オリオンビールってどんなビール?歴史や味などを紹介!

日本ではさまざまビールが販売されていますが、その中の1つとしてオリオンビールがあります。スーパーで販売されていることもあり、前から飲んでみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、オリオンビールの基本情報や主なラインナップを紹介します。オリオンビールを飲んでみたい方は飲む前にぜひ読んでみてください。

オリオンビールとは?

オリオンビールは沖縄で生まれた歴史のあるビールメーカーであり、全国的にも知られています。とはいっても、実際のところオリオンビールは一体どのようなビールを製造しているのでしょうか。

オリオンビールの歴史

オリオンビールは1957年に生まれた沖縄初のビール会社であり、その2年後にオリオンビールを発売しました。当時は店を一軒ずつ巡るというローラー作戦でPRを行い、徐々にオリオンビールを広めていきました。

1973年には、缶に入った生ビールが登場。当時のレジャーブームもあってさらに多くの人に広まることとなります。

1989年にはロゴや缶のデザイン、味を一新。翌年に首都圏へ進出し、沖縄から全国に展開されました。

オリオンビールの発売から61年目であった2020年に入ると、看板商品を「オリオン ザ・ドラフト」という形でリニューアルし、オリオンビールで初めての沖縄クラフトとして販売しました。

沖縄で生まれたオリオンビールですが、現在では日本国内シェア第5位にまで成長しています。2019年に買収されたものの、現在でも沖縄だけではなく多くの人に親しまれて続けています。

アサヒビールとの関係性

オリオンビールは、アサヒビールとの共同開発や委託製造なども行っています。共同開発としては、パイナップルやシークヮーサーを使ったビアカクテルや「オリオン ちゅらたいむ」など。
また、アサヒビールの代表的存在である「アサヒスーパードライ」をオリオンビールが委託製造しています。

オリオンビールが認めた店で飲むのもおすすめ

もしオリオンビールを飲みたいのであれば、家で飲むだけではなくお店で飲むのもおすすめです。オリオンビールでは樽生最優秀認証制度を設けており、認められるとオリオン樽生最優秀認定店としてオリオンビールで紹介してもらえます。ただし、樽生最優秀認証制度は沖縄限定であり、県外の店は含まれていません。

県外の店舗に対しては、「樽生クオリティセミナー」を実施。受講を終えると終了証と受講点限定の木札がもらえます。もし沖縄県外でオリオンビールが飲めるお店を探しているのであれば、木札がないか探してみるとよいでしょう。

オリオンビールの主なラインアップや特徴

オリオンビールではさまざま商品を販売していますが、その中から3つをピックアップしました。それぞれ特徴や味が異なるため、自分の好みに合わせて選んでみてください。

オリオン ザ・ドラフト

上記でも紹介した「オリオン ザ・ドラフト」は、オリオンビールの看板商品ともいえる存在です。やんばるの水や伊江島産の大麦など沖縄ならではの原材料を使用。また、きめ細かい泡を実現するために、あえて昔ながらの製造を用いています。

「オリオン ザ・ドラフト」は、爽快感のある味わいながらも独特の旨味が感じられるビールです。また、柔らかなアロマホップの香りの「オリオン ザ・ドラフト」の魅力的なポイントです。

もし「オリオン ザ・ドラフト」を飲むのであれば、ビールだけではなくグラスも冷やしておきましょう。30分ほどグラスを冷やすことにより、「オリオン ザ・ドラフト」ののどごしが楽しめる理想の温度とされる3℃で楽しみやすくなります。

created by Rinker
オリオンドラフト
¥4,988 (2021/08/05 10:20:59時点 Amazon調べ-詳細)

75BEER

「75BEER(ナゴビール)」は、オリオンビールで初めてのプレミアムクラフトビールです。世界での生産が1%未満というオーストラリア産の希少なホップを使用。大麦は沖縄産を使っており、醸造家がこれまでの経験を活用して手作業で製造しています。

「75BEER」深みのある味わいのビールということもあり、キレよりも味の深さを求める方におすすめ。苦味や柑橘系の香りも感じられ、他のビールとは少し違った味わいと楽しめるでしょう。

ちなみに、オリオンビールでは那覇市の市制100周年を記念して「78BEER(ナハビール)」を販売。那覇市内の商店街と共同開発したプレミアムクラフトビールであり、フローラルな香りが特徴です。

created by Rinker
オリオンドラフト
¥7,980 (2021/08/05 13:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

75BEER-IPA

「75BEER」とは少し異なるビールとして、「75BEER-IPA」も販売されています。そもそもIPAとはインディアペールエール(India Pale Ale)の略称であり、香りと苦味が非常に強いことが特徴的な種類です。

「75BEER-IPA」では、沖縄産のシークヮーサーを使用。その上、ホップを通常の6倍も使って製造しています。ただ、同じホップを使うのではなく、柑橘系の香りを表現するために5種類のホップを使っています。もちろん、「75BEER-IPA」も「75BEER」と同じく醸造家が手作業で製造しています。

「75BEER-IPA」は、華やかな香りと心地よい苦味が魅力的なビールです。フルーティー感もあり、沖縄らしいIPAともいえるでしょう。ピルスナーである「75BEER」と飲み比べて、どちらが好みなのか選んでみるのも面白いかもしれません。

created by Rinker
オリオンドラフト
¥7,616 (2021/08/05 22:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

オリオンビールはビールだけではない!

オリオンビールはビールだけではなく、発泡酒やハードセルツァーなども製造しています。特にハードセルツァーはアメリカで爆発的な人気となった種類であり、オリオンビールでは「DOSEE」という商品で、シークヮーサー・グレープフルーツ・アセロラの3種類を展開。低カロリーでアルコール度数も2%のため、気軽にお酒を飲みたいときにもぴったりです。また、材料に沖縄県産のハーブである「月桃」を使っているところも魅力的なポイントです。

発泡酒に関しては、「麦職人」や「サザンスター」を販売しています。「サザンスター」は2つの種類に分かれており、それぞれ特徴が異なります。そのため、自分の好みに合わせて選んでみるとよいでしょう。

 

まとめ

今回は、オリオンビールの基本情報や主なラインナップを紹介しました。

オリオンビールでは看板商品である「オリオン ザ・ドラフト」以外にも、さまざま商品を販売しています。

様々な商品を試しつつ、沖縄気分を味わってみてはいかがでしょうか。