人気急上昇中!中国ワインの特徴や歴史、おすすめ銘柄を紹介

中国のお酒と聞くと「紹興酒」や「杏露酒」をイメージしますよね。
しかし、実は中国はワインの生産も盛んとなっていて、ワイナリーの数は900以上もある知られざるワイン大国となっています。

日本には中国ワインがほとんど輸入されておらず、存在を知らなかった人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は中国ワインの特徴や歴史、おすすめの銘柄を紹介します。中国ワインに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

中国ワインの特徴

日本では知られていない中国ワインですが、2018年の統計では世界6位の生産量を誇っています。

ブドウの栽培面積はスペインについで世界2位。国土の広さや人口の多さもあり、ワイン造りが盛んに行われるワイン大国です。

またフランスやイタリアの有名メーカーが畑を所有し、中国でワイン製造を行っているケースも珍しくありません。

中国ワインの歴史

中国ワインの歴史は、9000年前の紀元前まで遡ると言われています。ただし「旧世界」ではなく、ワインの歴史が新しい「新世界」に分類されています。

考古学者の考察では、山ぶどうからワインのような酒を造っていて、5世紀の「唐の時代」に入るとワイン文化が盛んになったそうです。

そして12世紀の「明の時代」に入ると、白酒や紹興酒の生産が増え、ワイン文化が薄れていきました。

しかし19世紀になると上流階級向けにワイン生産が行われるようになり、品質が向上していきます。その結果、900以上のワイナリーが生まれ、世界でも有数のワイン大国となりました。

中国ワインの主な産地

続いて中国ワインの代表的な産地を紹介します。

山東省煙台(さんとうしょうえんだい)

山東省煙台市は、120年以上のワインの歴史を持つ中国を代表する地域です。

国際ブドウ・ワイン機構からアジアで唯一、「ワイン都市」として認定を受けており、世界的に認められています。

山東省煙台はフランス・ボルドーと同緯度に位置し、ブドウ以外のフルーツ栽培も有名な地域です。ワイナリーやシャトーが立ち並び、高品質なワイン造りが行われています。

寧夏回(ねいかかい)族自治区

中国内陸部にある寧夏回族自治区は、200以上のワイナリーがある中国屈指のワイン産地です。

標高が高く日照時間が長いだけでなく、年間の降水量が少ないため、ブドウに害虫が発生しにくい地域としても知られています。そのため、無農薬や有機栽培のワインが造れると注目をされているんです。

フランスの有名ブランド「シャンドン」の畑もあり、高品質なワインが造れると証明されています。

新疆(しんきょう)ウイグル自治区

昔からブドウの産地として栄えたウイグル自治区は、ワインの生産も盛んです。

近年はワイン生産量が増え、2025年までに150以上のワイナリーの建設、30万リットルの生産を目指すとのこと。これからワイン産業を盛り上げていくと中国政府も発表しており、300億元以上の経済効果が見込まれると予測されています。

雲南省(うんなんしょう)

雲南省は標高2000mを超えるヒマラヤ山麓にある地域で、1500m前後の土地にブドウ畑が広がっています。

標高が高いと太陽光が強くなるため、ブドウの果実も凝縮。果実味が強いワインが造られています。

品質の高いブドウが栽培されることから、フランスのワイン大手モエ・ヘネシーもこの地でワイン造りを行っているそうです。

中国ワインの代表的なブドウ品種

それでは中国ワインの代表的なブドウ品種を紹介します。

カベルネソーヴィニヨン

カベルネソーヴィニヨンはフランス・ボルドーが原産のブドウ品種です。

強いタンニンと果実味が特徴で、まさに「赤ワインの王様」。バランスが良いので、中国ワインの品種に迷ったら、まずカベルネソーヴィニヨンを試してみてください。

メルロー

メルローもフランス・ボルドーが原産のブドウ品種です。

果実味が強く、まろやかで口当たりが優しいワインが出来上がります。プラムやブルーベリーのような甘みもあり、女性や初心者にも飲みやすいでしょう。

蛇龍珠(シャーロンジュー)

蛇龍珠(シャーロンジュー)は、寧夏回(ねいかかい)族自治区で栽培されている中国独自のブドウ品種です。

謎が多いブドウ品種で、カベルネフランやカルメネールの一種とも言われていますが、その真相は解明されていません。

味わいはスパイシーで、エスニック料理や中華料理との相性は抜群です。ワインは中華料理と合いにくいと言われていますが、さすが中国独自の品種、現地の料理とよく合います。

日本に輸入されている銘柄もありますので、気になる方はぜひ飲んでみてください。

シャルドネ

シャルドネはフランス・ブルゴーニュ地方原産の白ブドウ品種です。

程よい酸味とキリッとした飲み口が特徴で、そのバランスの良さから「白ワインの女王」とも呼ばれています。

育つ地域によっても味わいや香りが変わり、寒地ならさっぱり柑橘系、温暖地ならトロピカルな印象になります。

リースリング

リースリングはドイツを代表する白ブドウ品種です。

強い酸味があり、辛口のものから極甘口まで、さまざまな白ワインに変身します。

主に甘口のワインになることが多いので、甘めのワインが好きな人はリースリングを選ぶといいでしょう。

ローズハニー

ローズハニーは中国のみで栽培されている希少なブドウ品種です。もともとはフランス原産の品種でしたが、虫害で絶滅をしてしまい、現在は中国だけで栽培をしています。

ただし、ほとんど情報が出回っておらず、「謎のブドウ品種」と呼ばれているんです。中国にいく機会がある人は、ぜひローズハニーのワインを試してみてください。

中国ワインのおすすめ銘柄

最後に中国ワインのおすすめ銘柄を紹介します。

Ch. Changyu Castel Cabernet Gernischt(シャトー・チャンユー・カステル 珍蔵級)

こちらは先ほど紹介をした「蛇龍珠(シャーロンジュー)」を使用した赤ワインです。

ヨーロッパ屈指のワイン企業「カステルグループ」と山東省煙台のワイナリーが提携して生産しており、中国ワインの中でも高く評価されている銘柄です。

濃厚な果実味と程よいタンニンがあり、樽のアロマも感じられるエレガントな飲み口が特徴です。

Ch. Changyu Castel Chardonnay(チャンユー・カステル シャルドネ)

上記と同じワイナリーが生産するシャルドネの白ワインです。寒冷な地域で栽培されたシャルドネはミネラルや酸味が豊富に含まれています。

引き締まった上品な酸味と繊細な飲み口が特徴で、フランス・ブルゴーニュのワインを彷彿とさせてくれます。

Golden Icewine Valley(ゴールデンアイスバレー)

こちらはカナダのアイスワインメーカーと提携をし、造られた天然のアイスワインです。

中国遼寧省に世界最大級のアイスワイン畑を作り、人口凍結を行わない自然派なワインを開発しました。中国初のアイスワインでもあり、上品な甘さと芳醇な香りが多くの人を魅了しています。

まとめ

今回は中国ワインの特徴や歴史、おすすめの銘柄を紹介してきました。

日本人には馴染みのない中国ワインですが、日本よりもワイン造りが盛んだと分かりましたね。フランスやイタリアの有名メーカーの畑もあるということで、これからの成長が楽しみです。

気になる方はネット通販などで中国ワインを注文してみてくださいね。

関連記事一覧