南フランスを代表するコート・デュ・ローヌ!魅力やおすすめワインを紹介

フランスワインと言えば、ボルドーやブルゴーニュが有名ですよね。しかしフランスワインを語る上で、コート・デュ・ローヌのワインを忘れてはいけません。

ローヌ地方は南フランスを代表する産地で、ボルドーに次ぐ生産量を誇ります。そしてローヌ地方全域を指すアペラシオンとして知られるのが、A.C.コート・デュ・ローヌです。

そこで今回は、南フランスを代表するコート・デュ・ローヌのワインについて深掘りしていきたいと思います。

コート・デュ・ローヌとは?

コート・デュ・ローヌは、ボルドーに次ぐ生産量を誇る、ローヌ地方のAOCです。地中海につながるローヌ河岸に沿ってワイナリーが軒を連ね、南北に200km続く範囲内で、指定の地域であればAOCを使用できます。
※(AOCとは、Appellation d’Origine Contrôlée『アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレの略称』、フランスで定められた原産地保護の規定です。)

またローヌ地方は南北に分かれており、違う特徴を持っています。北部ではシラー種が多く栽培され、力強いワインが主流。南部ではグルナッシュの栽培量が多く、果実味と甘みを兼ね備えた丸みのあるワインが造られます。南北の違いについては、この後の章で詳しく解説をします。

またコート・デュ・ローヌのワインは、コストパフォーマンスにも優れています。お手頃価格で高品質なワインが手に入るため、世界中で飲まれるワインになりました。

コート・デュ・ローヌの歴史


コート・デュ・ローヌの歴史は14世紀にまで遡ります。

法王庁がアヴィニョンへの移転を行い、近くにあったローヌ渓谷のワインの生産量が一気に上がりました。それまでは無名のワイン生産地でしたが、移転をきっかけに有名産地への仲間入りをしたのです。

その後はワインの品質を高めていき、現在は世界有数の産地として知られるようになりました。

コート・デュ・ローヌのワインの特徴


コート・デュ・ローヌのワインは、南北で異なる特徴を持っています。そこでそれぞれの特徴をまとめてみました。

北ローヌの特徴

北ローヌはセプタントリオナルとも呼ばれ、穏やかで暖かい大陸性気候です。地中海の影響を受けにくく、花崗岩や片岩の土壌はブドウ作りに適しています。ブドウ畑は急斜面の段々畑に作られており、「コート・ロティ」や「エルミタージュ」などの高級ワインを生み出す産地も多数あります。

主に栽培されている品種はシラーで、中でもエルミタージュのシラーは、世界最高峰と言われるほど高品質です。力強い印象があるシラーですが、熟成をすると滑らかさが増し、繊細な味わいへと変わります。

また白ブドウ品種は、ヴィオニエやルーサンヌ、マルサンヌなどを栽培。ルーサンヌとマルサンヌは、赤ワインにブレンドする補助的な品種として使用され、濃厚な甘みとフルーティーな香りをプラスしてくれます。

南ローヌの特徴

南ローヌはメリディオナルとも呼ばれ、地中海性気候の影響を受けやすい地域です。夏場の雨が少なく日差しが強い地域ですが、ローヌ渓谷から抜けてくる冷たい風により、ブドウ栽培に適した土地になりました。南ローヌは良質なブドウが栽培されることから、ローヌ地方のワイン生産量の大半を占めています。

また石灰岩の土壌や粘土が多い畑、小石が多い土壌など、異なる性質を持つ畑が入り乱れていることでも有名です。そのため、多種多様なブドウ品種を栽培。メインはグルナッシュで、品質の高いロゼワインを生み出しています。

そして南ローヌを代表する産地と言えば、シャトーヌフ・デュ・パプです。13種類のブドウが栽培し、そのほとんどがグルナッシュ。品質の高い赤ワインと白ワインは世界から認められています。

このようにローヌ地方は北と南で大きく異なります。これからコート・デュ・ローヌのワインを飲む人は、地域にも注目をして楽しんでてみてください。

コート・デュ・ローヌで栽培されているブドウ品種


それではコート・デュ・ローヌで栽培されているブドウ品種の特徴を解説していきます。

シラー(赤)

シラーはコート・デュ・ローヌを代表する品種で、スパイシーで力強い風味が特徴です。コート・デュ・ローヌで栽培されるシラーは、少し嗅いだだけでピリッと胡椒の匂いがするほどスパイシー。

シラー100%で造られる赤ワインもあり、黒胡椒を使ったスパイシーな料理との相性は抜群です。現地では「ナヴァラン・ダ・ニョー」と呼ばれる、子羊のローストと一緒に食べられています。

グルナッシュ(赤)

グルナッシュは、スペイン原産の赤ワイン用ブドウ品種で、コート・デュ・ローヌでも栽培が盛んに行われています。フレッシュな果実味とジューシーさがあり、ワイン初心者でも美味しく飲める品種です。

糖度が高くアルコール度数が上がりやすいため、さまざまな品種とブレンドされることが多いです。特にシラーとの相性が抜群なので、ローヌ地方ではシラーとグルナッシュの栽培量が増えたと言われています。

グルナッシュ・ブラン(白)

グルナッシュ・ブランは、グルナッシュの仲間の白ブドウ品種です。アルコール度数が高く、柑橘系やハーブの香り、弱い酸味が特徴。コート・デュ・ローヌでは重要な品種として扱われ、白ワインや赤ワインにブレンドされています。

ヴィオニエ(白)

ヴィオニエは、北ローヌを中心に栽培されている白ワイン用ぶどう品種です。しっかりとした果実味とフルーティーな香りがあり、後味はキリッと辛口。デリケートな品種で、芳醇な香りが樽発酵で失われることが多く、ヴィオニエでワインを造るには、高度な技術が必要と言われています。

コート・デュ・ローヌワインのおすすめ銘柄


最後にコート・デュ・ローヌワインのおすすめ銘柄を紹介していきます。リーズナブルな商品をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

コート・デュ・ローヌ・ルージュ

引用:ENOTECA online/

北ローヌ最大の生産者ギガルが生み出す「ローヌワインの帝王」と呼ばれる銘柄です。ワイン専門誌「デキャンター」にて「マン・オブ・ザ・イヤー2006」を獲得した経験もあり、高品質なワインを造りをしています。

コート・デュ・ローヌ・ルージュは、シラー主体で仕上げられ、濃厚な果実味と胡椒のようなスパイシーな香りが特徴。洋食だけでなく和食にも合わせやすく、デイリーワインとしても人気です。

価格も2000円前後とリーズナブルなので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ レ・ベック・ファン・ルージュ


引用:ENOTECA online/

ローヌの革新者と呼ばれる、ネゴシアン、タルデュー・ローラン。目利きに優れており、フランスでも名の知れた生産者です。

こちらの銘柄は「レ・ベック・ファン(素敵なグルメ)」と名付けられ、グルナッシュとシラーを主体に造られています。肉料理や煮込み料理との相性は抜群で、和食ではすき焼きに合うワインとして人気です。

価格も2500円前後とお手頃なので、高品質のキュヴェを楽しみたい人はぜひ試してみてください。

 

コート・デュ・ローヌ・ブラン ラ・ポンス


引用:ENOTECA online/

ローヌでも指折りの自然派ワイナリーとして有名なラ・ポンス。 ルーサンヌやマルサンヌ、グルナッシュ・ブランなどをバランス良くブレンドして、繊細なニュアンスを醸し出します。

口当たりは優しく、フルーティーでフレッシュな果実味が特徴。余韻には白コショウが感じられ、ミネラル感が口に残ります。

ラム肉の香草焼きや豚肉のロースト、白身魚のムニエルとの相性は抜群です。価格も2500円前後なので、デイリーワインとしても活躍してくれます。

 

まとめ

今回は南フランスを代表するコート・デュ・ローヌについて解説をしてきました。フランスワインは、ボルドーやブルゴーニュだけではないことが分かりましたね。

これからフランスワインを飲むという人は、コート・デュ・ローヌのワインにも注目をしてみてくださいね。

関連記事一覧