日本ワイン発祥の地~山梨県のワインおすすめ銘柄10選

「日本ワイン」と聞くと、山梨県のワインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

山梨県はブドウをはじめとした果物栽培が盛んで、日本ワインの発祥の地としても知られています。

そこで今回は、山梨県のおすすめワイン銘柄をまとめて紹介をします。日本ワインを存分に味わいたい人はぜひ参考にしてみてください。

山梨は日本ワイン発祥の地

山梨県は「日本ワイン発祥の地」で、縄文時代からブドウ果汁で醸造をしていた歴史も持っています。現在は日本で唯一の「ワイン産業振興特区」に指定され、日本で最もワイン造りが盛んな県として有名です

山梨県は周囲を山に囲まれているため、台風や大雨の影響を受けにくく、日照時間が長いのが特徴です。また昼夜の寒暖差も大きく、ブドウ栽培に適した環境が整っています。

甲州やマスカット・ベーリーAは山梨ワインを代表する品種で、日本一の生産量を誇っています。そのため、ワイナリーの数は日本で一番多い85軒(2019年)。2位の長野県(38軒)と比べても圧倒的な差があります。

これから日本ワインを楽しみたい人は、まず山梨ワインから始めることをおすすめします。

山梨ワインのおすすめ銘柄

それでは山梨ワインのおすすめ銘柄をまとめて紹介します。

マウントワイン ベリーアリカント(敷島醸造)

マウントワイン ベリーアリカントは、標高600mの茅ヶ岳南麓にある敷島醸造が製造している赤ワインです。

敷島醸造では輸入ワインとのブレンドは行わず、自社栽培したブドウのみを使用し、こだわりを持ってワイン造りをしています。ベリーアリカント種は色が濃く、通常ワインの色彩や調整に使われるブドウ品種です。それを活かし、濃厚で程よい酸味のある赤ワインに仕上げました。

他のブドウでは味わえない独特の味わいや酸味があるので、珍しいワインを飲んでみたい人や濃厚な果実味を味わいたい人におすすめです。

created by Rinker
マウントワイン
¥1,550 (2021/05/12 08:25:47時点 Amazon調べ-詳細)

グレイス甲州(中央葡萄酒)

グレイス甲州は「日本を代表するワイン」にも選ばれたことがある白ワインです。製造元の中央葡萄酒は、甲州のグレイスワインを世界に広めた名門ワイナリーであり、日本ワインを語る上で欠かせない存在と言えるでしょう

グレイス甲州は、日本固有のブドウ品種「甲州種」を主体とし、ブドウ本来を香りや味わいを活かした銘柄です。約1年の熟成が行われ、柔らかな酸味と程よい甘みに仕上がります。洋梨のような香りと、ほのかに感じるスモーキーさが調和し、和食だけでなく、イタリアンとも合わせやすい白ワインです。

登美の丘 赤/ミディアムボディ(サントリーホールディングス)

登美の丘はサントリーホールディングスの技術を結集した高品質の赤ワインです。生産を行っている登美の丘ワイナリーは、「品種ごとに適した土地で育てる」をコンセプトに、ブドウの品種を徹底管理。自園産ブドウ100%にこだわっています。

登美の丘 赤/ミディアムボディは、さくらんぼやザクロのような甘酸っぱい香りと、豊かな果実味を味わえる赤ワインです。後味はかすかにチョコレートを感じ、程よい余韻を楽しめるでしょう。

甲州グリ・ド・グリ(シャトー・メルシャン)

甲州グリ・ド・グリは、日本を代表するワイナリー「シャトー・メルシャン」を自信作です。シャトー・メルシャンは「世界を知り、日本の個性を育てる」をコンセプトに、日本ワインにしかできない表現や個性を重視したワイン造りを行っています。

日本で育ったブドウだからこそ、その個性を最大限に活かし、世界に発信をしています。甲州グリ・ド・グリは「甲州種」を使用した白ワインですが、製法は赤ワインの要素を組み込み、果皮や種、果汁まで全てを活かし、複雑な味わいを演出。

少し赤みがかったオレンジ色が特徴で、杏やりんごのような甘い香りと豊かな果実味が楽しめる白ワインです。みりんや醤油など甘めの和食と合わせやすく、煮物や天ぷらなどとの相性は抜群です。

甲州おりがらみ(塩山洋酒醸造)

甲州おりがらみは、山梨県塩山市にある塩山洋酒醸造が製造する白ワインです。塩山洋酒醸造は、果実の生産者組合が母体としたワイナリーで、自社農場と契約栽培農家から山梨県産のブドウを100%を仕入れています。

甲州おりがらみは「甲州種」を100%使用し、濾過処理をすることなく瓶詰めをします。そのため甲州種の良さを最大限に味わえ、すっきりとした酸味と柔らかな口当たりを楽しめます。

にごりタイプの白ワインなので、濁り酒が好きな人におすすめです。パッケージもおしゃれなのでプレゼントにもいいでしょう。

ロリアン スパークリングワイン 甲州(白百合醸造株式会社)

ロリアン スパークリングワイン 甲州は、ブドウ栽培の中心地、山梨県勝沼町にある白百合醸造株式会社が製造をするスパークリングワインです。「地元の勝沼を大切にすることが美味しいワインを造ることにつながる」と考え、ブドウ栽培から丁寧に行うワイナリーです。

ロリアンは「東洋」を意味するフランス語で、「ヨーロッパに負けない高品質なワインを造る」という想いで名付けられました。ロリアン スパークリングワイン 甲州は、山梨県産の甲州を100%使用した辛口のスパークリングワインで、柔らかな発泡と柑橘系の香りが爽やかに香ります。

すっきり飲めるので和食によく合います。食前から食中酒まで幅広く楽しめるスパークリングワインです。

created by Rinker
ロリアンワイン
¥1,980 (2021/05/12 14:29:09時点 Amazon調べ-詳細)

河口湖ノワール(スズラン酒造工業有限会社)

河口湖ノワールは、山梨の老舗ワイナリー、スズラン酒造工業有限会社が製造している赤ワインです。スズラン酒造工業有限会社はワイン雑誌「リアルワインガイド誌」でも高い評価を得ています。

ブドウは樹を植えてから一度も肥料は与えず、過酷な環境で栽培。そのため、ブドウがより凝縮し甘い果実に仕上がります。河口湖ノワールは自社農園で栽培したピノ・ノワールを使用し、フレッシュな酸味と豊かな果実味が味わえます。口当たりは柔らかなので、ワイン初心者にも飲みやすい銘柄です。

created by Rinker
スズランワイナリー
¥2,805 (2021/05/12 14:29:10時点 Amazon調べ-詳細)

ルミエール スパークリング 甲州(ルミエール)

ルミエール スパークリング 甲州は、宮内庁御用達のワインを卸していた歴史があるルミエールが製造するスパークリングワインです。ルミエールではビオディナミを実践し、あえて畑を耕さず雑草が生い茂った自然な形でブドウを栽培しています。育ったブドウは土地のミネラルをしっかりと吸い上げ、凝縮した果実となります。

ルミエール スパークリング 甲州は、甲州ブドウを使用した辛口のスパークリングです。瓶内発酵で自然に発泡を促すことで、きめ細かい泡立ちに仕上がっています。柑橘系の香りとすっきりとした酸味が特徴で、和食だけでなく中華料理やイタリアンにもよく合います。

created by Rinker
ルミエール
¥3,292 (2021/05/12 08:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

くらむボンボン アジロン(くらむぼんワイン)

くらむボンボン アジロンは、古民家のワイナリーで有名なくらむぼんワインが製造する赤ワインです。くらむぼんワインは自社農園を持っており、フランスでは主流の垣根式栽培を実践しています。

くらむボンボン アジロンは、日本では珍しい「アジロンダック種」を使用。強い香りと濃厚な甘みが特徴で、個性的なワインに仕上がります。甘みが強いため、冷やして飲むとジュースのような感覚で飲めます。そのためワインが苦手な人でもゴクゴク飲めるでしょう。

グレイス甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブ(中央葡萄酒)

グレイス甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブは、日本のグレイスワインを世界に広めた中央葡萄酒が製造する白ワインです。日本ワインの中心地である勝沼町鳥居平地区の「甲州種」を使用し、ブドウの凝縮度にこだわったワイン造りを行っています。

グレイス甲州 鳥居平畑 プライベートリザーブは、選別された特定畑で栽培をされた甲州種を使用。フレンチオークの樽で発酵され、爽やかな酸味と複雑な味わいに仕上がります。勝沼の甲州ワインが飲みたい人はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は山梨県のおすすめワイン銘柄をまとめて紹介してきました。日本ワインを語る上で欠かせない産地として、これからも品質の高いワイン造りが行われていくでしょう。

それでは本記事を参考に、好みの山梨ワインを見つけてみてくださいね。