エビチリと合うお酒とは?10種類のお酒で比較してみた!

日本でも人気の中華料理。お店だけでなく、一般家庭でもよく作られています。

特にエビチリは、日本人が好きな中華ランキング上位にくる人気メニューです。

そんなエビチリですが、どんなお酒と合うのか気になりますよね。

今回はエビチリと10種類のお酒を実際にペアリングしていきます。お酒とエビチリの相性を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

エビチリの特徴

エビチリは、エビを甘辛く炒めた中華料理です。

本場中国では「乾焼蝦仁(カンシャオシャーレン)」と呼ばれ、豆板醤をメインに辛めの味付けに仕上げられます。

日本で親しまれているエビチリは、中華料理人の陳建民が乾焼蝦仁をアレンジしたものです。

日本に乾焼蝦仁が入ってきたとき、辛味が強すぎることが原因で日本人の舌に合いませんでした。

そこで陳建民は、ケチャップと中華スープ、卵を加えて辛味を抑えたエビチリを開発します。

ケチャップや中華スープは一般人でも容易に手に入りやすいこともあり、日本中にエビチリが広まりました。

エビチリとお酒と合わせるコツ

エビチリとお酒を合わせるコツを紹介します。

エビの種類で選ぶ

エビの種類によっても、エビチリの仕上がりが異なります。

エビの種類特徴・お酒との相性
ブラックタイガー車エビの仲間で30cm以上の個体もいる大柄なエビ。食べ応えがあり旨味のバランスも良い。どんなお酒にも合わせやすいのが特徴。
車エビ日本や東南アジアに生息するエビ。「姿のイセエビ、味の車エビ」と呼ばれるほど旨味が強く、高級品として扱われている。日本酒や白ワインなどコクのあるお酒を相性が良い。
バナメイエビ車エビの仲間で日本のスーパーでよく売られている。車エビやブラックタイガーより味は劣るが、あっさりした印象がありビールやハイボールなどさっぱり系のお酒と相性が良い。
甘エビ体長12cmほどの小さなエビ。柔らかく甘みが強いのが特徴。ブランデーやウイスキーなど甘みのあるお酒と相性抜群。

辛さで選ぶ

本場の中国では、辛味の強い乾焼蝦仁が食べられています。

辛い中華料理が好きな人は、豆板醤を多めにして辛いエビチリを作るのもおすすめです。

通常のエビチリなら、どんなお酒でも合わせやすい傾向があります。辛いエビチリなら、ビールやハイボールなど爽快感のあるお酒を合わせましょう。

エビチリと合うお酒(ベストペアリング)

それでは、エビチリとベストペアリングしたお酒を紹介します。

ブランデー

ブランデーは香りが豊かなお酒です。料理の味を引き立てる効果があり、味付けの濃い料理と相性抜群です。

また味わいを新鮮にしてくれるため、プリプリのエビと合わせやすいでしょう。

日本で食べられるエビチリはマイルドな味わいのため、ブランデーといただくとエビの旨味が引き立ちます。

エビの臭みも消してくれるので、安っぽいエビでも高級感が感じられました。

▶合わせたブランデーはこちらです。

赤ワイン

赤ワインといえば、フレンチやイタリアンを想像しますが、中華料理とも相性が良いといわれています。

特に果実味とコクの強い赤ワインは、中華料理と相性抜群です。実際にワインの本場フランスでも、中華料理とワインをペアリングしています。

エビチリのピリッとした辛味を赤ワインのタンニンがうまくまとめてくれ、最後まで美味しくいただけました。

▶合わせた赤ワインはこちらです。

白ワイン

白ワインは魚介類と相性の良いお酒です。そのため、魚介系の中華であるエビチリも合わせやすいと予想できます。

合わせる白ワインは、ミネラル感と甘みのあるものがおすすめです。魚介のエキスと白ワインのミネラル感の相性はよく、最高のマリアージュとなりました。

ただし辛味の強いエビチリには合わないと感じたので、その点だけは注意してください。

▶合わせた白ワインはこちらです。

日本酒

日本酒は中華料理にもよく合います。

中華料理といえば紹興酒が定番なので、同じようにコクと旨味が強い日本酒を選ぶのがコツです。

長期熟成させた熟酒や、華やかで甘みの強い純米大吟醸などを選んでみてください。

日本のエビチリは優しい味わいなので、日本酒の甘みとマッチします。軽やかな口当たりになり、エビチリのまろやかさがグッと増しました。

▶合わせた日本酒はこちらです。

麦焼酎

麦焼酎はすっきりとした味わいのお酒です。中華料理の脂っこさを洗い流してくれるため、相性は良いとされています。

こってりした口に麦焼酎を流し込むと、全てがリセットされます。新たな気持ちでエビチリを楽しめるため、脂っこい料理が苦手な人にもおすすめの組み合わせです。

さらに爽快感を味わいたいなら、炭酸と割って焼酎ハイボールにしてもいいかもしれません。

▶合わせた麦焼酎はこちらです。

ウイスキー

エビチリとウイスキーは意外に合う組み合わせでした。

蒸留酒は食中酒に向きませんが、甘みやコク、塩っぽさのあるウイスキーならエビチリとも合わせやすい印象があります。

ウイスキーの持つ力強さが脂っこさを流してくれ、濃い味付けのエビチリにも負けません。

飲みにくいようなら、炭酸で割ってハイボールにすると爽快感が味わえます。

▶合わせたウイスキーはこちらです。

レモンサワー

中華料理店でもレモンサワーが定番になりつつあります。

酸味と爽快感が、エビチリの脂っこさを洗い流してくれます。

レモンサワーは甘みの強いものを選ぶと合わせやすいでしょう。

▶合わせたレモンサワーはこちらです。

ビール

中華料理とビールは定番の組み合わせです。

中華料理屋でも、最初にビールを注文する人も多いのではないでしょうか。

ビールの爽快感が口の中を洗い流してくれるため、こってりした中華料理と相性抜群です。

今回は、アロマホップをふんだんに使用したエビスビールと合わせてみました。深いコクと豊かな香りは、エビチリの旨味を引き立ててくれます。

また泡もきめ細かく、余計な雑味を感じないのもポイントです。

▶合わせたビールはこちらです。

梅酒

中華料理は、酸味のあるお酒と相性抜群です。酢豚など酸味を効かせた中華料理もあり、梅酒と合わせやすいといえるでしょう。

また梅酒の酸味は口の中をさっぱりしてくれるため、脂っこい料理にぴったりです。

実際に合わせてみると、辛味と脂っこさをほどよく洗い流してくれました。

▶合わせた梅酒はこちらです。

エビチリと合わないお酒(ワーストペアリング)

エビチリと合わなかったのは芋焼酎です。

魚介類と相性の良い芋焼酎ですが、香りが強すぎてエビの風味を消してしまいました。

餃子や酢豚などパンチのある中華料理との相性は良さそうですが、優しい味わいのエビチリは避けた方がいいかもしれません。

エビチリとお酒の種類別の評価・特徴

エビチリとお酒の相性を表にまとめてみました。

順位お酒
評価ペアリングの味わい
1位ブランデー★★★★★紹興酒のような味わいで中華料理との相性抜群。エビチリの味わいが引き立ちます。
2位日本酒★★★★★日本酒の甘みとエビの甘みがマッチ。コクと甘みの強い日本酒がおすすめです。
3位赤ワイン★★★★赤ワインのタンニンがエビチリを味わいをまとめてくれます。
4位ビール★★★★こってりした口をさっぱりしてくれる。どんな中華料理にも合う定番のお酒。
5位白ワイン★★★魚介類と相性抜群。優しい味わいのエビチリと合わせやすかったです。
6位麦焼酎★★★口の中をリセットしてくれます。辛味の強いエビチリとも合わせやすそうです。
7位梅酒★★★ほどよい酸味が口の中を引き締めてくれます。
8位ウイスキー★★★力強い味わいがエビチリの濃厚さに負けていません。口の中もさっぱりして美味しくいただけました。
9位レモンサワー★★★爽やかな酸味が脂っこさを洗い流してくれます。
10位芋焼酎★★芋の香りが強すぎました。

まとめ

今回はエビチリに合うお酒をペアリングしてきました。

ブランデーやワイン、ウイスキーなどの洋酒とも合わせやすく、ペアリングの幅が広がりました。

ぜひ本記事を参考に、エビチリとお酒を楽しんでみてくださいね。