たこ焼きに合うのはビールだけじゃない?実はソースとワインの相性は抜群です!!

関西のソウルフードとして知られるたこ焼き。

お店で食べるだけでなく、自宅でタコパをしたことがある人も多いと思います。
たこ焼きは出来立てアツアツを食べると、最高に美味しいですよね。そして、たこ焼きを食べる時は、一緒にお酒を飲むという人もいるでしょう。

定番のビールもおすすめですが、意外なお酒もたこ焼きにマッチングするんです。
そこで今回は、たこ焼きにマッチするお酒をまとめて紹介します。たこ焼きとお酒の組み合わせを楽しみたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

たこ焼きの特徴や歴史

たこ焼きとは、小麦粉の生地の中にたこや薬味を入れて、球体に焼き上げた大阪のソウルフード。ソースやマヨネーズ をかけて食べるのが一般的ですが、出汁や明太マヨなどアレンジの幅も広い食べ物です。

そしてたこ焼きの発祥は、大阪府西成区の「会津屋」です。1933年、創業者の遠藤留吉氏はラジオ焼き(スジ肉を入れたたこ焼きに似た料理)をアレンジし、牛肉を入れた「肉焼き」を販売します。

その後1935年に、タコと鶏肉を入れる「明石焼き」に影響を受け、「たこ焼き」を開発。当時は小麦粉を出汁でといた生地に、たこや鶏肉を入れて仕上げていました。

生地にしっかりと味がついているため、何もかけずに食べていたそうです。そのため、「会津屋」では現在も、ソースをかけないたこ焼きを販売しています。
戦後はソースが普及し、たこ焼きにソースをかけるお店が増えたため、現在のようなたこ焼き文化ができあがったと言われています。

たこ焼きに合うお酒を選ぶには?

たこ焼きには「ビール」というイメージがありますが、お店によって味や食べ方が異なるので、それぞれに合わせたお酒を選ぶのがベストです。

例えば、たこ焼きの元祖と言われる「会津屋」は、ソースなしで食べるのが基本。そのため、素材の味を活かせるお酒を選んだ方がいいです。

まずは自分の馴染みのお店の味を想像してみてください。また自宅で作る場合は、どんな味付けにするのかを決めましょう。
キムチを入れるのか、チーズを入れるのか、具材によっても合うお酒は変わってきます。

次の章からは、たこ焼きに合うお酒を実際にペアリングしていきたいと思います。

アツアツのたこ焼きには定番のビールがおすすめ

どんな味付けのたこ焼きにも合うのがビールです。たこ焼きと言えばビールをイメージする人も多いのではないでしょうか。
アツアツのたこ焼きに、キンキンに冷えたビールを流し込めば、1日の疲れも吹き飛びますよね。

その上でおすすめなのが、「アサヒスーパードライ」です。
引用:amazon.co.jp/

その名の通り「辛口」「キレのよさ」があり、濃厚なソース味をリセットできます。味付けの濃いたこ焼きでも、パクパクといけちゃいます。

アサヒの公式ホームページにも「キレがありすっきりしており、何杯でも飲める味」」と記載されているほどです。
アサヒスーパードライは、他のメーカーに比べてドライなので、どんな料理にも合います。もちろん出汁で食べるような、たこ焼きにもぴったりです。

実際にペアリングして楽しんでみると「鉄板の組み合わせだな」と実感しました。たこ焼きに合わせるお酒で悩んだら、まずビールを用意してみるといいでしょう。

 

ソース味に合わせるなら濃いめの赤ワイン

ソース味のたこ焼きには、濃いめの赤ワインがおすすめです。

たこ焼きソースは、果実や野菜、スパイスを調合して作られ、甘みや酸味があります。
そして赤ワインも、ブドウの果実を使用し、スパイシーで甘みや酸味が感じられます。
そのため、実は一見意外化もしれませんがたこ焼きソースと赤ワインの相性は抜群なのです。

その上でおすすめしたい赤ワインが「ベリンジャー・ファウンダース・エステート・ジンファンデル」です。
引用:amazon.co.jp/

ベリンジャーはアメリカ・カリフォルニアの名門ワイナリーで、「ワインスペクテーター」誌のワイン・オブ・ザ・イヤーを、赤ワインと白ワインの両方で受賞した経験があります。

そしてこの赤ワインは「ジンファンデル」というブドウ品種を使用しています。
カリフォルニアワインと言えば、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをイメージする人も多いですが、実は「ジンファンデル」はカルフォルニアでメジャーなブドウ品種なんです。

チェリーやラズベリーのような果実味が特徴で、たこ焼きソースの甘みと似た部分があります。またスパイシーさもあるため、たこ焼きソースのスパイス感との相性も抜群です。

実際に「ジンファンデル」は、アメリカでも「甘めのソースと合う」と言われており、たこ焼きに合うことは間違いないでしょう。
実際にたこ焼きと合わせてみると、口の中でバランスよく調和し、赤ワインの甘みとスパイシーさが、たこ焼きの旨味を引き出してくれました。

ワインが好きな方は、たこ焼きと赤ワインのペアリングがおすすめです。ぜひ宅飲みをする時に試してみてください。

 

プレーンのたこ焼きとシャブリ(白ワイン)もおすすめ

ソースなしのたこ焼きや、出汁が効いたたこ焼きを食べるなら、白ワインがおすすめです。
天ぷらと白ワインを合わせる和食店もありますが、小麦粉と具材という点では、似ている部分がありますよね。

また「魚介には白ワイン」という定説もあり、タコと白ワインの相性の良さは間違いないでしょう。ただし白ワインによっては、魚介の生臭さが増すものもあるので注意が必要です。

その上でおすすめしたい白ワインが「シャトー・ラブレ・ロワ シャブリ」です。
引用:amazon.co.jp/

ラブレ・ロワ社は、フランス・ブルゴーニュにある会社です。その実力は世界的にも認められており、世界30社以上の航空会社の機内ワインに採用されています。それだけでなく世界を航海する豪華客船での採用実績もあります。

航空会社や豪華客船のワインの採用は厳格なので、非常に品質が高いワインだということが分かります。しかし、シャブリという言葉を「聞いたことはあるけど詳しくは知らない」という人も多いでしょう。シャブリとはフランス・ブルゴーニュにある、シャブリという地区で造られたシャルドネ種のワインを指します。

シャブリ地区の土壌は、約1億5千年前は海底にありました。そのため、海のミネラル分が豊富で、貝の化石も混じっています。そのため、魚介類や塩味が効いた食べ物との相性は抜群です。特にソースをかけない、出汁や塩で食べるたこ焼きと合わせることをおすすめします。

実際にペアリングしてみると、たこ焼きの味が引き立ち、旨味が増しました。ワイン自体が辛口なので、後味はさっぱりとしていて、たこ焼きを何個でも食べられそうです。

またシャブリの白ワインを開けるなら、タコだけでなく、イカやエビなどを加えたたこ焼きもいいでしょう。魚介類との相性が良いので、いろんな具材を試してみてください。

 

まとめ

今回はたこ焼きにマッチするお酒を紹介してきました。ビールのイメージが強いたこ焼きですが、赤ワインや白ワインとの相性もぴったりでした。

また、たこ焼きは自宅で気軽に作れる料理なので、ビールやワインを購入してタコパを開催してみてはいかがでしょうか。そして味付けを変えれば、まだまだ相性の良いお酒も見つかると思います。

それでは本記事を参考に、たこ焼きとお酒のペアリングを楽しんでみてくださいね。

関連記事一覧