長野・信州のおすすめワイン10選!お土産やギフトに最適な銘柄も紹介

果物の名産地として知られる長野県は、ワイン造りも盛んです。

数々のコンクールで受賞歴があり、国内のみならず海外でも評価されています。

そこで今回は、長野県のおすすめワインをまとめて紹介します。お土産やギフトにも最適ですので、ぜひ参考にしてみてください。

長野ワインの特徴

長野県はワイン用のブドウ生産量日本一を誇るワイン大国です。

周囲を山に囲まれている長野県は、降水量が少なく寒暖差が大きいのが特徴で、凝縮感のあるブドウに仕上がります。

特に長野県中部にある塩尻市桔梗ヶ原は、ワイン造りの先駆け的な存在です。火山灰からできた土壌は水はけがよく、日本有数のメルローの産地として知られています。

良質で甘いブドウが栽培され、山梨に次ぐ日本ワインの名産地として確固たる地位を築いてきました。

また長野県では「信州ワインバレー構想」を計画し、「桔梗ヶ原ワインバレー」「日本アルプスワインバレー」「千曲川ワインバレー」「天竜川ワインバレー」の4つに分類。フランスやイタリアのように、品質の高いブドウ栽培が行われています。

長野ワインを選ぶ時のポイント

それでは長野ワインの選ぶ時のポイントを紹介します。

ブドウ品種で選ぶ

長野県はワイン用ブドウの生産量日本一。さまざまなブドウ品種が栽培されています。

メルロー 長野ワインの定番品種。塩尻市で栽培されたメルローは一級品。
コンコード 長野県を代表するブドウ品種。軽めでフルーティーな印象。
シャルドネ 白ワインの代表品種。長野県でも栽培面積を広げている。
ナイアガラ 北米産の白ブドウ品種。長野県で最も栽培されている白ブドウ品種でもある。

初めて長野ワインを飲むという人は、ブドウ品種に注目して選んでもいいでしょう。

生産地で選ぶ

長野県では「信州ワインバレー構想」により「桔梗ヶ原ワインバレー」「日本アルプスワインバレー」「千曲川ワインバレー」「天竜川ワインバレー」4つの生産地に分類されています。

桔梗ヶ原ワインバレー 明治時代からブドウ栽培が行われてきたメルローが有名な産地。
日本アルプスワインバレー ナイアガラやコンコードなど長野特有の品種の名産地。
千曲川ワインバレー メルローやシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールなど欧米品種の栽培が盛んな産地。
天竜川ワインバレー ヤマ・ソービニオンやヤマブドウなど日本古来のブドウ品種が有名な産地。

産地によってもブドウ品種や個性が出るため、ワイン選びの指標として参考にしてみましょう。

長野認定マーク付きワインから選ぶ

長野県ではワインの品質向上のために「長野認定マーク」の制度を導入しています。

味や香りだけでなく、栽培方法や製造方法まで厳しい審査を実施し、基準をクリアしたワインだけが長野認定マークの表示ができます。

品質が認められているため、ワイン選びを失敗したくない人におすすめです。

長野ワインのおすすめ銘柄

それでは長野ワインのおすすめ銘柄をまとめて紹介します。

井筒ワイン 無添加コンコード赤

無添加コンコード赤は、長野県塩尻市桔梗ヶ原にある井筒ワインが手掛ける赤ワインです。

ブドウ本来の味や香りを生かすために、酸化防止剤無添加や濾過、加熱処理を行わない製法を取り入れています。

無添加コンコード赤は、ほのかな酸味とタンニンが味わえる優しい赤ワインです。ピザや唐揚げとの相性が良く、デイリーワインとしてもおすすめです。

グランポレール 安曇野池田 ピノ・ノワール

安曇野池田 ピノ・ノワールは、日本アルプスワインバレーにあるグランポレール安曇野池田ヴィンヤードが手掛ける赤ワインです。

グランポレールは、北海道や山梨、岡山に拠点があり、良質なブドウの産地でワイン造りをしています。

安曇野池田ヴィンヤードは、標高500~600mの位置にあり、降水量が少なく寒暖差が大きいため、凝縮したブドウが収穫できます。

安曇野池田 ピノ・ノワールは、ラズベリーやチェリーのような果実味と滑らかな口当たりが楽しめる赤ワインです。チーズやビーフシチューと合わせると良いでしょう。

アルプス ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン

松本平ブラッククイーンは、長野県松本平にあるミュゼドゥヴァンが手掛ける赤ワインです。

ブラッククイーンは、松本平で生食用として栽培されてきたブドウ品種です。濃い色味や酸味を活かし、2000年からはワイン用ブドウ品種として活躍しています。

ミュゼドゥヴァンでは研究を重ね、濃厚な果実味と程よいタンニンの赤ワインの開発に成功しました。

レーズンやチェリーのような味わいがあり、トマト煮込みやハンバーグなどの料理と合わせやすいでしょう。

日本ワイン 塩尻メルロ

塩尻メルロは、サントリー塩尻ワイナリーが手掛ける赤ワインです。

サントリー塩尻ワイナリーでは、日本人の舌に合わせたワインの開発を進めており、日本ワインの先駆け的な存在です。醸造から瓶詰めまで一貫して行い、より高い品質のワインを生産しています。

塩尻メルロは、自然な甘みと程よいタンニンが心地よく、バランスと取れた味わいが楽しめます。

プレゼントやギフトにもおすすめのワインです。

林農園 五一わいん エステートゴイチ メルロ

五一わいん エステートゴイチ メルロは、長野の名手として知られる林農園が手掛ける赤ワインです。

林農園では自社農園だけでなく、塩尻市の柿沢農場のブドウを仕入れ、品質の高いワインを生産しています。

五一わいん エステートゴイチ メルロは、ブラックベリーやカシスのような香りと濃厚な果実味のバランスが良く、長い余韻を楽しませてくれます。

すき焼きやビーフシチューとの相性は抜群です。

シャトーメルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド

長野シャルドネ アンウッデッドは、日本ワインの歴史を作ってきたシャトー・メルシャンが手掛ける白ワインです。

アジア最大級の国際コンクール「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」のワインアワード部門で金賞、ベスト日本ワイントロフィーを獲得した経験もあります。

白桃のようなまろやかな甘みと程よい酸味があり、バランスの取れた白ワインに仕上がっています。すっきりとした印象があり、焼き魚や天ぷらとの相性は抜群です。

created by Rinker
シャトー・メルシャン
¥2,693 (2021/03/09 06:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

プリマベーラ シャルドネ

プリマベーラ シャルドネは、作家で画家の玉村豊男氏が経営するヴィラデスト・ワイナリーが手掛けた白ワインです。

ヴィラデスト・ワイナリーは、小規模生産でこだわりを持ってワイン造りし、自社畑で栽培されたソーヴィニヨン・ブランはフレッシュ感があると評判です。

プリマベーラ シャルドネは、グレープフルーツのような酸味とキリッとした飲み口が味わえます。サラダや白身魚のソテーとの相性は抜群です。

created by Rinker
ヴィラデスト ワイナリー
¥3,846 (2021/03/09 06:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

山辺ワイナリー デラウェア 甘口

デラウェア 甘口は、長野県松本市にある山辺ワイナリーが手掛ける白ワインです。

山辺ワイナリーは松本平産ぶどう100%にこだわり、地域に根ざしたワイン造りをしています。

デラウェア 甘口は、食用としても有名なデラウェアを使用し、優しい甘みのある白ワインに仕上がりました。

冷やして飲むと、口当たりがよくバランスのよい甘みと酸味が味わえます。サラダや鶏肉などさっぱりとした料理との相性は抜群です。

created by Rinker
山辺ワイナリー
¥8,250 (2021/03/09 06:37:56時点 Amazon調べ-詳細)

シャトー・メルシャン 北信シャルドネRGC左岸 16

北信シャルドネRGC左岸 16は、シャトー・メルシャンが手掛ける白ワインです。

高級ワインが造られる北信地区の左岸で栽培されたシャルドネを使用。「シャトー・メルシャン最高峰」の白ワインと呼ばれています。

黄金色に輝くワインは、パパイヤやココナッツのような果実味とナッツのような香り、バターのようなまろやかさが味わえます。

濃厚な味わいなので、クリームソース系の料理とよく合います。

created by Rinker
シャトー・メルシャン
¥7,800 (2021/03/09 06:37:56時点 Amazon調べ-詳細)

信濃ワイン シャルドネ葡萄交響曲作品502

シャルドネ葡萄交響曲作品502は、新しい取り組みが評価されている信濃ワインが手掛ける白ワインです。

「音楽とワインのいい関係」をテーマに、クラシック音楽を聴かせて熟成。完熟したシャルドネは、辛口ですっきりとした白ワインに仕上がります。

日本でも珍しいクラシックを聴かせた白ワインですので、興味のある人はぜひ試してみてください。

まとめ

今回は長野県のおすすめワインをまとめて紹介してきました。

日本でも有数のワイン産地である長野県は、日本だけでなく世界から認められています。

それでは本記事を参考に、自分好みの長野ワインを見つけてみてくださいね。