ウイスキーはどうやって飲んだらいいのか?9種類の飲み方を紹介!

ウイスキーは種類によってアルコール度数や香りに大きな違いがあることから、その飲み方について困っている人も多いのではないでしょうか。

実はウイスキーにはストレートやロック、水割り以外にも様々な飲み方があるものの、あまり知られていません。

そこで今回はウイスキーを楽しめる9種類の飲み方を紹介します。
9種類も飲み方があったの!?という方や、普段とは違ったウイスキーの楽しみ方に挑戦したい時に、ぜひ参考にしてみてください。

飲み方によって何が変わるのか?

ウイスキーは飲み方によって香りと味が変わるのが大きな特徴です。1滴の水分が加わるだけで、香りや味に変化が起こり得ます。

また温度も変化を生む一つの要因です。温かくすると柔らかく、冷たくするとキリっとします。

ウイスキーによって合う飲み方があるので、様々試してみてください。

本来の味や変化を楽しみたい向けの飲み方

ウイスキー本来の味や時間経過による味の変化を楽しみたいのであれば、ストレートやロックがおすすめです。ストレートであればウイスキー本来の刺激をダイレクトに楽しめます。

ストレートが苦手ということであれば、氷を加えて時間の経過とともにその変化を楽しむのもよいでしょう。

ここでは本来の味や変化を楽しむ飲み方として「ストレート」「ロック」「トワイスアップ」「ウイスキーフロート」の4つを紹介します。

ストレート

ストレートは整った味という意味であり、ニートとも呼ばれている飲み方です。香りを楽しむならストレートがおすすめですが、水や氷などで薄めていないためアルコール度数がきつく、飲みにくいと感じる方もいるでしょう。お酒が弱い人やウイスキー初心者の人は注意が必要です。

ストレートで楽しむ場合、限りなく常温に近い温度で飲むとよいでしょう。またグラスはストレートグラスと呼ばれる厚みのないグラスがおすすめで、ストレートグラスであればウイスキーが空気に触れやすく、時間の経過による変化を楽しめます。

また水(チェイサー)も準備しておきましょう。バーなどで注文する場合はほぼ確実に一緒に出してくれます。水を準備しておけば悪酔いを防げるだけでなく、口の中を水で洗い流すことでウイスキーの味や香りを長く感じられます。

ロック

ロックは氷を入れて楽しむ飲み方で、正式には「オン・ザ・ロック」と呼ばれています。氷を加えるためアルコール度数が少し和らぎます。

最大の特徴は、味の変化が楽しめる点です。氷が溶けることで加水量を調整できます。

ロックを楽しむには、冷やしたグラスに氷を加えて、30ml(シングル)、60ml(ダブル)ほどの量のウイスキーを注ぐとよいでしょう。

注ぎ過ぎると氷が溶けやすく、十分に冷えないので注意してください。

トワイスアップ

トワイスアップとは氷ではなく、水だけを加えて飲むシンプルな飲み方です。香りを維持しながらもアルコール度数を落とせるため、香りと飲みやすさのいずれも追求したい人に適した飲み方といえるでしょう。

トワイスには2倍という意味があり、その意味通りにウイスキーと水を「1:1」の割合にするのがおすすめです。ただしウイスキーの銘柄によっては味わいが異なるため、必ずしも1:1にする必要はありません。

ウイスキーフロート

ウイスキーフロートは水にウイスキーをゆっくりと注ぎ、水の上にウイスキー浮かべて飲むことです。これは水とウイスキーの比重差を利用しています。

フロートには「浮かべる」という意味があることから、ウイスキーフロートと名付けられました。最初はウイスキー本来の味を楽しみながら飲み進め、次第にウイスキーと水が混ざり合って味が変化するのです。

氷を入れたグラスに水を5~6分目まで入れ、45mlのウイスキーを慎重に注いでいきます。注ぐ際にマドラーやスプーンの裏面につたわせながら注ぐのがポイントです。

ウイスキーと氷に層が出来上がれば、その層が崩れないようゆっくりと持ち上げて飲みすすめてください。

アルコール感が苦手でも楽しめる飲み方

ロックやトワイスアップなどは加水によってアルコール度数を抑えるため、ストレートよりも飲みやすくなります。しかしアルコール感が苦手な人には、さらに飲みやすくするための工夫が必要となるでしょう。

そこでアルコール感が苦手な人向けの飲み方として、「ハイボール」「水割り」「ハーフロック」「ミスト」「ホットウイスキー」の5つについて、それぞれの特徴を紹介します。

ハイボール

日本人にも馴染みの深いウイスキーの飲み方としてハイボールがあります。ソーダ割やウイスキー&ソーダと呼ばれることもあります。

食後酒として嗜まれることが多いウイスキーですが、ハイボールは食中酒として多くの方に愛飲されています。氷を入れたグラスにウイスキーを注ぎ、十分にウイスキーが冷えた段階で冷やしておいた炭酸水を注げば完成です。

ハイボールの良い点はアルコール度数を抑えられること以外にも、ウイスキー特有の香りや濃さを調整できる点が挙げられます。炭酸水とウイスキーの割合次第では、薄めにも濃いめにもできるため、自分の好みの味わいで楽しめるでしょう。

ハイボールにおすすめの銘柄には「デュワーズ ホワイトラベル」「カナディアンクラブ」「角」などがあります。ハイボールは酒質が軽い銘柄では同じ量の炭酸水でもより薄まってしまうため、酒質の強いものを選ぶと良いです。

水割り

水割りは、多くの人にとって馴染み深いウイスキーの飲み方といえるでしょう。水と氷で割る水割りは日本国内で広まった飲み方であり、海外には存在しません。

前述のトワイスアップも水で割る飲み方ですが、水割りとは異なり氷を使用しないのが特徴です。水割りは、トワイスアップよりもさらにウイスキーを冷やして飲みたいという人に適した飲み方の1つといえるでしょう。

作り方も簡単で、氷を入れたグラスにウイスキーを注いで軽く混ぜれば出来上がりです。

ハーフロック

ハーフロックとは氷を入れたグラスに水とウイスキーを1:1の割合で注ぐ飲み方です。水割りと似た飲み方ですが、ハーフロックは水とウイスキーの分量が決まっている点で違いがあります。

アメリカンウイスキーなどの癖の強いウイスキーをストレートやロックなどで飲むのが苦手という人も多いです。しかしハーフロックはアルコール度数と香りを均一に落とせるので、癖のあるウイスキーでもマイルドな味わいで楽しめます。

作り方は水割りと同様に、ウイスキーと水の分量を1:1にするだけです。

ミスト

ミストはウイスキーミストと呼ばれる飲み方で、クラッシュアイス(細かく砕いた氷)を大きめのグラスに入れてウイスキーを注ぎます。

ロックスタイルの飲み方ですが、氷が細かい分冷えやすく、さらに溶けやすいという特徴から、口当たり優しくウイスキーを楽しめるため、ウイスキーのアルコール感が苦手という人にもおすすめの飲み方です。

ホットウイスキー

ホットウイスキーとはその名の通り、ウイスキーを温めて飲みます。体温と代謝を高める効果もあり、冷え性の人にもおすすめです。

作り方は温めたグラスにウイスキーを注ぎ、80度くらいのお湯をウイスキーの2倍まで注げば完成です。分量はあくまで目安なので、好みの味わいに調整して楽しんでみてください。

ただし3倍以上のお湯を入れるとウイスキーの風味自体が消えてしまうので注意しましょう。はちみつやシナモン、ミルクを加えても美味しくいただけます。

ホットウイスキーには、柑橘系のフレーバーを感じるウイスキーや甘いウイスキーがおすすめです。

まとめ

ウイスキーの9種類の飲み方を紹介しました。

ウイスキーは飲み方によって表情をがらりと変え、幅広く楽しむ事が出来ます。

飲み方を工夫すればお酒が苦手な人でも飲むことができますし、よりウイスキーが好きになるかもしれません。

ぜひいろいろな飲み方をお試しください。