「桜餅」に合うお酒とは?10種類のお酒で検証してみた

ひな祭りの行事食に「桜餅」があります。

桜にちなんだ和菓子で、春になると無性に食べたくなる和菓子です。

桜餅はお茶と合わせることが多いですが、実はお酒との相性も良いって知っていましたか?

そこで今回は、桜餅とお酒を実際にペアリングしていきます。

桜餅の特徴


桜餅とは、小麦粉やもち米をベースにした生地に、小豆餡を包み込み、塩漬けにした桜の葉を飾った和菓子です。

春になるとスーパーやコンビニでも購入でき、桜の季節を感じさせてくれます。

ちなみに桜餅には2つの種類があります。

・関東風桜餅(長命寺桜餅)
・関西風桜餅(道明寺桜餅)

関東風桜餅は、生地を焼き上げてから餡を包みます。お饅頭や八橋のような食感が特徴です。

関西風桜餅は、もち米を生地に使用した桜餅です。もっちりとした食感が特徴で、桜餅と言えばこの関西風桜餅を指します。

ちなみに、3月3日の「ひな祭り」には桜餅を食べる風習があります。

桜餅を食べる理由は、色合いが春らしくて良い点や、5月5日の「子どもの日」に柏餅を食べることからきているようです。

桜餅とお酒と合わせるコツ

桜餅の原料は、もち米や小麦粉、あんこです。これらの食材に合うお酒を選ぶと、ペアリングしやすいでしょう。

もち米や小麦粉であれば、日本酒や麦焼酎など同じものを原料としたお酒がおすすめ。餡をベースに考えるのなら、ウイスキーやブランデー、赤ワインなど甘いものに合うお酒を選ぶといいでしょう。

桜餅と合うお酒(ベストペアリング)

ここからは、実際に10種類のお酒と桜餅を食べ合わせてみて相性の良かったお酒を紹介します。

日本酒


日本酒と和菓子は、2つとも日本文化で育まれた「食」です。

桜餅の原料は餅米なので、同じ原料から作られる日本酒と相性抜群。
口に含むと、日本酒とあんこの甘みが絡み合い、絶妙なペアリングとなりました。

やはり日本で作られたお酒と和菓子は、誰もが納得する組み合わせです。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

麦焼酎


麦焼酎の原料として使われる大麦は、小麦粉と同じむぎ類の穀物です。

桜餅の生地にも小麦粉が使用されていることがあり、違和感のない組み合わせとなりました。

また麦焼酎はすっきりした飲み口が特徴です。あんこでこってりした口をリセットしてくれるのもポイントです。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

芋焼酎


芋焼酎の原料として使われるサツマイモは、餡の材料としても活用されることがあります。

そのため桜餅と芋焼酎は相性抜群。あんこと芋焼酎の風味が絡み合い、サツマイモのスイーツを食べているようでした。

ほっこりと食べ合わせたい方におすすめの組み合わせです。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

ビール


ビールの苦味は、和菓子の甘さを引き立ててくれました。特に苦味の強いビールは、桜餅との相性抜群です。

苦味の強いビールは、単体で飲むとパンチが強い印象があります。そこにあんこが入ると、まろやかさがアップ。甘さとコクが引き立って、最高のペアリングとなりました。

インドの青鬼などのIPAや、少しニュアンスを変えてスタウトなどがおすすめです。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

赤ワイン


桜餅と赤ワインも相性が良い組み合わせです。

和菓子を食べる時、抹茶や緑茶など渋みや苦味のある飲み物と合わせます。

お茶の渋みや苦味は、カテキンやタンニンと呼ばれるポリフェノールです。赤ワインにもポリフェノールが含まれており、タンニンの渋みを感じることができます。

特にあんこをベースにした桜餅は赤ワインと相性抜群。赤ワインの果実味と調和され、コクのある味わいを楽しめました。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

白ワイン


味付けの濃い桜餅は、白ワインと合わせづらい印象があります。

しかし桜餅の上には、桜の葉が飾られています。白ワインはハーブやネギっぽさのあるお酒で、桜の葉と似た要素を持っています。

また甘口の白ワインであれば、桜餅の甘みに負けることなく食べ合わせることができます。

桜の葉の風味と白ワインの爽やかさがマッチして、春の訪れを感じることができました。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

ブランデー


ブランデーはお菓子作りに欠かせない洋酒です。

和菓子に使われることもあり、桜餅との相性も悪くありませんでした。

ブランデーを口に含むと、あんこの甘みが全体に広がります。桜餅のリキュールを飲んでいるような感覚で、贅沢な気分を味わえました。

甘いもの好きな方は、甘みの強いブランデーと合わせてみてはいかがでしょうか。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

ウイスキー


ウイスキーは甘いおつまみと相性の良いお酒です。

お菓子作りにも使われており、桜餅と合わせても違和感はありませんでした。

ウイスキーはチョコレートと合わせることが多いですが、あんこもチョコのようなコクがあり、ペアリングには最適です。

ウイスキーのスモーキーな香りがあんこの甘さに深みを与えて、濃厚なスイーツに変化しました。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

梅酒


梅酒の原料である梅は、梅餡の材料としても使われています。

特に梅酒は、氷砂糖がたっぷりと入っているため甘いあんこと相性抜群です。

また桜と梅はバラ科の植物です。桜の葉とも合わせやすく、間違いない組み合わせといえるでしょう。

桜餅に梅の風味が追加され、より爽やかな和菓子を楽しめました。

▼合わせたお酒をAmazonで探す

レモンサワー


レモンサワーは和菓子と相性の良いお酒です。

原料のレモンは、レモン餡やレモンクリームなど和菓子材料として重宝されています。

レモンの酸味と桜の葉の風味がマッチし、爽やかさのある桜餅を楽しめます。

関連記事:レモンサワーの素ってどれが美味しいの?おすすめ商品10選

桜餅と合わないお酒(ワーストペアリング)

桜餅と合わないお酒はありませんでした。

強いて言うなら、すっきり系の白ワインは桜餅の風味に負けるかもしれません。

基本的にはどんなお酒にも合わせやすいので、好みに合わせて選んでみてください。

桜餅とお酒の種類別の評価・特徴

桜餅とお酒の相性を表にまとめてみました。

順位お酒の種類評価コメント
1位日本酒★★★★★桜餅の原料は餅米なので、同じ原料から作られる日本酒と相性抜群です。口に含むと、日本酒とあんこの甘みが絡み合い、絶妙なペアリングとなりました。
2位ブランデー★★★★★ブランデーは和菓子に使われることも多く、桜餅とも相性が良いとされています。ブランデーを口に含むと、あんこの甘みが全体に広がりました。
3位梅酒★★★★★梅酒の原料である梅は、梅餡の材料としても使われています。特に梅酒は、氷砂糖がたっぷりと入っているため甘いあんこと相性抜群です。

4位ウイスキー★★★★ウイスキーは甘いおつまみと相性の良いお酒です。お菓子作りにも使われており、桜餅と合わせても違和感のない組み合わせでした。
5位赤ワイン★★★★赤ワインには、お茶や抹茶と同じポリフェノールが含まれています。特にあんこをベースにした桜餅は赤ワインと相性抜群。赤ワインの果実味と調和され、コクのある味わいを楽しめました。
6位芋焼酎★★★★芋焼酎の原料として使われるサツマイモは、あんこの材料としても活用されています。そのため桜餅と芋焼酎の組み合わせは抜群です。
7位ビール★★★★ビールの苦味は、和菓子の甘さを引き立ててくれます。特に苦味の強いビールは、桜餅との相性抜群でした。
8位麦焼酎★★★麦焼酎の原料として使われる大麦は、小麦粉と同じムギ類の穀物。桜餅の生地にも小麦粉が使用されているため、違和感のない組み合わせです。
9位レモンサワー★★★レモンは、レモン餡やレモンクリームなど和菓子材料として重宝されています。レモンの酸味と桜の葉の風味がマッチし、爽やかさのある桜餅を楽しめました。
10位白ワイン★★★桜餅の上には桜の葉が飾られています。白ワインはハーブやネギっぽさのあるお酒で、桜の葉と似た要素を持っています。また甘口の白ワインであれば、桜餅の甘みに負けることなくマリアージュできるでしょう。

まとめ

今回は桜餅とお酒のペアリングを検証してきました。

どんなお酒にも合わせやすいので、お茶菓子のみならず、おつまみとして活躍してくれそうです。

また少し余談ですが、お酒の中には桜餅の香りがするお酒があります。「ズブロッカ」というウォッカです。

ビアウォヴィエジャの森で採れるバイソングラスを漬け込んでおり、桜餅の香りがします。興味のある方はぜひ合わせて試してみて下さい。

それでは本記事を参考に、桜餅とお酒の組み合わせを楽しんでみてくださいね。

■この記事を読んだ方におすすめの記事
ありえないほど甘い!超甘口の日本酒銘柄おすすめ10選
【初心者向け】飲みやすいウイスキーの選び方とおすすめ銘柄を10個厳選!
芋臭さがヤミツキに!癖の強い芋焼酎おすすめ銘柄10選をご紹介!