すき焼きに合うお酒とは?10種類のお酒で試してみた!

お祝いごとや特別な日に欠かせないすき焼き。

甘い割り下と牛肉の旨味が絡み合い、日本酒やビールが止まりません。

そしてすき焼きを味わうなら、美味しいお酒と合わせたいですよね。

今回はすき焼きに合うお酒をペアリングしていきます。すき焼きとお酒の相性を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

すき焼きの特徴

すき焼きとは、肉や野菜を焼いたり煮たりする料理です。鉄鍋が使われ、醤油や砂糖、酒を合わせた「割り下」で味付けされます。

一般的には牛肉の薄切りを使いますが、牛肉以外の肉でもすき焼きと呼びます。例えば、「蟹すき」や「豚すき」と呼ばれる料理もあります。

日本ですき焼きが食べられるようになったのは江戸時代からです。それまでは牛肉を食べる文化がなく、牛肉料理は存在しませんでした。

江戸時代前期に発行された料理本「料理物語」に「杉やき」が登場し、魚介類と野菜を味噌煮にして食べる文化があったといいます。その後、鶏肉や鴨肉を入れて食べるようになりました。

幕末になると海外から肉食文化が伝わり、食用の牛肉が多く流通し始めます。そこからすき焼きを提供する牛鍋屋が増え、日本にすき焼きが浸透していったのです。

すき焼きとお酒と合わせるコツ

すき焼きとお酒を合わせるコツを紹介します。

関西風か関東風で選ぶ

すき焼きには関西風と関東風があります。

関西風

関西風のすき焼きは、牛脂をしいて牛肉を焼いてから割り下を入れます。その後、野菜を入れて水や酒で調整していきます。

関西風は牛脂のコクと牛肉の旨味をダイレクトに味わえるのが特徴です。赤ワインやウイスキーといった、肉料理と相性の良いお酒と合わせるといいでしょう。

関東風

関東風のすき焼きは、割り下を煮立てて野菜を加え、最後に肉を加えるのが特徴です。

そのため、肉や野菜の旨味をバランスよく味わえます。日本酒や焼酎など、和食と相性の良いお酒と合わせてみてください。

肉の部位で選ぶ

部位によって脂の量や味わいが変わります。

部位特徴
サーロイン脂身が多く甘みが強い部位。ビールやハイボール、焼酎などさっぱり系のお酒がおすすめ。
リブロース脂身と赤身のバランスがよく柔らかい部位。日本酒や赤ワインなど旨味の感じられるお酒がおすすめ。
モモ脂身が少なくあっさりした部位。どんなお酒とも相性が良い。

すき焼きと合うお酒(ベストペアリング)

ここからは、すき焼きとお酒の相性を実際に試した検証内容を紹介していきます。

まずは、すき焼きとお酒のベストペアリングしたお酒を紹介します。

ビール

ビールとすき焼きは定番の組み合わせです。割り下を作るときに、日本酒ではなくビールを入れるお店も存在します。

特におすすめなのが苦味と旨味のバランスが良いビール。すき焼きのこってり感を洗い流しつつ、旨味を引き出してくれます。

日本のビールメーカーの多くは、和食に合うビールを開発しているので、どの銘柄でも合わせやすいでしょう。

▼「サッポロ 黒ラベル」をAmazonでチェックする

赤ワイン

すき焼きは醤油をベースとした和食です。醤油は赤ワインと相性がよく、関東風すき焼きの店では日本酒にプラスして赤ワインを加えるところもあります。

また肉料理には赤ワインが定番なので、醤油が染みた牛肉は最高の組み合わせです。口の中で旨味が絡み合い、最高のペアリングとなりました。

▼「コノスル ピノ・ノワール ビシクレタ レゼルバ」をAmazonでチェックする

日本酒

すき焼きよりも古い歴史を持つ日本酒。すき焼きが誕生した当初から、ペアリングされてきたお酒です。

すき焼きは甘みの強い料理なので、濃醇タイプの日本酒がおすすめ。また口の中をさっぱりさせたいなら、淡麗タイプの日本酒もいいでしょう。

個人的には溶き卵をつけずに食べた方が合わせやすい印象がありました。

▼「玉乃光酒造 純米吟醸 酒魂」をAmazonでチェックする




レモンサワー

牛肉とレモンサワーは相性の良い組み合わせです。肉料理専門店では、レモンサワーをうりにしているお店もあります。

レモンの酸味が牛肉の旨味を引き出してくれるだけでなく、脂っこくなった口をリセットできます。

すき焼きをさっぱり食べたい方は、レモンサワーを試してみてはいかがでしょうか。

▼「こだわり酒場 レモンサワー」をAmazonでチェックする

麦焼酎

日本酒と同様に古い歴史を持つ麦焼酎。すき焼きに欠かせないお酒として愛されてきました。

麦焼酎はすっきりした味わいがあり、口の中を洗い流してくれます。さらにすっきり感を味わいたいなら、炭酸水で割って焼酎ハイボールにするのもいいでしょう。

▼「いいちこ シルエット」をAmazonでチェックする

芋焼酎

こってりした関西風のすき焼きを食べるなら、芋焼酎という選択もありです。

すき焼きは濃厚な味わいなので、芋焼酎の風味に負けません。お互いの風味が喧嘩することなく、心地よい風味を堪能できます。

じっくりとすき焼きを味わいたい時は、芋焼酎をロックで飲むのもいいですね。

▼「黒霧島」をAmazonでチェックする

梅酒

梅は和食と相性の良い果実です。そのため梅酒とすき焼きも、合わせやすいことが分かります。

また梅酒はほどよい酸味があり、肉の旨味を引き出してくれます。口の中もさっぱりできるため、最高のマリアージュとなりました。

甘みの強い梅酒だけでなく、すっきり系の梅酒でも合わせやすいでしょう。

▼「サントリー 梅酒 樽仕上げ」をAmazonでチェックする

ウイスキー

牛肉とウイスキーは相性の良い組み合わせです。

ウイスキーはすき焼きの濃厚さに負けないコクがあり、関西風でも関東風でも合わせやすいと感じました。

おすすめは個性の出るモルトウイスキーではなく、バランスの良いブレンデットウイスキー、もしくはグレーンウイスキー。全体のバランスが良く、すき焼きとも合わせやすかったです。

▼「バランタイン ファイネスト」をAmazonでチェックする

すき焼きと合わないお酒(ワーストペアリング)

続いては、すき焼きとは合わなかったお酒を紹介します。

白ワイン

白ワインは、味付けの薄い料理と合わせられるお酒です。

すき焼きは味付けが濃いため、白ワインの味わいや香りをかき消してしまいました。

仮に合わせるなら、あっさりした関東風とペアリングした方が良いと思います。

ブランデー

ブランデーは、すき焼きの甘みと合わせやすいイメージがありました。しかし、ブランデーの甘みと香りが強すぎて、少し合わせづらかったです。

合わせるなら、甘めに仕上げた関西風と組み合わせたり、牛肉ではなく豚肉にしたりすると、マリアージュできると思います。

すき焼きとお酒の種類別の評価・特徴

すき焼きとお酒の相性を表にまとめてみました。

順位お酒の種類評価コメント
1位日本酒★★★★★昔から組み合わせられてきたお酒。すき焼きは甘みの強い料理なので濃醇タイプ、もしくは口の中をすっきりさせてくれる淡麗タイプの日本酒がおすすめです。
2位赤ワイン★★★★★関東風すき焼きの店では赤ワインを加えるところも。また肉料理には赤ワインが定番なので、醤油が染みた牛肉と最高のマリアージュとなります。
3位ビール★★★★★割り下を作るときに、日本酒ではなくビールを入れるお店もあります。すき焼きのこってり感を洗い流してくれつつ、旨味を引き出してくれます。
4位麦焼酎★★★★麦焼酎はすっきりした味わいがあり、口の中を洗い流してくれます。さらにすっきり感を味わいたいなら、炭酸水で割って焼酎ハイボールにするとgood。
5位レモンサワー★★★★肉料理にはレモンの酸味が相性抜群。旨味を引き出してくれるだけでなく、脂っこくなった口をリセットしてくれます。
6位芋焼酎★★★すき焼きの濃厚さに負けない風味が魅力。じっくりとすき焼きを味たいたい人におすすめです。
7位梅酒★★★梅酒はほどよい酸味があり、肉の旨味を引き出してくれます。口の中もさっぱりできるのも魅力です。
8位ウイスキー★★★ウイスキーはすき焼きの濃厚さにも負けない旨味とコクを持っています。関西風でも関東風でも合わせやすいと感じました。
9位ブランデー★★ブランデーの甘みと香りが強すぎたため、少し合わせづらかったです。
10位白ワインすき焼きは味付けが濃いため、白ワインの味わいや香りをかき消してしまいました。

まとめ

今回はすき焼きに合うお酒をペアリングしてきました。

定番の日本酒や焼酎も合わせやすかったですが、個人的には赤ワインとのペアリングが衝撃的でした。やはり醤油と牛肉の組み合わせは、赤ワインの旨味とよく合いますね。

そこでは本記事を参考に、すき焼きとお酒のペアリングを楽しんでみてくださいね。

■この記事を読んだ方におすすめの記事
鍋料理に合うお酒をまとめて紹介!日本酒やワインと合わせてみた
おでんに合うお酒を実際にペアリング|日本酒や焼酎、ワインなどおすすめ銘柄を紹介
カニに合うお酒とは?10種類のお酒で検証してみた!