【大辛口・超辛口】辛口すぎる日本酒おすすめ10選

日本酒には実にさまざまな種類の銘柄があります。しかし、知られている銘柄はほんの一部で、飲食店などで飲める日本酒の多くが飲みやすいものばかりです。そのため、日本酒はキレの少ないお酒だと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、日本酒にもキレがしっかりした辛口銘柄が多数あります!辛口の銘柄を選ぶことで、あなたが思っている以上に刺激のある晩酌を楽しむことができるでしょう。

この記事では辛口日本酒の定義を見ていくとともに、辛口の中でも特にキリッとした味わいを楽しめる「大辛口」や「超辛口」の日本酒をご紹介します。「日本酒は甘めで苦手という方」や「よりキリッとした辛口日本酒を楽しみたい方」はぜひご参考ください。

辛口日本酒の定義

辛口日本酒だと判断する材料にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは辛口日本酒の定義についてご紹介します。

味わいには様々な要因がありますが、大きく分けて「日本酒度」と「酸度やアミノ酸」の2種類です。それぞれについてご説明しますので、辛口日本酒を購入する際は参考にしてみてください。

日本酒度がプラス(+)であるほど辛口

日本酒度とは「日本酒の糖分濃度を表した数値」となります。一般的な日本酒は、この数値が「0~5」であることが多く、飲みやすい銘柄が多いです。

日本酒度が「5以上」になると辛口日本酒の部類となり、数値が高いほどに辛さが増します。反対に日本酒度が「0以下」になると甘口日本酒に分類され、数値が低くほど甘くなるのです。

ただし、日本酒度だけでは正確な日本酒の味わいを判別できません。例えば、日本酒度が同じ数値であっても、人の感じ方によっては味わいが変化します。

また、後述する「酸度」や「アミノ酸の数値」によっても、辛さやキレが大きく異なるため、日本酒度はあくまで目安として認識しましょう。

酸度やアミノ酸度も関係する

前述のとおり、日本酒の味わいは「酸度」や「アミノ酸の数値」によっても変化します。それぞれの要素について見ていきましょう。

1つ目は酸度です。酸度とは「クエン酸」や「乳酸」といった日本酒の酸の量を表した数値を指します。酸度は日本酒の「キレ」に大きな影響を与える成分で、酸度が高いほど辛口になるのです。

2つ目がアミノ酸です。アミノ酸は日本酒の「コク」に大きな影響を与える成分で、こちらは数値が低いほど辛口になります。

つまり、日本酒度が高くても酸度が低く、アミノ酸が高い場合は、甘口日本酒に近い味わいになる可能性が高いです。大辛口や超辛口の日本酒を購入したい場合は、日本酒度と酸度の数値が高く、アミノ酸の数値が低い日本酒を選ぶようにしましょう。

また、同じ銘柄であっても「冷酒」や「熱燗」などの飲み方で、味わいが大きく変化するので注意が必要です。

どんな料理にあうのか?

細かく味の違い出るのであれば、どんな料理に合うのかから考えてみるのもよいでしょう。相性のよい料理は大きく分けて2種類あり、「塩辛い料理」と「ウォッシュ効果のある料理」です。それぞれの特徴について見ていきます。

塩辛いおつまみや料理

辛口の日本酒には「塩辛いおつまみ」や「塩辛い料理」が合うといわれています。代表的なものは、いかの塩辛や焼き鳥、肉じゃがなどです。

なぜこれらの料理が辛口日本酒と合うのでしょうか。これには、さまざまな理由がありますが、主な理由として挙げられるのが「舌の構造」です。

人に舌には味を感じる「味蕾」と呼ばれる器官があり、お酒を飲むとこの働きが鈍くなるといわれています。その状態で塩辛いおつまみを食べると器官がリフレッシュされるため美味しいと感じるのです。

ウォッシュ効果のある料理

例えば、脂っこい料理と一緒にお酒を飲むと、どこか口の中がスッキリとした経験はないでしょうか。このように料理の後味や嫌味を日本酒によって洗い流すことを「ウォッシュ効果」と呼びます。

特に、中国料理などの脂っこい料理と淡麗辛口の日本酒との相性は抜群です。しかしウォッシュ効果は飲むお酒の種類や人の好みによって変わります。そのため自分にあう組み合わせを見つけることも大切です。

大辛口・超辛口の日本酒10選

辛口日本酒にはどのような種類があるのでしょうか。ここでは辛口の中でも、特にキリッとした味わいを楽しめる日本酒度が「10以上」の日本酒を10種類紹介します。

それぞれに特徴を解説するので「辛口の日本酒に興味のある方」や「普通の辛口に飽きてきて別の銘柄を探している方」はぜひ参考にしてください。

春鹿 純米 超辛口

超辛口日本酒の原点とされるのが奈良の今西清兵衛商店が取り扱う「春鹿純米超辛口」です。木桶仕込みで作られるこの日本酒は、ほのかな木の香りと上品なキレの良さが自慢であり、和食をはじめとした多くの料理と合う辛口日本酒といえます。

そのキレの良さは辛口日本酒ファンを唸らせており、日本酒好きなお父さんへのプレゼントとして購入される方も多いです。現在では世界10数か国に輸出されており、国内の辛口日本酒ファンだけでなく、海外でも人気を得ている辛口日本酒の1つといえます。

日本酒度:+12
酸度:1.6
アルコール度数:約15.5%
おすすめの飲み方:冷酒・ぬる燗

created by Rinker
日本酒
¥2,580 (2021/10/17 12:57:49時点 Amazon調べ-詳細)

亀の井 くどき上手 純吟辛口

和食の中でも、特に焼き魚や煮物などの魚介類料理におすすめなのが「亀の井 くどき上手 純吟辛口」です。地酒王国と呼ばれる山形県の亀の井酒造で作られており、一般的な辛口日本酒では味わえないフルーティーな香りを楽しめることから人気を集めています。

慢性的な品薄や品切れ状態が続くほど、全国的に人気な辛口日本酒です。辛口日本酒の新境地を開きたいという方には適した日本酒といえるでしょう。

日本酒度:+10
酸度:1.2
アルコール度数:約16%
おすすめの飲み方:常温

created by Rinker
亀の井酒造
¥2,300 (2021/10/17 12:57:49時点 Amazon調べ-詳細)

土佐鶴 特別本醸造 超辛口

辛口日本酒造りとして有名な土佐鶴が作るのが「土佐鶴 特別本醸造 超辛口」です。口当たりの爽やかさと超辛口の名に恥じないのど越しが抜群のキレと深い味わいを与えてくれます。

そのキレの良さから和食はもちろんのこと、チーズなどのコクのある料理にもあうでしょう。料理のジャンルを問わずに楽しめる銘柄です。

日本酒度/+12
酸度/1.1
アルコール度数/約15%
おすすめの飲み方/ぬる燗・熱燗

created by Rinker
土佐鶴酒造
¥2,663 (2021/10/16 19:12:28時点 Amazon調べ-詳細)

烈火 本醸造超辛口

浅間山や蓼科山、八ヶ岳といった自然に囲まれた長野県佐久市の芙蓉酒造が販売するのが、「烈火 本醸造超辛口」です。ひとごこちと呼ばれる長野県産の酒造好適米を使用して作られています。

コクとキレが抜群の濃醇辛口日本酒で、揚げ物やこってりした料理と一緒に飲んでほしい銘柄です。飲み方は「冷酒」「熱燗」のいずれも楽しめますが、冷酒や常温、ロックも濃厚な味がさらに際立つのでお試しください。

日本酒度:+17
酸度:1.4
アルコール度数:約15%
おすすめの飲み方:冷酒・常温

created by Rinker
金宝芙蓉
¥2,867 (2021/10/17 12:57:50時点 Amazon調べ-詳細)

越乃景虎 本醸造 超辛口

新潟県の諸橋酒造が造る辛口日本酒に「越乃景虎 本醸造 超辛口」があります。この日本酒の最大の特徴は「硬度0.47」という全国屈指の超軟水を利用して作られる点です。

その結果、超辛口日本酒でありながら味わいは優しく、人によっては甘く感じるケースもあり、珍しいタイプの辛口日本酒といえます。

日本酒度:+12
酸度:1.5
アルコール度数:約15%
おすすめの飲み方:常温・ぬる燗

日高見 純米酒 超辛口

宮城県石巻市で1861年創業の平孝酒造が作るのが「日高見 純米酒 超辛口」です。港町で創業した酒造だけあり「日高見 純米酒 超辛口」は魚料理との相性が抜群とされています。

超辛口でありながら旨味やコクもあり、辛口日本酒の中でも高い評価を受ける辛口日本酒です。冷酒でも楽しめますが、旨味が膨らむ熱燗は特に魚料理にあうでしょう。

日本酒度:+11
酸度:1.7
アルコール度数:約15%
おすすめの飲み方:熱燗

山法師 純米生原酒 爆雷辛口

日本酒度「+28」を誇り、日本で一番辛い日本酒として人気なのが「山法師 純米生原酒 爆雷辛口」です。蔵元は山形県の六歌仙で、旨味のある超辛口な味わいが若者を中心に人気を集めています。冷酒や常温であればよりキレのある味わいを楽しめるでしょう。

日本酒度:+28
酸度:1.3
アルコール度数:約18%
おすすめの飲み方:冷酒~常温

杉勇 特別純米 生酛 原酒

「杉勇 特別純米 生酛 原酒」は山形県で作られる辛口日本酒です。純米酒ならではの旨味と穏やかな香りを楽しめる銘柄といえます。

日本酒度は「+14」と高めながらも、程よいキレの良さで舌に刺すような辛さではありません。辛口が初めての方でも飲みやすい銘柄といえるでしょう。寒い時期には、鍋料理と相性抜群なので、ぬる燗にしてお楽しみください。

日本酒度:+14
酸度:1.8
アルコール度数:約18%
おすすめの飲み方:ぬる燗

created by Rinker
¥2,750 (2021/10/17 12:57:51時点 楽天市場調べ-詳細)

三千盛(みちさかり) 純米大吟醸からくち

落ち着いた香りと軽やかな酸味が特徴に持つのが「三千盛純米大吟醸からくち」です。飲めば酸味が味を引き締めるため、食中酒としてもおすすめで、ウォッシュ効果の高い辛口日本酒の1つでしょう。

温めることでさらに旨味が深まり、寒い時期にもじっくりと楽しめる熱燗がおすすめです。また、本来のキレの良さにも定評があるため、冷酒でも楽しむことができます。

日本酒度:+12
酸度:1.8
アルコール度数:約16%
おすすめの飲み方:熱燗

東洋美人 純米吟醸 大辛

山口県の澄川酒造発祥の「東洋美人 純米吟醸 大辛」は大辛口日本種の定番です。単純な辛さではなく、旨味と果実香をほのかに残しています。

スマートでキレのある後味を楽しみたい大辛口好きにはたまらない銘柄といえるでしょう。
少し甘めの食事や素材本来の味を楽しむお寿司、刺身との相性は抜群。辛口初心者よりも辛口愛好家におすすめしたい銘柄です。

日本酒度:+15
酸度:1.6
アルコール度数:約16%
おすすめの飲み方:熱燗

created by Rinker
東洋美人
¥3,550 (2021/10/16 19:12:28時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は辛口日本酒の定義やおすすめの辛口日本酒を10種類紹介しました。前述のとおり、日本酒の味わいは「日本酒度」「酸度」「アミノ酸」などによって大きく異なります。

日本酒度が同じ数値であっても同じ味わいの銘柄は1つとしてありません。自分の好みの日本酒を見つけるのも、日本酒を楽しむ醍醐味といえるでしょう。

今回ご紹介したおすすめ以外にも多くの辛口日本酒がありますから、この機会にぜひ飲み比べてみてください。

▼おすすめ記事