いつまで続くの?つらい二日酔いの原因と長引かせない方法

お酒を飲みすぎて二日酔いがつらい、もうお酒は飲まないと誓っても、また二日酔いになってしまう人もいるかと思います。

お酒好きにとって二日酔いは切っても切れないもの。できれば二日酔いを早く治す方法を知りたいですよね。

そこで今回は、二日酔いの原因と長引かせない方法を解説していきたいと思います。二日酔いで悩んでいる人や、これからお酒を飲むという人はは参考にしてみてください。

二日酔いのメカニズム

まずは二日酔いのメカニズムについて理解しておきましょう。

体内に入ったアルコールは胃で約20%、小腸で約80%が吸収されます。その後、血液を経由して脳に到達し神経細胞を麻痺させるのです。これが酔った状態であり、アルコール濃度が高ければ高いほど酔いがひどくなります。

アルコールは肝臓で分解をされます。その時に分泌されるアセトアルデヒドが二日酔いの原因です。アセトアルデヒドには吐き気や動悸、頭痛などを引き起こす作用があります。

アルコールを過剰に摂取しすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを処理しきれません。血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなり、二日酔いの症状が悪化していくのです。

またお酒に含まれるアルコールは胃粘膜が刺激します。胃が荒れ、正常な機能を保てなくなり脱水症状を引き起こす可能性も。またアルコールには利尿作用もあるため、脱水症状を加速させます。

二日酔いを早く治す方法

それでは二日酔いになった時の対処法を解説していきます。

水分補給をする

アルコールには利尿作用があり、身体の中にある水分が一気に奪われてしまいます。体内の水分を補うために、十分な水分補給が大切です。できるだけたくさんの水を飲み脱水症状にならないようにしましょう。

また頭痛を伴う二日酔いの時は、電解質や塩分を含む飲み物がおすすめです。スポーツ飲料やトマトジュース、みそ汁などを飲んでみてください。

そのほかにも、アルコールを飲むとしばらく肝臓が糖分を作ることができなくなってしまいます。そのため、アルコールの消化を促進させる、果糖を含んだオレンジジュースやグレープジュースなどもおすすめです。

アミノ酸のビタミンB1を摂取

肝臓の調子を整えることにより、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解が早くなります。

アミノ酸は肝臓の解毒作用があり、アルコール代謝を促進。またビタミンB1には糖質の代謝を助け、エネルギーを作り出す働きがあります。要するに肝臓を元気にする食品を摂取してアセトアルデヒドの分解を促進しようというわけです。

アミノ酸は肉や魚、ビタミンB1は豚肉やウナギから摂取できます、ただし二日酔いだと胃が荒れて食べれない可能性がありますので、サプリメントなどで栄養補給をした方が効率的でしょう。

二日酔いをしやすい人は、あらかじめサプリメントを常備しておくと安心です。

刺激のある食べ物を避ける

二日酔いになると、胃や肝臓の機能が低下します。その状態で刺激の強い食べ物を食べると消化しきれず、さらに症状を悪化させてしまう可能性も。

例えば焼肉やピザ、濃厚なパスタなど消化が悪く刺激的なものは避けた方がいいでしょう。食べるなら消化に良いゼリーやおかゆなどをゆっくり食べるようにしてください。

二日酔いの時にNGな行為

二日酔いに効くと思っていたことが、実はNGだったということはよくあります。そこで二日酔いをしている時にNGな行為を解説します。

迎え酒をする

「迎え酒で二日酔いが治る」というのは迷信です。むしろ肝機能がさらに低下して、脱水症状も悪化してしまいます。

アルコールで気分が良くなって緩和されたように思いますが、体内ではさらに症状が悪くなっています。お酒が好きだからといって、おかしな迷信に頼らないようにしましょう。

カフェインの摂取

カフェインはアルコールと同様に利尿作用があります。さらに脱水症状が悪化することが考えられますので、カフェインの摂取は控えた方がいいでしょう。

どうしてもカフェインを摂取したい場合は、合わせて水分補給をしっかりとするようにしてください。

激しい運動

運動をして汗をかけばアルコールが排出されると思っている人もいるでしょう。しかしアルコールは肝臓でしか分解をされません。いくら運動をしても水分が失われるだけなので、脱水症状を悪化させてしまう可能性があります。

二日酔いの時は激しい運動を避け、十分な水分補給と休息を取るようにしてください。

アルコールの吸収スピードを下げれば二日酔いになりにくい


アルコールの吸収を抑えるには、お酒と一緒に何か食べることが効果的です。またアルコールと一緒に水を飲むと、アルコール濃度が下がり、肝臓に負担もかかりにくくなります。

いわゆる「チェイサー」と呼ばれる方法で、水や炭酸水、ソフトドリンクでアルコールの吸収を抑えることができます。二日酔いになりたくない人は、ぜひ試してみてください。

まとめ

二日酔いになってからではなく、飲む前の対策を心がけてください。また二日酔いのメカニズムを知っておくことで、飲み会での意識も変わってくるでしょう。

普段からお酒を飲む人は、二日酔いとの付き合い方を変えて、健康的な生活を送ってみてくださいね。

関連記事一覧