【禁断の贅沢】プリンに合うお酒とは?10種類のお酒で徹底検証してみた結果…

定番のおやつとして人気のプリン。老若男女問わず愛されているスイーツです。

日本人に馴染み深い食べ物ですが、どんなお酒に合うのか気になりますよね。バーやレストランでは、洋酒と合わせることもあるようです。

そこで今回は、プリンに合うお酒を実際にペアリングしていきます。

プリンとお酒の相性を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

プリンについて学ぶ

プリンとは、牛乳と卵から作られる洋菓子です。欧米ではプディング、またはカスタードプディングと呼びます。

カラメルソースを入れた型に、牛乳や卵、砂糖などで作ったベースを流し込みます。それを蒸して冷やしせばプリンの完成です。

プディング(プリン)が生まれたのは16世紀のイギリスです。当時は大航海時代で、多くの人が大海原に出ていました。

しかし船の上では食料が調達できません。食材を大切に消費することが求められていました。

そこで余った食材の小麦粉、卵、牛乳を混ぜて肉や果物に塗って蒸し、保存食として食べるように。これがプディングの原型といわれています。

カスタードプディングが誕生したのは18〜19世紀のフランスです。

フランス語でプリンは、Crème renverse(クレーム・ランヴェルセ)と呼ばれています。「renverse(ひっくり返した)」という意味があり、出来上がったプリンを逆さにして盛り付けたことが由来です。

日本にプリンが伝わったのは江戸時代後期~明治時代初期のことです。当時は「ポッディング」という西洋料理として伝えられました。

一般家庭で食べ始められたのは1960年代だといわれています。日本ではカスタードプリンが主流で、スーパーやコンビニでよく見かけますよね。

現在は、老若男女問わず愛されるスイーツとして親しまれています。

プリンとお酒と合わせるコツ

プリンとお酒を合わせるコツやポイントを紹介します。

種類で選ぶ

プリンはカスタードだけではありません。

基本的にどんな洋酒にも合わせやすいですが、種類によって個性が異なります。

・イタリアンプリン:チーズケーキのように濃厚。イタリアの赤ワインやブランデーがおすすめ。

・さつま芋プリン:さつま芋の風味が魅力。芋焼酎とよく合う。

・ミルクプリン:牛乳がメインのプリン。牛乳と相性の良いウイスキーがおすすめ。

このように種類によってお酒を選んでみてください。

ソースで選ぶ

プリンにかけるソースもさまざまです。

定番のカラメルならウイスキーや黒ビールなど苦味のあるお酒。フルーツソースなら赤ワインやブランデーなど果実から作られたお酒を選びましょう。

また生クリームや果物を添える場合も、お酒の選び方に注意してください。

プリンと合うお酒(ベストペアリング)

それではプリンとベストペアリングしたお酒を紹介します。

ウイスキー

ウイスキーは、甘みと苦味を兼ね備えた洋酒です。カスタードの甘みとカラメルのほろ苦さと相性が良く、バーやレストランでも定番の組み合わせとなっています。

プリンを食べてウイスキーを飲むのもいいですが、プリンに少量のウイスキーを垂らして食べるものおすすめです。

ちょっと贅沢なプリンになり、濃厚な甘みと香りが口の中いっぱいに広がりますよ。

▼合わせたウイスキーはこちら。

ブランデー

ブランデーは、お菓子作りに欠かせない洋酒です。プリンにも使われることがあり、甘いお菓子との相性は抜群です。

口に含むとブランデーの風味とカラメルの苦味がマッチします。アルコール度数の高いブランデーですが、プリンと一緒に食べると甘みが増したような感覚になりました。

▼合わせたブランデーはこちら。

赤ワイン

赤ワインは、苦味やコクのあるデザートと合わせられています。特にビターなプリンと相性が良く、カラメルの苦味と赤ワインのタンニンがよく合います。

赤ワインを口に含むと、プリンの甘みをうまく引き立ち、濃厚な味わいが口に広がります。

カスタードプディングよりは、イタリアンプリンなど固くて濃厚なプリンと合わせやすそうです。

▼合わせた赤ワインはこちら。

白ワイン

スイーツには、甘いワインがよく合います。特に甘口の白ワインとの相性は抜群です。

今回はすっきりめの白ワインでしたが、プリンの甘みを引き締めてくれ最後まで美味しくいただけました。

ドライな白ワインと合わせるなら、甘さ控えめのプリンにしてもいいかもしれません。

▼合わせた白ワインはこちら。

ビール

ビールの苦味とカラメルの苦味の相性は良いとされています。

できるだけコクと苦味が味わえるように、サントリーのプレミアムモルツと合わせてみました。

口に含むと、ビールの苦味がプリンの甘みを引き出してくれ、最高のマリアージュとなりました。ペールエールや黒ビールとも相性が良さそうです。

▼合わせたビールはこちら。

日本酒

日本酒とスイーツを合わせるお店も増えてきました。

純米大吟醸や純米吟醸などの日本酒は甘みが強く、プリンとの相性も抜群です。

プリンが日本酒のアルコール感を消してくれ、和スイーツのようにいただけました。

▼合わせた日本酒はこちら。

梅酒

梅酒は牛乳と相性の良いお酒です。梅酒の牛乳割りなどもあり、トロッとした飲み口が味わえます。

そのため、牛乳を使ったプリンとの相性も抜群です。梅酒の酸味が和らぎ、少し甘酸っぱいスイーツになりました。

▼合わせた梅酒はこちら。

プリンと合わないお酒(ワーストペアリング)

プリンと合わなかったお酒を紹介します。

麦焼酎

麦焼酎のドライ感が強すぎて、プリンの甘みをかき消してしまいました。甘みの強い麦焼酎なら合わせやすいかもしれません。

芋焼酎

芋の風味がプリンの風味に勝ってしまいました。悪くない組み合わせですが、かぼちゃプリンやさつま芋プリンの方が合わせやすそうです。

レモンサワー

レモンのすっきり感が強すぎました。スイーツにレモン果汁を入れることがありますが、やはり量が多すぎると甘みが消えてしまいます。プリンを一口食べて、レモンサワーを少しずつ飲むなら合わせやすいかもしれません。

プリンとお酒の種類別の評価・特徴

プリンとお酒の相性を表にまとめてみました。

順位お酒
評価ペアリングの味わい
1位ブランデー★★★★★お菓子作りに使う洋酒だけあって相性抜群。
2位ウイスキー★★★★★香ばしさとコクがカラメルとマッチします。
3位赤ワイン★★★濃厚な果実味がプリンの甘みを引き立ててくれます。
4位日本酒★★★日本酒の甘みとプリンの甘みの相性抜群。
5位白ワイン★★★甘い白ワインならウイスキーに匹敵する相性のよさ。
6位ビール★★★ビールの苦味とカラメルがよく合います。
7位梅酒★★★梅酒の酸味が和らいでまろやかさが増しました。
7位芋焼酎★★さつま芋プリンやかぼちゃプリンなら相性が良さそうです。
8位レモンサワー★★酸味が強すぎるので、レモン感の少ないレモンサワーがおすすめ。
9位麦焼酎ドライ感が強すぎてプリンの風味をかき消してしまいました。

まとめ

今回はプリンに合うお酒を実際にペアリングしてきました。

やはりプリンと洋酒の相性は抜群ですね。また日本酒や梅酒など、日本のお酒とも合わせやすいことがわかりました。

ぜひ本記事を参考に、プリンとお酒を組み合わせを楽しんでみてくださいね。