ブドウ栽培大国ルーマニアワインの特徴や歴史、おすすめ銘柄を紹介

ルーマニアはワイン生産が盛んで、ブドウ栽培においては6000年以上の歴史を持っています。

日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパではワインの主要生産国として有名です。

そこで今回は、ルーマニアワインの特徴や歴史、おすすめ銘柄を紹介します。

ルーマニアワインについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ルーマニアについて

ルーマニアは、東ヨーロッパのバルカン半島東部に位置する国です。人口は約2,000万人、国土は日本の本州とほぼ同じで、国の中央部にはカルパティア(カルパチア)山脈を望みます。

ルーマニアの大きな特徴は、多民族国家という点です。

紀元前からダキア人が定住し、その後は古代ローマ人やスラブ人によって侵略されます。そこから、マジャール人やトルコ人、ゲルマン人などさまざまな民族が移り住みました。そのためルーマニアの人々は、複合民族とも呼ばれています。

首都のブカレストをはじめ、世界遺産のあるブラショフ、白ワインの有名なヤシ、温泉のあるトランシルバニアなど、観光国としても栄えています。

ルーマニアワインの特徴

ルーマニアワインは、ヨーロッパの中でもワイン生産量が多い国です。

年間生産量は約5億リットルで、東ヨーロッパではトップの生産量を誇っています。

ルーマニアは年間を通じ乾燥した大陸性気候ですが、国土の半分を山脈で囲まれているため、適度な湿度に保たれています。その結果、水はけの良い土壌となり、ブドウ栽培も盛んになりました。

中でも北東部のモルダヴィアでは、ワイン造りが盛んでルーマニアワイン生産量の1/3を占めています。

ルーマニアワインは、貴腐ワインなどの甘口のワインが主流です。固有品種も100種以上あり、リーズナブルなものから高級ワインまで幅広く生産されています。

またルーマニアワインの9割が国内消費です。そのため世界市場には流通せず、日本への輸入も進んでいません。

ルーマニアワインの歴史

ルーマニアワインの歴史は、6000年以上前まで遡ります。

紀元前5500年頃からブドウ栽培が盛んで、ヨーロッパ随一の栽培国として栄えていました。そのため、隣国から侵入されることも多く、幾度となく紛争が起こります。

そして、紀元前106年にはローマ帝国に侵略されます。ローマ帝国では、ワイン造りの技術が発展していたため、ルーマニアのブドウでもワイン生産が始まりました。

19世紀に入ると、世界中のブドウを襲った害虫「フィロキセラ」が流行します。多くのブドウ畑が壊滅的な被害を受けますが、生産者たちは協力し乗り越えました。

その後、1889年に開催されたパリ博覧会では、ルーマニアワインが高い評価を受けヨーロッパ中にその名が知られます。

しかし第二次世界大戦でソヴィエトに破れ、社会主義国家へと変わります。その結果、ヨーロッパ諸国との交流はなくなり、ルーマニアワインは50年以上もの間、世界から姿を消しました。
そこからルーマニアワイン生産は国営となり、質よりも量を重視したワイン造りをするようになります。必然的に品質も落ち、国民からの評判は下がる一方でした。

しかし1989年に民主主義国家へと変わります。2000年になると8割のブドウ畑が生産者に返還され、品質も向上していきました。

その後は、EU加盟をきっかけにルーマニアワインが再び注目され、世界各国で高い評価を得ています。

ルーマニアワインの主要産地

ルーマニアワインの主要産地を紹介します。

モルドバ

ルーマニア北西部に位置するモルドバ。フランスのブルゴーニュと同緯度にあり、高品質なワイン造りが行われています。

大陸性気候で気温の変化が大きく、ブドウ栽培に適した地域です。土壌の70%以上が「チェルノーゼム」と呼ばれる黒土で、石灰岩層を豊富に含んでいます。

そのため、フルーティーでミネラル感のあるワインに仕上がります。和食との相性も良く、日本人に合わせやすいワインといえるでしょう。

トランシルヴァニア

トランシルヴァニアは、ルーマニア中部から北西部に位置する地域です。

高原地帯のため、爽やかな酸味のあるブドウに仕上がります。特にタルナーヴェの白ワインが有名で、ヨーロッパでも高い評価を受けています。

ドブロジャ

ドブロジャは、ルーマニアの東部に位置する地域です。ローマ帝国に侵略された名残もあり、ローマ帝国の建造物が多く残っています。

ルーマニアで最も温暖な地域とされブドウ栽培も盛んです。特に貴腐ワインなどの甘口ワインが有名です。

ルーマニアの代表的なブドウ品種

ルーマニアの代表的なブドウ品種を紹介します。

フェテアスカ・ネアグラ

フェテアスカ・ネアグラは、ルーマニアで古くから栽培される固有品種です。

「黒い乙女」を意味し、濃厚な果実味と力強いタンニンが特徴の黒ブドウ品種です。

フェテアスカ・ネアグラから造られる赤ワインは、ブラックベリーやブルーベリーのような香り、カカオやスパイスのようなニュアンスが楽しめます。

フェテアスカ・レガーラ

フェテアスカ・レガーラは、ルーマニアで最も栽培されている白ブドウ品種です。

「王家の乙女」を意味し、エレガントで気品溢れる品種として知られています。

白ブドウ品種にしてはタンニンが強く、辛口ワインに仕上がります。グレープフルーツのような香りとホワイトペッパーのニュアンスがあり、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。

フェテアスカ・アルバ

フェテアスカ・アルバは、ルーマニアで根強い人気のある白ブドウ品種です。

「白い乙女」を意味し、爽やかでフレッシュ感のある白ワインに仕上がります。

主に辛口のワインになり、シトラスや白い花のようなフレッシュさ、桃のような甘い香りが特徴です。

おすすめのルーマニアワイン

最後におすすめのルーマニアワインを紹介します。

リヴィア フェテアスカネアグラ

リヴィア フェテアスカネアグラは、ルーマニアの固有品種フェテアスカ・ネアグラを使用した赤ワインです。

黒いワインとも呼ばれ、濃いガーネット色をしています。プルーンのような香りと、ブルーベリーのように濃い果実味が味わえます。

クロ・ビュザオ ピノ・ノワール ルーマニア

クロ・ビュザオ ピノ・ノワール ルーマニアは、南フランスのピエール・デグルット氏が手掛けるピノ・ノワールの赤ワインです。

デグルット氏は「ブルゴーニュ以外でピノが上手に育つのはここしかない」といい、フランスから苗木を持ち込んで栽培しています。

しっかりとした果実味と滑らかなタンニンは、どんな料理にも合わせやすいでしょう。

created by Rinker
クロ ビュザオ
¥1,430 (2021/06/13 15:11:10時点 Amazon調べ-詳細)

ブドゥレアスカ プレミアム タマイオアサ・ロマネアスカ 2018

こちらのワインは、2004年に設立したヴィル・ブドゥレアスカが手掛ける白ワインです。国際コンクールで数々の受賞歴があり、世界中から注目を集めるワイナリーです。

カモミールやジャスミンのような香り、グレープフルーツのようなフレッシュさが感じられる銘柄です。

created by Rinker
ヴィル・ブドゥレアスカ【Viile Budureasca】
¥1,630 (2021/06/14 01:32:17時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はルーマニアワインの特徴や歴史、おすすめ銘柄を紹介してきました。

日本ではあまり知られていないルーマニアワインですが、長い歴史があることが分かりました。

ぜひ本記事を参考に、ルーマニアワインを試してみてくださいね。