無濾過って?ろ過しない日本酒の特徴とは

日本酒を探すとき時折見かける「無濾過」の文字。字面から見てなんとなくろ過していないお酒なんだろうな~と想像しますよね?しかし、名前を見ただけでどんな味わいなのかを特定することはできません。無濾過の日本酒にはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は日本酒の無濾過を深掘りし、混同しやすい用語との違いも分かりやすくまとめていきます。

無濾過とは

無濾過とは文字通り“ろ過を行わずに造られたお酒”を指します。

一般的な日本酒ではもろみをしぼった後、澱や濁りのないクリアな状態にするためにフィルターにかけられます。しかし無濾過の場合、もろみをしぼった後のろ過作業は行われません。しぼりたての日本酒をそのまま瓶詰めして造られたのが無濾過となるのです。

ろ過していないお酒は濁りがあり、お米由来の旨味と甘みを存分に味わえるパンチのあるテイストとなります。

無濾過に限ったことではありませんが、飲み頃や保管方法には注意していただきたいところです。ひと昔前まで無濾過の日本酒は、そのあまりの劣化速度の速さから蔵元でしか飲めないお酒と言われていました。

現在は流通や管理技術の進歩のおかげで、私たちの身の回りでも無濾過の日本酒を見られるようになりましたが、そうはいっても生のものは生なので、いつまでもお酒の質をキープすることはできません。冷蔵保存を徹底し、香りや味が劣化する前に早めに飲み切るのが良いでしょう。

無濾過と似て非なるワード

無濾過と混同してしまうワードをいくつかご紹介します。

生酒

もろみをしぼった後、加熱処理(火入れ)が一度も行われずに瓶詰めされた日本酒のことをいいます。火入れさえしていなければ、加水による濃度の調整が行われようが醸造アルコールが添加されようが「生酒」を名乗ることができます。

美味しく飲める期間が短かったり搾りたてのフレッシュ感が味わえる点は、無濾過と共通する部分となります。

原酒

もろみをしぼった後、加水によるアルコール度数の調整が行われずに瓶詰めされた日本酒を指します。普通の日本酒は、アルコール度数がだいたい15%になるように水を加えて調整されます。一方原酒の場合は加水が行われないため、アルコールは20%前後と日本酒にしては高めの度数となります。

生原酒

生酒+原酒=生原酒
火入れも加水も行われずに造られた日本酒のことを言います。日本酒造りが最も盛んに行われる秋から冬にかけて出回ることが多く、新酒としてリリースする蔵元もあります。

無濾過生原酒とは?

無濾過の日本酒の中には「無濾過生原酒」というものも存在します。うすうす勘付いている方もいらっしゃると思いますが、無濾過+生酒+原酒=無濾過生原酒となります。ろ過も火入れも加水も行われずに造られた日本酒で、しぼったままの荒々しさを存分に味わうことができます。日本酒の本質を知るには打ってつけのジャンルといえそうです。

甘味や酸味、旨味、アルコールなどがそれぞれ強く主張してくるので、あまり日本酒に慣れていない方にとっては少しハードルが高いかもしれません。

無濾過の飲み方

新鮮さが命の無濾過は冷やして飲むのがおすすめ!

ストレートで飲んでも美味しくいただけますが、刺激が強すぎると感じた場合は水割りやオンザロックを推奨します。冷やすことで華やかな香りと奥深い味わいを楽しむことができますよ。

まとめ

今回は日本酒の無濾過について深掘りしました。無濾過はもともと酒蔵でしか飲めなかったレアなお酒だったんですね。技術の進歩に感謝せねばなりません。

ある程度日本酒に慣れてきたら無濾過を楽しめる時は近いかもしれません。どっしりテイストのお酒がお好みの方はぜひ一度、無濾過を試してみては?

関連記事一覧