種類は何があるの?ワインを注文する際に困らない基礎知識

「ワインを飲んでみたい!!」と、ひとくちに言っても、世の中には色々なワインが存在していますよね。

「ワインを注文してみたいけど、味も銘柄も分からないし…やっぱりいつものビールでいいや…」、そう思う人は多いのではないでしょうか。

ワインの世界はどうしても難しいと思われがちですが、実はベーシックな知識を身に付けるだけで以外と気軽にワインを楽しめるようになります。

今回は、ワインの種類とそれぞれの特徴、ワインの選び方について、できるだけ簡単にまとめてご紹介します。

せっかくワインを知れるという時に、あと一歩のところで引き下がってしまってはもったいないですよ!
自分の世界を広げるチャンスをモノにしましょう!

ワインの種類について知ろう

ワインの中でも、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインは、基本中の基本となります。それぞれの違いや特徴を見ていきましょう。

赤ワインとは

主に「黒ブドウ」を原料に造られたワインのことを指します。ブドウ果汁だけではなく皮や種も使われていて、タンニンを多く含むため、独特の渋みが生まれます。

味わいの違いを表すため、フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディなどの呼ばれ方をします。
これらはタンニンの強さや濃厚さ、アルコール度数などの要素から決められています。

■フルボディ

濃い色をした赤ワインです。色合いから感じ取れるよう、強い香りを持ちながら渋みもしっかり残っている濃厚さが特徴です。

自己主張が強めなヘビー級のワインですが、デキャンタージュや長期熟成により味が変化するため、ワインの奥深さを楽しむことができます。

■ライトボディ

フルボディとは対照的に、タンニンが少なく色も薄めなワインです。口当たりも軽く、渋みは少ないのでワイン初心者の人が試すのにもおすすめです。

■ミディアムボディ

フルボディとライトボディの中間にあたる味わいの赤ワインです。渋みや酸味は感じられますが、フルボディほど強い主張はありません。ワインの色合いもフルボディとライトボディの中間色になる傾向があります。

白ワインとは

主に「白ブドウ」を原料に造られたワインです。赤ワインとは違い、ブドウの皮や種を使わずに造られます。透明に近い色をしていて、渋みもほとんどありません。

また、白ワインに含まれている糖分が、多いか少ないかでもテイストが違ってきます。

ブドウを発酵する際、糖分のほとんどがアルコールに変化して、糖分が低くなった白ワインが「辛口系」、発酵を途中でストップし、あえて甘みを残した白ワインが「甘口系」となります。

ロゼワインとは

淡いピンク色をしたワインです。赤ワイン・白ワインのように造る方法やブレンドする方法など、国やワインメーカーによって醸造方法が異なってきます。

味わいの方もまさしく赤ワインと白ワインの中間のようになっており、白ワインのような軽さを持ちつつ赤ワインのようなコクもしっかり感じることができます。

スパークリングワインとは

炭酸を含んだ発泡性のワイン。シュワシュワで爽やかな口当たりが特徴で、パーティーなどでよく飲まれています。

発泡性ワインの中でも「シャンパン」を知る方は多いと思います。実は「シャンパン」もスパークリングワインの一種なのです。

ただ、「シャンパン」として名乗れるワインは、フランスのシャンパーニュ地方で造られたワインのみに限られています。つまり「シャンパン」とは、他の地域で造られたスパークリングは名乗ることができない、選ばれしスパークリングワインにのみ与えられる称号のようなものです。

ワインがシュワシュワしているからと言って、「シャンパン」とばかりを連呼していたら、酔う前に赤面しかねません。赤っ恥をかかないように、シャンパーニュ地方産のスパークリングワインであることを確認しましょう。

ワインの選び方

ワインの種類がわかったところで、「さあ、ワインを飲もう!」となった時…ワインに不慣れな方にとって、ワインを単体で味わうのは、まだ少しハードルが高いかもしれません。

そういった方は、まず初めに料理と一緒にワインを味わうことから試してみましょう!

ワインと料理の相性が良いこと(組み合わせ)を「マリアージュ」と呼びます。

美味しい料理を引き立ててくれるワインと、ワインの味を際立たせる料理の仲睦まじい関係が、「マリアージュ(結婚)」というワードにたとえられています。

この「マリアージュ」ですが、人によって好みのタイプが違ってきます。自分独自のコンビネーションを見つけ出すのも、楽しさのひとつとなるかもしれませんよ!

ワインと料理の「色」でマリアージュ

よく試されているのが、メイン料理全体の色味とワインの色を合わせるというテクニックです。

牛や子羊のような赤身肉には赤ワイン、鶏肉や白身魚のような淡白な料理には白ワイン、海老や生ハムやサーモンなどのピンクい料理にはロゼワインを合わせるといった具合です。

ワインと料理の「産地」でマリアージュ

日本料理には日本酒が合うように、ワインもまた、同じ産地の料理と組み合わせることが可能です。

イタリア料理にはイタリア産のワイン、スペイン料理にはスペイン産のワインといったように、産地の風土に適したもの同士を掛け合わせるのもひとつの手段として覚えておきましょう。

ワインと料理の「味の重さ」でマリアージュ

こってり系の料理には、濃いめで重めなワインを合わせます。

反対に、さっぱりしたお味の料理であれば、すっきりした軽めのワインを合わせるようにしましょう。

まとめ

今回は、知っておくと便利なワインのトリビアをお伝えしました。お酒を飲む機会がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧