秋鮭に合うお酒とは?10種類のお酒で試してみた!

鮭は日本人に馴染み深い魚のひとつです。焼き鮭やフライ、ホイル焼きまで、食卓には欠かせません。

そして秋になると「秋鮭」が出回ります。通常の鮭よりも臭みが少なく食べやすいため、さまざまな料理に使われます。

そして今回は、秋鮭に合うお酒を徹底検証していきます。秋鮭とお酒の相性を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

秋鮭の特徴

お酒_ペアリング_サーモン

鮭は日本の鮭の中で最も消費される、白鮭(しろさけ)を指します。

白鮭は年間を通して手に入りやすい魚です。しかし秋になると産卵を控えて川に戻ってきます。鮭の産卵は9月~11月なので、この時期に獲れた鮭を「秋鮭」と呼ぶのです。

日本の川に戻るのは白鮭だけで、紅鮭や銀鮭、キングサーモン、トラウトサーモンなどは海外で水揚げされたものか養殖されたものです。

秋鮭は脂身が少なく、さっぱりとした味わいが特徴です。高タンパク・低脂肪でヘルシーなのでダイエットにもおすすめ。ムニエルやフライなど、油脂を使った料理と相性が良いとされています。

ちなみに秋鮭は「あきざけ」「あきじゃけ」「あきさけ」「しろさけ」など、さまざまな読み方があります。

秋鮭とお酒と合わせるコツ

お酒_ペアリング_鮭

秋鮭とお酒を合わせるコツを紹介します。

調理方法で選ぶ

秋鮭にはさまざまな調理方法があります。

ちゃんちゃん焼きやホイル焼き、ムニエル、フライなど、調理方法に合わせてお酒を選ぶことが大切です。

バターが染み込んだムニエルなら白ワイン、フライならビールや赤ワイン、ちゃんちゃん焼きなら日本酒や焼酎と合わせやすいでしょう。

調味料で選ぶ

秋鮭にかける調味料で合わせるお酒は変わります。

醤油をかけるならピノ・ノワールの赤ワイン、ソースをかけるならカベルネ・ソーヴィニヨンの赤ワインやビール、タルタルソースならコクのある白ワインといった感じです。

秋鮭と合うお酒(ベストペアリング)

今回は一般的でシンプルな塩焼きにして、秋鮭と10種類のお酒と実際に合わせてみて検証していきます。

まずは、組み合わせて相性の良かったベストペアリングから紹介していきます。

日本酒

お酒_ペアリング_魚

「日本酒には魚が合う」と知っている人も多いでしょう。特に白鮭は日本の川に帰ってくる魚なので、日本のお酒と相性抜群です。

また日本酒には、旨味成分であるアミノ酸が豊富に含まれています。そのため、秋鮭の旨味成分と相乗効果でマリアージュしやすくなるでしょう。

さらに日本酒は魚の生臭さを軽減する効果もあり、鮭特有のクセや臭みを和らげてくれます。

実際に合わせてみると秋鮭の旨味が引き立ち、旨味の相乗効果を実感できました。

▼「玉乃光酒造 酒魂 純米吟醸」をAmazonでチェックする

麦焼酎

焼酎も秋鮭と相性が良いとされています。

日本では昔から鮭と焼酎が合わせられてきました。漁師さんが焼酎を片手に魚介類を楽しむ姿が目に浮かびますよね。

麦焼酎はクセが少なくすっきりした味わいが特徴です。

和食はもちろんのこと、洋食とも合わせやすいため、料理のバリエーションが多い秋鮭とも相性抜群。中でも、焼き鮭やちゃんちゃん焼きなどの和食がおすすめです。

今回は焼き鮭と合わせましたが、口の中に残る脂っこさを麦焼酎のキレがさっぱり洗い流してくれます。ほどよくリセットできるので、食欲がさらに増した気がしました。

▼「いいちこ シルエット」をAmazonでチェックする

ビール

「ビールは魚介類の生臭さを際立てる」という意見もあります。

しかし秋鮭は、高タンパク・低脂肪。クセも少なくさっぱりした味わいなので、そこまで生臭さを感じません。

今回はサッポロ黒ラベルと合わせてみました。黒ラベルは、ほどよい麦の香りとすっきりした飲み口が特徴です。

焼き鮭との相性もよく、後味をさっぱりと洗い流してくれます。どんな料理にも合わせやすいため、フライやちゃんちゃん焼き、ムニエルでも試してみたいです。

▼サッポロ 黒ラベルをAmazonでチェックする

白ワイン

おつまみとワインを選ぶ際、「色を合わせる」というルールがあります。

鮭の色合いはピンクなので、赤ワインやロゼワインと合わせやすそうです。

しかし秋鮭は白身魚に分類されます。そのため白ワインとの相性も抜群です。

特に秋鮭はクセが少なくすっきりした味わいなので、白ワインともうまくマッチしました。

カルパッチョなんかとも合いそうです。

▼「コノスル リースリング ビシクレタ レゼルバ」をAmazonでチェックする

赤ワイン

秋鮭は白身魚の中でも味が濃いほうです。色味もピンクがかっているため、赤ワインとの相性も良いとされています。

焼き鮭と合わせる場合、醤油やソースをかけると赤ワインとマリアージュしやすくなります。

今回はそのまま食べましたが、秋鮭の旨味と赤ワインが絶妙でした。

▼コノスル ピノ・ノワール ビシクレタ レゼルバをAmazonでチェックする

レモンサワー

鮭のムニエルやフライにはレモンをかけます。また回転寿司に行くとサーモンの上にレモンスライスが乗っていますよね。そのため、秋鮭とレモンは相性抜群の組み合わせです。

今回はサッポロチューハイ99.99クリアレモンと合わせてみました。純度99%のウォッカを使用しているため、キレの良さと爽快感を味わえます。

秋鮭の味を邪魔せず、旨味を引き立ててくれます。口の中をさっぱりさせたい人は、レモンサワーがおすすめです。

▼サッポロチューハイ 99.99 クリアレモンをAmazonでチェックする

梅酒

梅酒は、レモンと同じく酸味のあるお酒です。

酸味は秋鮭の美味しさを際立たせてくれるため、ほどよい酸味のある梅酒は相性抜群です。

また梅酒はほどよい甘みがあるので、秋鮭のたんぱくな風味を補ってくれます。

焼き鮭だけでなく、フライやちゃんちゃん焼きにしても合わせやすそうでした。

▼サントリー 梅酒 樽仕上げをAmazonでチェックする

秋鮭と合わないお酒(ワーストペアリング)

秋鮭と合わなったお酒を紹介します。

ウイスキー

ウイスキーは、秋鮭の生臭さが際立ちます。

アイラモルトなど海沿いで造られたウイスキーなら問題ないですが、日本で飲まれているさっぱり系のウイスキーとは合いません。

秋鮭はたんぱくなので合わないこともないですが、そこまで美味しいとは感じませんでした。

合わせるのであれば、アイラ系のハイボールが良いと思います。

ブランデー

ブランデーの甘みが際立ち過ぎて、秋鮭の風味をかき消しました。アルコール度数が強く、生臭さだけが際立ちます。

中華など味付けの濃い料理なら合わせやすそうですが、たんぱくな秋鮭とは合いませんでした。

芋焼酎

芋焼酎は、他の焼酎と比べて香りや味が強いのが特徴です。

魚料理を作る際は、芋の風味に打ち消されない濃いめの味付けにしなければなりません。

今回は秋鮭を焼いただけのシンプルな調理法。そのため芋焼酎の風味が勝ってしまいました。

合わせるなら、煮魚やフライ、ちゃんちゃん焼きなど、しっかりとした味付けの魚料理を選びましょう。

魚料理に合う芋焼酎ですが、調理方法によっては合わない可能性があります。

秋鮭とお酒の種類別の評価・特徴

秋鮭とお酒の相性を表にまとめてみました。

順位お酒
評価ペアリングの味わい
1位日本酒★★★★★甘みの相乗効果が生まれて最高のマリアージュとなりました。
2位麦焼酎★★★★★麦焼酎のキレが口の中をさっぱりとしてくれます。
3位白ワイン★★★★クセが少ない秋鮭と白ワインのミネラル感のバランスが抜群です。
4位レモンサワー★★★★レモンの酸味が秋鮭の味を引き締めてくれます。
5位ビール★★★秋鮭の後味をさっぱりと洗い流してくれます。
6位赤ワイン★★★醤油やソースをかけるとさらに相性が良くなります。
7位梅酒★★★梅酒の酸味が秋鮭の旨味を引き立ててくれます。
8位芋焼酎★★芋の風味が強過ぎて秋鮭の良さが感じられませんでした。
9位ウイスキー秋鮭の生臭さが際立ちました。
10位ブランデーブランデーの甘みとアルコールで生臭さが際立ちました。

まとめ

お酒_相性_サーモン

今回は秋鮭とお酒の相性を検証してきました。

日本酒や麦焼酎など、昔から合わせられてきたお酒と相性が良いことがわかりましたね。

ぜひ本記事を参考に、秋鮭とお酒のペアリングを楽しんでみてくださいね。

▼関連記事:さんまの塩焼きに合うお酒とは?10種類のお酒で試してみた!