アウトドアに持ち込みたい!おすすめのお酒紹介

キャンプなどのアウトドアで、お酒を楽しみたいという人も多いですよね。

「ソロキャンプでじっくりお酒を楽しみたい」
「みんなでワイワイお酒を飲みたい」
「数人でこじんまり飲み明かしたい」

お酒の楽しみ方は人それぞれ。思い思いのキャンプをお酒で彩りたいものです。

そこで、今回は1人で飲みたいお酒から大人数で飲みたいお酒まで、目的別に紹介していきたいと思います。
お酒一つをこだわるだけでも、キャンプでの楽しみが倍増しますよ!

1人でじっくり飲みたいお酒

では、まずは1人の時間をじっくりと堪能するためにおすすめのお酒をご紹介します!
最近はソロキャンプを楽しむ方も増えましたよね。

サントリー シングルモルト ウイスキー 白州

引用:amazon.co.jp/

1人でしっとり飲むなら、いいウイスキーをちびちび飲みたい、という人も多いのではないでしょうか?
国産のウイスキーである白州は、「森香るウイスキー」と言われており、アウトドアに最適なお酒です。

ロックやハイボールがおすすめで、それぞれ違った味わいを楽しむことができます。
物思いにふけながら、じっくり味わってもらいたいウイスキーです。

 

ジェムソン スタンダード

引用:amazon.co.jp/

アイルランドのアイリッシュウイスキーとして有名なジェムソン スタンダード。
「この滑らかさ。自分の名前が付いてなくても飲むだろうね」と造り手のジョン・ジェムソンも言っています。

シンプルにロックで飲むのもいいですが、おすすめはジンジャー割り。仕上げにカットライムをぶち込めば、男のキャンプにぴったりのジンジャーハイボールの完成です。

ソロキャンプの1杯目にふさわしいウイスキーと言えるでしょう。

 

栗焼酎ダバダ火振

引用:amazon.co.jp/

ダバダ火振は、高知県産の栗を使用した贅沢な焼酎です。
四万十川下りをするカヌーイストたちに愛されており、アウトドアにぴったりの焼酎と言えます。

栗を50%も使用して造られる焼酎は、芳醇な香りと柔らかい甘みが広がります。
焚き火を眺めながらロックで飲んでみてはいかがでしょうか?

 

パーティー気分で大人数向けのお酒

今度は大人数で飲むのに適したお酒です!
リーズナブルながら、飲みやすく手軽に楽しめるお酒を中心にご紹介します。

バカルディ クラシック カクテルズ モヒート

引用:amazon.co.jp/

大人数のキャンプでワイワイしたいなら、モヒートでスカッと乾杯するのがおすすめです。
バカルディのモヒートなら、炭酸水と氷を用意するだけでOK。ちょっと手間をかけてライムやミントを飾ったら雰囲気も盛り上がります。

ビールやウイスキーが苦手な女性でもすっきり飲めるので、飲み物の好き嫌いが分かれる大人数のアウトドアにぴったりです。

真夏のキャンプやカラッと晴れたアウトドアで、パッと乾杯してみてください。

 

ヴィニャ・アルバリ サングリア

引用:amazon.co.jp/

スペイン発祥のサングリアは、アウトドアでも人気のお酒です。
ヴィニャ・アルバリ サングリアは、3Lの箱に入っているため、大人数のキャンプなどでも大活躍してくれます。

フルーツを足してオリジナルサングリアを作ったり、ガツッと氷を入れてゴクゴク飲んだりするのがおすすめ。
透明な容器に入れておけば、インスタ映えな写真も撮ることができます。

ワインが苦手な人でもジュース感覚で飲めるので、大人数のアウトドアにおすすめです。

 

ロゴダジ アーティス

引用:amazon.co.jp/

ロゴダジ アーティスは、ブルガリア産の赤ワインです。
オーク新樽で12ヶ月熟成後、バニラの香りが特徴のフレンチオーク樽で6ヶ月熟成させたフルボディの赤。

熟れた果実やスパイスの風味が、肉料理を引き立ててくれます。
アウトドアでステーキや焼肉をする人も多いかと思いますが、そんな時はロゴダジ アーティスと一緒に楽しむとよいでしょう。

ステーキ×赤ワインの組み合わせはアウトドアをさらに盛り上げてくれます。

 

まとめ

アウトドアで飲むお酒はいつもより美味しく感じますよね。

ウイスキーひとつにしても、ロックかハイボールかで雰囲気が変わり、楽しみ方も人それぞれです。
それでは、今回の記事を参考にアウトドアへ持って行くお酒を選んでみてください。

関連記事一覧