「高峰 譲吉」の麹ウイスキーの特徴や歴史、味わいを解説

ジャパニーズウイスキーの始まりといえば、ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝氏を想像する人も多いでしょう。

しかし竹鶴氏がスコットランドでウイスキーの修行する30年以上も前に、アメリカでウイスキー造りに夢をかけた日本人がいました。

彼の名は高峰譲吉(たかみねじょうきち)博士。タカジアスターゼやアドレナリンを発見した歴史的にも有名な人物です。

彼は実家が日本酒の酒蔵ということもあり、麹を使ったウイスキーを造るために奮闘していました。

今回は高峰譲吉博士の麹ウイスキー造りの歴史や特徴、味わいを徹底解説します。

また、以下記事にて、初心者の方でも飲みやすいウイスキーの選び方をご紹介しています。
ウイスキーの特徴について知りたい人は、本記事とあわせてぜひ参考にしてください。

参考記事:【おすすめ銘柄10選】飲みやすいウイスキーを徹底比較

高峰譲吉(たかみねじょうきち)とは

高峰譲吉概要

高峰譲吉博士は、富山県高岡市生まれの科学者・実業家です。

タカジアスターゼやアドレナリンを発見し、世界で初めてホルモンを抽出した人物として知られています。

アドレナリンは医学的にも重要なホルモンで、彼の活躍により世界の医療は大きく変わりました。

また彼の実家は日本酒の酒蔵で、麹の可能性にも気づいたそうです。そのためアメリカで麹のウイスキーを造ろうと尽力した人物でもあります。

高峰譲吉とウイスキー造りの歴史

タカミネウイスキーの歴史

高峰譲吉氏の生い立ちからウイスキー造りまでの歴史を解説します。

誕生から結婚まで

高峰氏は1854年に富山県高岡市で生まれました。

父親は医師、母親は造り酒屋ということもあり、幼い頃から科学への興味を持っていました。

12歳で加賀藩から選抜されて長崎に留学し、海外の文化や科学に触れます。

16歳になると大阪医学校に入学。その後、工部大学校(東京大学工学部)応用化学科を首席で卒業します。この頃には、科学への探究心はますます強くなっていました。

1880年からイギリス・グラスゴー大学へ留学。スコットランドに渡った高峰氏は、モルト(大麦)の発酵について学び、「麹の発酵の方が効率が良いのではないか」と気付きます。

後に、麹を使ったウイスキーの製造方法「高峰式元麹改良法」を確立しカナダやフランス、ベルギーなどで特許を取得しています。

大学卒業後は、農商務省に就職。1884年にアメリカ・ニューオリンズで開催された万国工業博覧会に派遣され、キャロライン・ヒッチと出会い、結婚することとなりました。

起業、そして麹ウイスキー造り

1886年になると、東京人造肥料会社(日産化学)を設立します。

当時は「高峰式元麹改良法」特許をアメリカで出願中でした。すると興味を持ったアメリカの企業から連絡があり、1890年からアメリカに飛びます。

アメリカに到着すると麹ウイスキーの研究所を設立し、麹ウイスキーの製造に取り掛かりました。

麹ウイスキーへの反感

麹を活用したウイスキーに注目が集まり始めると、モルト職人たちから反感を買いはじめます。モルト職人たちは職がなくなることを恐れたのです。

そこで高峰氏は麹ウイスキーにモルト職人を採用し、前よりも高い賃金で雇うことで和解。

ところが、他の蒸溜所のオーナー達からの反感は治まらず、高峰氏の暗殺が計画されます。

麹ウイスキーの研究所のある、イリノイ州ピオリア地区には12の蒸留所がありました。アメリカンウイスキー生産の95%を占めており、麹ウイスキーの開発は障害となっていたのです。

そしてある夜、武装した集団が高峰氏と妻のキャロラインの家に侵入。この時、高峰氏は危険を察知していたため、地下に隠れて難を逃れます。

しかし、これに怒りを覚えた武装集団は、そのまま麹ウイスキーの工場に侵入し火を放ちます。工場と研究所は全焼し、高峰氏の麹ウイスキー造りは振り出しに。

その後も、反発は治らず麹ウイスキー造りの事業を取り止めることとなります。

麹ウイスキーの復活

高峰氏の麹ウイスキー造りは夢に終わります。

しかし福岡の蔵元「篠崎」が高峰氏の挑戦に感銘を受けていました。

篠崎は麦焼酎を製造する蔵元です。7代目篠崎博之氏が高峰氏の麹ウイスキーの製造方法を読むと、芋焼酎の製造と似ている部分があることに気付きます。そこで、高峰氏の夢を実現させるために麹ウイスキー造りに着手します。

まず麦焼酎の基礎を頭に叩き込み、麹ウイスキー造りの土台となる「樽熟成麦焼酎 千年の眠り」の開発に成功。

ところが日本の酒税法上、麹ウイスキーを「焼酎」「ウイスキー」としては名乗れませんでした。

なぜなら、焼酎の色には制限があります。焼酎はウイスキーに比べ、10分の1程度の色づけしか許されず、濃くなった場合は薄めるほか販売する方法がありませんでした。

また、ウイスキーの規定には「発芽させた穀類、水を原料として糖化させて発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの」としています。一方で麴ウイスキーは、麴を用いて糖化するため、これもまたウイスキーを名乗れなかった要因となりました。

しかし篠崎では麹ウイスキーを味わってもらいたいと「リキュール」のカテゴリで商品開発を進めました。そこで誕生したのが「リキュール 朝倉」です。

そして2021年、アメリカ・ニューヨークにて「Takamine Koji Japanese Whiskey 8 Year Old(タカミネ・ウイスキー8年)」を発売。

アメリカ中から注目が集まり、現在はアメリカ15の州で販売されています。

樽熟成麦焼酎 千年の眠り

25年前に発売した麹ウイスキー造りの研究基盤となった麦焼酎。

こだわり抜いた大麦を原料に、雑味が残らないよう二度蒸留の製法を採用。蒸留後は、樫樽で4年以上じっくり熟成させて造られています。

そのためクリアな味わいが特徴で、ウイスキーを彷彿とさせる色味と風味がたまりません。

created by Rinker
篠崎
¥3,049 (2022/11/29 10:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

リキュール 朝倉

高峰譲吉博士の麴ウイスキーに着想した「朝倉」のもっともスタンダードな商品。

長年研究し尽くした2回蒸留製法で麦焼酎を抽出し、アメリカンホワイトオーク樽で最低でも8年間熟成して造られています。

黄金な色味と樽香、長期熟成させたまろやかな味わいが特徴。

ウイスキーにこそ名乗れないものの、リキュールカテゴリーだから味わえる樽取り立ての「麴ウイスキー」となっています。

created by Rinker
篠崎
¥3,280 (2022/11/30 02:42:59時点 Amazon調べ-詳細)

Takamine Koji Japanese Whiskey 8 Year Old(タカミネ・ウイスキー8年)の特徴

高峰博士の夢が詰まった麹ウイスキーは、どんな特徴があるのが気になりますよね。

篠崎が発売しているタカミネ・ウイスキー8年は、高峰氏が特許を取得した麹ウイスキーの製法で製造されています。

きょうかい2号酵母と白麹を使用し、ダブルポットスチルで2回蒸留後、新樽アメリカンオーク90%とEXバーボン樽10%の比率でブレンドしています。

度数は44度前後とやや高めですが、青々しい飲み口と深みのある味わいが特徴で、飲んだ人にしか分からない風味があります。

日本ではあまりお目にかかれない代物ですが、機会がある人はぜひ飲んでみてくださいね。

 

「タカジアスターゼ」や「アドレナリン」の発明について

高峰-譲吉の麹ウイスキー イメージ画像3

高峰譲吉博士は、医学界に革新をもたらした「タカジアスターゼ」や「アドレナリン」を発明した人物でもあります。麹ウイスキーよりも、医学の分野で知っている人も多いでしょう。

高峰氏は麹ウイスキーを断念しましたが、「高峰式醸造法」の製造工程で「麹カビ」の研究も行っていました。

そこでアミラーゼの一種である酵素ジアスターゼの抽出し「タカジアスターゼ」を発見するのです。

タカジアスターゼは消化酵素として知られ、体内の食べ物を分解し消化吸収のサポートをしてくれるものです。そのためタカジアスターゼは胃腸薬として販売され、世界中で大ヒットを記録します。

また高峰氏が住んでいたシカゴは、アメリカでも有数の食肉製品の産地でした。高峰氏はこれに目をつけ、廃棄される家畜の内臓からアドレナリンの抽出にも成功。世界初のホルモン抽出例として話題を集めました。

アドレナリンは、アナフィラキーショックや止血剤として活用され、現代の医療には欠かせないものです。

この功績が称えられ、1899年に東京帝国大学から名誉工学博士号を授与されています。

その後は、タカジアスターゼの独占販売権を持つ第一三共の社長に就任。さまざまな事業を手がけていきます。

そして1922年7月、腎臓炎によってニューヨークで死去しました。

ウイスキーだけでなく、世界の医学に貢献した人物として、今でも多くの人に希望を与える人物です。

まとめ

高峰-譲吉の麹ウイスキー イメージ画像4

今回は麹ウイスキーの開発に尽力した高峰譲吉博士について解説してきました。

ジャパニーズウイスキーが生まれる前に、アメリカで麹ウイスキー造りが行われていたなんで驚きですよね。

もし麹ウイスキーが誕生していたら、世界のウイスキー市場はどうなっていたのかも気になるところです。

この歴史を知って、さらにジャパニーズウイスキーへの知見を深めていってくださいね。

■この記事を読んだ方におすすめの記事
【飲みやすい】白麹を使ったマイルド系焼酎おすすめ5選を紹介 【飲みやすい】白麹を使ったマイルド系焼酎おすすめ5選を紹介
【初心者向け】飲みやすいウイスキーの選び方とおすすめ銘柄を10個厳選 【初心者向け】飲みやすいウイスキーの選び方とおすすめ銘柄を10個厳選!
日本酒の選び方が変わる!?「きょうかい酵母」を徹底解説 日本酒の選び方が変わる!?「きょうかい酵母」を徹底解説