ワインを飲んで泊まれる!宿泊できるワイナリーまとめ

日本各地にはワイナリーがあり、その土地ならではのワインが楽しめます。ワイナリーによってはテイスティング(試飲)ができたり、レストランでワインを楽しみながら食事ができたりするのが嬉しいですよね。

しかしワイナリーは郊外や田舎にあることがほとんど。車を使わないと行けない場所が多いです。ワインを試飲したいドライバーの人は、もどかしい思いがしますよね。

そこで今回はワインを飲んで宿泊できるワイナリーを紹介します。この記事を読めば、ワイナリー巡りがもっと楽しくなりますよ。

ワインを楽しむ旅「ワインツーリズム」が人気

みなさんは「ワインツーリズム」という言葉をご存知ですか?

ワインツーリズムは、ワイン文化が根付くヨーロッパで生まれたものです。ワイナリーを訪れてブドウ畑や醸造過程を見学したり、ワインと食事を楽しんだりと、ワインを楽しむ旅のことをワインツーリズムと呼びます。

日本では日帰りのワインツアーが主流でしたが、最近は宿泊をしてワインを楽しめる施設も増えてきました。お酒が好きなドライバーにとっては嬉しい限りですね。

ワインを飲んで宿泊できるワイナリーまとめ

それではワインを楽しみながら宿泊ができるワイナリーを紹介します。

ヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリー

エッセイストである玉村豊男氏が開いたヴィラデスト ガーデンファームアンドワイナリー。留学生活を送ったフランスに魅了され、自分自身でワイナリーをスタートさせました。

ワイナリーに併設されたカフェでは、自家栽培された新鮮な野菜とワインが楽しめます。

近くには1日2組限定の宿「海野宿 ふる里館」があり、ワイナリーで購入したワインの持ち込んで飲むことも可能。古民家を改装した隠れ家的な宿で、ゆっくりとワインを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

カーブドッチワイナリー(新潟県)

カーブドッチワイナリーは、新潟県新潟市にあるワイナリー。目の前には角田山が望め、広大なブドウ畑に囲まれたロケーションは、ゆっくりワインを楽しみたい人におすすめです。

ワイナリーには2つの宿泊施設が併設されており、日帰り温泉がある「ヴィネスパ」と、令和元年11月開業のワイナリーステイ「トラヴィーニュ」があります。どちらもブドウ畑に囲まれており、穏やかな時間を過ごすことができるでしょう。

またレストランも充実していて、新潟の食材を活かした「湯楽」、本格フレンチが楽しめる「レストラントラヴィーニュ」の2店舗を営業。和食と洋食、好きなレストランを選べるのは嬉しいポイントですね。

さらに温泉や岩盤浴、スパも充実しているので、日頃の疲れを癒したい人はぜひ利用してみてくださいね。

 

ぶどうの丘(山梨県)

日本ワインが最も盛んな、山梨県甲州市の勝沼町にある「ぶどうの丘」。ワイナリーの地下にはワインカーブがあり、180種類以上の銘柄が貯蔵されています。

入場料を払えば、カーブ内全ての銘柄をテイスティング可能。ワイン好きにはたまらない場所ですね。

またぶどうの丘では宿泊施設も併設しています。ワインをたっぷり飲んだ後は、ゆっくりと温泉につかりながら癒されてみてはいかがでしょうか。全客室のお風呂は、源泉100%なので、温泉にこだわりたい人にもおすすめです。

そして宿泊をするなら「展望ワインレストラン」にも行ってみましょう。きれいな景色を眺めながら食事を楽しむことができます。甲州ワインを使用した料理も豊富なので、ワインとのマリアージュを楽しんでみてください。

 

中伊豆ワイナリーヒルズ(静岡県)

静岡県伊豆市にある中伊豆ワイナリーシャトーヒルズは、富士山も望める標高約290mの丘に建つワイナリーです。目の前に広がるブドウ畑は10ヘクタール、東京ドーム2個分以上の大きさがあります。

ワイナリー内では、自社生産のワインを100円からテイスティング可能です。地下セラーには樽熟成庫と瓶熟成庫があり、ボルドーやブルゴーニュから仕入れた樽が並んでいます。

またワイナリーの隣には宿泊施設「ホテルワイナリーヒル」を併設。夕食は「ワイン飲み放題」「食べ放題バイキング」でおもてなしをしています。

温泉もあり、源泉100%掛け流し、富士山を眺めながらゆっくりと疲れを癒すことができます。また野外プールもあるので、夏場でも気持ちよく過ごせるのがポイントです。
ワイン好きだけでなく、ファミリーでも楽しめる宿泊施設でしょう。

 

SAYS FARM(富山県)

SAYS FARMは、富山県氷見市にあり、レストランやギャラリー、宿泊施設が併設されたワイナリーです。ワイナリーではブドウ畑と醸造施設を案内するツアーも行われています。

併設のレストランは氷見港で水揚げされた新鮮な魚や、地元の生産者が作る肉や野菜をワインと共に楽しめます。

宿泊施設は1日単位で貸別荘のように使える仕様で、贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。
金沢や世界遺産の白川郷など、北陸を巡る旅の拠点としても使える便利な施設です。

 

まるき葡萄酒(山梨県)

「現存する日本最古のワイナリー」と呼ばれる、まるき葡萄酒。園内には「MARUKI VILLAGE」があり、ぶどう狩りやワイナリー見学を楽しめます。

おすすめは「マリアージュツアー」で、ソムリエが厳選したワインとシェーブルチーズやショコラ(おつまみ)をマリアージュしながら、解説を聞けるなんとも贅沢なツアー。

そしてまるき葡萄酒では、「笛吹川温泉坐忘」という宿泊施設を運営しています。ワインと郷土懐石料理が楽しめ、日本庭園を眺めながら入れる露天風呂や、洞窟風呂など開放感のある大浴場もあります。

少し贅沢をしたい人向けに、露天風呂付客室や庭園露天風呂付き客室もあるので、温泉とワインをじっくり楽しみたい方は、ぜひ訪れてみてください。

 

モンデ酒造(山梨県)

モンデ酒造は、山梨県にあるワインやリキュールを製造するメーカーです。富士や南アルプスの美味しい水で醸造を行なっており、「牧丘畑メルロ」と「豊富畑ヤマソービニオン」など、人気の銘柄を多数輩出しています。

試飲ホールの売店では、ワイン、リキュール、清涼飲料水など10数種類の無料試飲も。お酒だけでなく清涼飲料水もあるので、ファミリーにもおすすめです。
そしてモンデ酒造から徒歩5分の場所に「ホテル石風」という宿泊施設があります。ワインと地元の食材を使用した料理が自慢で、贅沢な時間を過ごせるでしょう。

温泉はアルカリ性単純温泉の天然温泉。緑に囲まれた露天風呂や広々とした大浴場でゆっくりとくつろぐことができます。
ワイン以外の飲み物も充実しているので、子供から大人まで楽しめる施設です。

 

安曇野ワイナリー(長野県)

北アルプスの麓、安曇野にある安曇野ワイナリー。山に囲まれ、水はけと日当たりがよく、寒暖の差が大きい、ブドウづくりにに適した土地で、上質なワイン造りを行なっています。

併設のワインショップでは、高級ワインや限定ワインが楽しめる有料試飲カウンターと、気軽なワインなど常時4〜5種類が飲める無料試飲カウンターがあります。
カフェも併設しており、安曇野酵母豚のソーセージを使ったホットドックなど、ワインに合うメニューも豊富。お子様にも嬉しいソフトクリームなどのサイドメニューも多いので、家族連れでも十分に楽しめます。

そして安曇野ワイナリーのすぐそばには「ファインビュー室山」があります。温泉が自慢で、安曇野、松本平を一望できるお風呂や、ジャグジー、舟形風呂など、さまざまな温泉が楽しめます。
併設の展望レストランでは、信州そばや信州牛が提供され、ワインとのマリアージュを堪能できるでしょう。

 

【番外編】ワインが楽しめる宿泊施設

ワインが楽しめるのはワイナリーだけではありません。最近はワインをコンセプトにした宿泊施設も増えてきました。
そこでワインが楽しめる宿泊施設をいくつか紹介します。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳(山梨県)

誰もが憧れる星野リゾートには、ワインが楽しめる「リゾナーレ八ヶ岳」があります。世界的建築家マリオ・ベリーニがプロデュースした、日本を代表するデザインホテルで、ワインの産地で名高い山梨・八ヶ岳に位置しています。

ホテル内では毎日「ワインの学校」が開講され、ワインを学びながらマリアージュを楽しめます。また「季節のフルーツパフェ作り体験」などもあり、女性にも嬉しいイベントが盛りだくさん。
またスキー場も近く、リゾナーレ八ヶ岳では2つの提携ゲレンデもあります。宿泊者がスキーやスノーボードを無料レンタルできるキャンペーンも随時開催中なので、冬場の利用もおすすめです。

ワインだけでなく、ウィンタースポーツを楽しみたい人は利用してみてください。

 

ワインとお宿 千歳(京都府)

京都天橋立にある、ワインと日本海の料理が楽しめる隠れ家的な宿です。提供されるワインは京都産ブドウ100%を使用した「天橋立ワイン」。
この天橋立ワインを手がけるオーナーが運営する宿泊施設でもあります。

また天橋立ワインだけでなく、50,000本以上のワインが貯蔵されたワインセラーがあり、季節の料理に合わせてワインを提供。ワインセラーのワインは、購入もできます。

料理は地元の食材をふんだんに使用し、天橋立の風土を感じてもらいながらワインとマリアージュを楽しめます。
温泉はまったりとしていて美肌効果が高く「美人の湯」と言われている天橋立温泉。心も体もゆっくりと癒せるでしょう。

ちょっと大人な時間を過ごしたい人や世界中のワインを楽しみたい人におすすめの宿です。

 

おとぎの宿 米屋(福島県)

福島県の名湯、須賀川温泉にある「大人のおとぎの世界」がコンセプトの宿です。田んぼの真ん中にこっそり隠れるように佇む宿は、贅沢な時間を過ごしたい人におすすめ。

客室では源泉かけ流しの湯が楽しめ、肌にまとわりつくような良質なお湯が自慢です。

夕食では有機栽培や無肥料・無農薬野菜を中心とした料理を提供。食事中は専任のワインアドバイザーがワインを用意してくれます。ワインは常時40〜50種類ほどあるので、自分好みのワインが見つけやすいですよ。

非日常な世界を楽しみたい人や、ワイン選びをサポートしてもらいたい人はぜひ利用してみてください。

 

白馬リゾートホテル ラ ネージュ東館(長野県)

白馬の大自然の中に佇む、白馬リゾートホテル ラ ネージュ東館。

「ここはヨーロッパ?」と言ってしまいたくなるような内装は、クラシカルな雰囲気が漂っています。定期的にワイン会やシャンソン音楽会が開かれ、ゆっくりとした大人な時間が過ごせるでしょう。

またレストランでは、地元の食材を使用した創作フレンチとワインが楽しめます。ワインは常時200種類以上あり、日本とフランスのワインによって構成。レストランマネージャーが訪ねたことのあるワイナリーやシャトーから選び、ホテルスタッフが醸造をプロデュースしたワインもあります。

ヨーロッパが好きな人や大人な時間を過ごしたい人は、ぜひ利用してみてください。

 

まとめ

今回はワインを飲んで宿泊できるワイナリーを紹介しました。今までドライバーで飲めなかった人も、心置きなくワインを飲むことができますね。

これから宿泊できるワイナリーが増えれば、日本でもワインツーリズムの文化も浸透してくるかもしれません。

それでは本記事を参考に、ワインを巡る旅に出てみてください。

関連記事一覧