現在のように美味しいものではなかったそう。主に医療用として飲まれることが多く、体に良い飲料として飲まれていました。

その後は改良を加え、現在のような美味しいワインになっていきます。そしてイタリアワインは量産を続け、ヨーロッパ随一のワイン大国にまでのし上がります。

しかし品質の重視するフランスワインの評価が高くなり、イタリアワインは「安かろう悪かろう」とレッテルを貼られてしまいます。

そこで1963年に原産地呼称制度を導入。品質に関する法律を制定し、一気に品質が上がりました。

その結果、品質が高いワインを量産できるようになり、世界一のワイン大国となったのです。

イタリアワインの主な産地


イタリアでは多種多様なブドウが栽培され、地域によって特色があります。

そこでイタリアワインの代表的な産地の特徴を解説していきます。

トスカーナ州

トスカーナ州は、花の都フィレンツェを州都とする歴史のある地域です。

「キャンティ」や「スーパータスカン」など、世界を代表する赤ワインを生み出す、一大産地として知られています。

特にスーパータスカンはワイン愛好家から高い評価を得ており、イタリアワインの代名詞とも言えるワインです。

スーパータスカンとは、イタリアのワイン法を守るのではなく「自分たちが最高だと思うワインを造る」という生産者の声で造られ始めたワインです。

イタリアワインの格付けでは、テーブルワインに分類されますが、品質では超高級ワインと肩と並べる存在。そのためスーパータスカンは高値で取引をされ、世界中のワイン愛好家たちがこぞって購入をしています。

ピエモンテ州

ピエモンテ州はイタリア王国時代の首都トリノがあり、ワインの歴史や文化が昔から育まれてきた地域です。

美食の地としても知られ、トリュフやチーズ、チョコレートなどワインに合う食材が豊富に作られています。

そしてピエモンテ州は、イタリアの高級ワインとして知られる「バローロ」の生産地でもあります。バローロはもともと、貴族の御用達で「王のワイン」とも呼ばれている赤ワイン。

ネッビオーロというブドウ品種を使用し、しっかりとしたタンニンと深い香りが特徴です。

優雅な気分になりたい人や、イタリアワインをもっと知りたいという人はぜひ飲んでみてください。

イタリアワインの代表的なブドウ品種

続いてイタリアワイン の代表的なブドウ品種を紹介します。

サンジョベーゼ

サンジョベーゼはトスカーナ地方を中心に栽培をされている黒ブドウ品種です。

フレッシュな果実味を持つものから、濃厚で重みのある品種まで、サンジョベーゼでも14種類以上の亜種があると言われています。

基本的には強い酸味と渋みが特徴で、赤い果実やスパイス、タバコ、スミレなどと表現されています。

また味が濃くタンニンがしっかりとしているので、肉料理やトマトソースを使ったイタリア料理との相性は抜群です。イタリアンを食べる時は、サンジョベーゼのワインで乾杯してみてはいかがでしょうか。

トレッビアーノ

トレッビアーノはイタリア全土で栽培されている白ブドウ品種です。フランスでも栽培面積1位を誇る品種で、シャルドネやソーヴィニョン・ブランよりもメジャーです。

フランスではユニ・ブランやサン・テミリオンと呼ばれ、ブランデーのコニャックの原料としても知られています。

爽やかな果実味があり、青リンゴや若葉の香りが特徴の品種です。単一よりもブレンド用で使われることが多く、仕上がりはフレッシュで辛口の白ワインに仕上がります。

スッキリとしているため、イタリア料理だけでなく和食にも合わせやすいでしょう。

イタリアワインのおすすめ銘柄

最後にイタリアワイン のおすすめ銘柄を紹介します。

カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツォ

引用:amazon.co.jp/

イタリアのコスパ最強ワインと言えばカサーレ ヴェッキオです。

ワイン漫画「神の雫」にも登場した赤ワインで、フランス・ボルドーを彷彿とさせる重厚さが特徴。

そして驚きなのは栽培方法です。通常はブドウの木1本に8房の果実を実らせるのですが、カサーレ ヴェッキオは2房しか実らせません。そのため2房に栄養が凝縮し、濃厚な味わいになるんです。

とにかく濃厚で果実味のある赤ワインは、世界中で飲まれる人気銘柄となりました。

ここまで聞くと値段が高そうなイメージがありますが、なんと1本2000円前後で購入できるんです。

この栽培方法だと数万円のワインになるはずなのですが、カサーレ ヴェッキオは採算度外視で販売。日本でも「数万円の味が2000円で飲める」と話題で、多くの人がリピートをしています。

 

テッレ・デル・ノーチェ シャルドネ

引用:amazon.co.jp/

イタリアで売上No.1を誇るシャルドネの白ワインです。

テッレ・デル・ノーチェは、イタリア最北部にあるドロミテ山脈の麓で造られています。昼夜の寒暖差が激しくブドウ栽培に適した地域で、多くのワイナリーが立ち並んでいます。

2017年にはSAKURAワインアワード2017最高賞受賞し、世界でも認められました。

繊細な口当たりとフルーティーさがあり、後味はスッキリとドライ。どんな料理にも合わせやすいシャルドネの白ワインです。

 

タヴェルネッロ ランブルスコ ロッソ

引用:amazon.co.jp/

イタリアのエミリア・ロマーニャ州で生産されている微発泡の赤ワインです。

「世界NO.1のイタリアテーブルワイン」とも呼ばれ、イタリアで最も飲まれているワインとしても有名。イタリア語で「小さな居酒屋」を意味し、現地の人に愛され続けています。

フルーティーで甘口なワインですが、後味はスッキリとしています。アルコール度数も8%と低めなので、女性や初心者にもおすすめです。

 

まとめ

今回はイタリアワインの特徴や歴史、おすすめの銘柄を紹介してきました。

高品質でリーズナブルなイタリアワインは、これからも世界で愛され続けるでしょう。

それでは本記事を参考に、お気に入りのイタリアワインを見つけてみてください。

関連記事一覧