ありそうでなかった!定番じゃない梅酒の割り方5選

男女問わず人気のある梅酒は、いろんな飲み方がありますよね。

「ロック」や「ソーダ割り」「お湯割り」で飲んでいる人がほとんどだと思いますが、ちょっと変わった割り方があるのをご存知ですか?

今回は梅酒のちょっと変わった割り方を紹介していきたいと思います。梅酒好きの方だけでなく、梅酒が苦手な人でも飲みやすいものもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

梅酒は割って飲んだ方がヘルシー

梅酒はそのまま飲んでも美味しいですが、カロリーや甘さが気になります。梅酒は割って飲んだ方がカロリーを下げることができますが、実際にどのくらいのカロリーやアルコール度数があるのか分からないですよね。

そこでまずは、梅酒のカロリーとアルコール度数を紹介します。

梅酒のアルコール度数

梅酒のアルコール度数は8%~15%程度です。飲みやすいのが特徴ですが、アルコール度数は高めのため、調子に乗って飲んでいると一気に酔いが回ってしまいます。

また自家製梅酒は、35%のホワイトリカーを使用する人が多く、仕上がりも20%前後になります。ジュースみたいにゴクゴクと飲めてしまうので、アルコールが弱い人は注意が必要です。

梅酒のカロリー

次に梅酒を含め、アルコール全般のカロリーをみていきましょう。

ビール:約40kcal
日本酒:約105kcal
焼酎(乙類):約145kcal
梅酒:約160kcal
焼酎(甲類):約205kcal
ウイスキー:約240kcal
テキーラ:約230lcal

実は梅酒のカロリーはそこまで高くありません。しかしウイスキーなどは割って飲むことが多いので、カロリーの摂取は低くなりがちですが、梅酒はロックで飲む人も多いため、飲みすぎるとカロリーの摂取量が多くなってしまいます。

また梅酒の糖質量は多く、

・梅酒の糖質 約20.7g(100mlあたり)
・ビールの糖質 約3.5g(100mlあたり)

梅酒の糖質は多いので、ダイエットには向きません。梅酒を飲む時は、割り材を用意しておいた方がいいでしょう。

梅酒を飲むメリット

カロリーが高い梅酒ですが、健康志向の方におすすめの栄養素もたくさん入っています。

クエン酸

体内の栄養素をエネルギーに変えるサイクルを活性化させてくれる。乳酸が分解しやすくなるので疲れが溜まりにくい。また疲れた時にもおすすめの栄養素です。

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や髪の毛などの細胞を再生する手助けをしてくれる栄養素です。肌の新陳代謝が上がるので、肌の健康を考えている女性におすすめです。

カリウム

カリウムは体の塩分を調整したり、血圧を下げたりする作用があると言われています。カリウムは野菜に多く含まれているので、野菜不足の人には嬉しいポイントですね。

様々な効能が期待できるので、カロリーが高いだけではありません。飲み過ぎは良くないですが、割り材で割って飲めばヘルシーに栄養素を摂取できそうですね。

定番以外の梅酒の割り方5つ

梅酒のカロリーやアルコール度数は高いですが、割り材を用意すればヘルシーに飲むことができます。

もちろん定番のソーダ割りも美味しいですが、少し変わった割り方もおすすめです。そこで定番ではない梅酒の割り方を5つ紹介します。

オレンジジュース割り

梅酒をオレンジジュースで割ると、爽やかな酸味とマッチしてカクテルのように梅酒が飲めます。

オレンジジュースは100%が最適ですが、もう少しさっぱりしたい場合は、炭酸のオレンジジュースもおすすめです。軽いカクテルみたいになって、すっきりと飲めますよ。

カルピス割り

梅酒をカルピスで割ると、さっぱりとした梅ジュースのような味わいになります。梅酒とカルピスを混ぜて、最後にお好みの濃さになるまで水を入れるだけで完成です。

もう少しさっぱりとしたい人は、水の代わりに炭酸水を入れても美味しく飲めます。

コーラ割り

コーラの爽快感と梅酒の甘みがマッチしたカクテルです。ちょっと濃厚なコーラになるので、甘い飲み物が好きな方にはおすすめ。

コーラの味が勝ってしまうことがあるので、梅酒の割合の調整しながら飲んでみてください。

飲むヨーグルト割り

飲むヨーグルトと梅酒の相性ってどうなの?と思われるかもしれませんが、梅酒の酸味とヨーグルトの酸味が絶妙にマッチして美味しくなります。

甘酸っぱいミルキーなカクテルになるので、女性やお酒が苦手な人でもグイグイいけるでしょう。ただしアルコールを感じにくいので、飲み過ぎには注意してください。

緑茶割り

梅酒をさっぱりと飲みたいなら緑茶割りがおすすめです。今まで紹介した割り方は、甘さが際立ったり、酸味を強調したものでした。

しかし緑茶は甘さや酸味を抑えてくれるので、かなりさっぱりとした印象に変わります。梅酒を飲んで「少し甘いな」「もっとさっぱり飲みたい」と感じたら、緑茶割りを試してみてください。意外な組み合わせに感じるかもしれませんが、個人的には緑茶割りが一番おすすめです。

まとめ

今回は梅酒の定番じゃない割り方を5つ紹介しました。本当に合うの?というものもありますが、どれも梅酒を美味しく飲むことができます。

皆さんも今回のレシピを参考に、梅酒を色々な割り材で割ってみてくださいね。

▼関連ページ