居酒屋の「お通し」を断るのは違法?なぜ有料で提供されるのか?

居酒屋に行くと、最初にお通しが提供されます。お店によってこだわりがあり、お通しを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、お通しは無料ではないため、トラブルに発展することも珍しくありません。特に外国人観光客と揉めることが多いようです。

そこで今回は、居酒屋のお通しの特徴やよくあるトラブル、人気のお通しを紹介します。居酒屋に行く機会がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お通しとは?なぜ出されるの?

お通しとは、居酒屋や小料理屋などで、注文の品を提供するまでのつなぎとして出される、簡単なおつまみを指します。

「お客様のオーダーを厨房に伝えた」という意味から「お通し」と呼ばれるようになりました。

お通しはお客様を待たせないためのシステムですが、もともとは食べたいものをリクエストしたり、お客様の身なりに合ったおつまみを提供したりするものでした。

現在は、お通しが席代やチャージ料金に位置付けられています。注文したオーダーに対して、数百円のお通し代が請求される仕組みです。

居酒屋側としては、少しだけ注文して長居するお客様もいるため、対策しなければなりません。そのため、お通しを提供して、売上を確保している側面もあるのです。

しかしお客様側からすれば、料金がかさんでしまうのがデメリットです。とはいえ、安価でお店の味を楽しめるメリットもあり、居酒屋では当たり前のサービスとして定着しています。

お通しの値段は?

お通し代の相場は、200~500円が一般的です。

中には、会計金額の1割を請求するところや、1,000円を超えるお店も存在します。

お通し代が気になる人は、あらかじめスタッフに聞いておくか、ネットでお店の情報を調べたりするといいでしょう。

チャージ料金との違い

チャージ料金とは、お客様が席に座った時点で発生する料金です。「席料」や「テーブルチャージ」とも呼ばれています。

お店によっては、チャージ料金にお通しが含まれているところもあります。

お通しとは異なり、席に対して発生する料金だと覚えておくといいでしょう。

「お通し」「突き出し」「先付け」との違い

お通しと似た言葉に、「突き出し」「先付け」があります。

この2つは、お通しとどんな違いがあるのでしょうか?

まず突き出しですが、お通しと同じ意味合いを持っています。関東では「お通し」、関西では「突き出し」と呼ばれています。

注文とは関係なく、「最初に出す料理」という意味合いから、突き出しと呼ばれるようになりました。

次に先付けです。先付けとは、コース料理の最初に出てくる料理を指します。主に和食や懐石料理で使われています。

「お通し」と「突き出し」は同じ意味、「先付け」はコース料理の最初のメニューと覚えておきましょう。

お通しのメリット

おもてなし文化から始まったお通しですが、お店側とお客側、それぞれどんなメリットがあるのでしょうか。

お通しのメリットをまとめて紹介します。

お店側のメリット

お店側のメリットは以下の通りです。

・売上を確保できる
・お店の味を知ってもらえる
・料理の提供時間を作れる

実は、お通しは、飲食店にとってメリットだらけです。

個人店やこだわりのある居酒屋なら、自慢のお通しを提供してお店の味をアピールできます。

また安価なチェーン店では、お通しを提供して客単価の底上げをしています。

お客側のメリット

お客側のメリットは以下の通りです。

・お店の味を知れる
・料理を待たなくてもよい

お通しはお店によって個性が出ます。そのため、お店の味や雰囲気を知りたい人にはおすすめです。

また最初のお酒と一緒に提供されるため、料理を待つ必要もありません。

お通しがいらない人は断れる?

お通しがいらない人は断れるのでしょうか?

・料金がかさむ
・好きなものを食べたい
・安っぽい料理は食べたくない

このような理由から、お通しを断りたいという人もいるようです。

実際に、法律的にはお通しを断ることができます。お客様側は、値段を知らされていない料理に関して支払う義務はありません。

ただし、お通しは食べた瞬間に契約が成立します。お通しが提供される前に断れば、支払う必要はありませんが、食べた後に断ることはできません。

よって、席についたらすぐに”お通しの提供を断る”ことが大切です。とはいえ、お店によっては断れないケースもあるため、絶対食べません!と張りすぎずトラブルには注意してください。

お通しでよくあるトラブル

お通しが原因でトラブルに発展することも珍しくありません。

そこで、お通しでよくあるトラブルをいくつか紹介します。

無料だと思ったら課金されていた

お通しは、自分の注文とは別で提供されるものです。

そのため、人によっては「無料で出されたもの」だと勘違いする人もいます。それが原因で「お店に騙された」「食べる気はなかった」など、トラブルに発展することもあるようです。

しかし、お通しは食べた時点で契約が成立します。お通しがいらない人は、あらかじめ断っておきましょう。

食べた後にキャンセルされた

お通しを食べた後にキャンセルするお客様もいます。食べた時点で契約は成立していますが、納得のいかないお客様も少なくありません。

トラブルを防ぐには、お店側も「お通しを提供します」「〇〇円でお通しを出しますがよろしいでしょうか?」と、一言かけておくといいでしょう。

文化的なトラブル

海外にお通しの文化はありません。そのため、外国人はお通しの代金を請求されると「なぜ払う必要はあるのか?」と疑問に感じます。

もし外国人観光客に対応する場合は、テーブルチャージと説明してから提供してください。

居酒屋で人気のお通しメニュー

最後に居酒屋で人気のお通しメニューを紹介します。

枝豆

枝豆はお通しの定番です。ビールやハイボールとの相性も良く、乾杯のおつまみに最適です。

また、枝豆に含まれるメチオニンは、肝臓のアルコール代謝をサポートする働きがあります。実はお酒と枝豆は、理にかなった組み合わせだったのです。

刺身

海鮮居酒屋や日本酒にこだわったお店では、刺身が出てきます。

刺身は単価が高いため、お通しで提供されると嬉しい一品ですよね。

そのため、お刺身が食べたい人は、海鮮居酒屋を選ぶといいでしょう。

ポテトサラダ

ポテトサラダは、お店の味が分かるおつまみです。

良い居酒屋の判断材料としして「ポテトサラダが美味しいかどうか」という基準があります。

そのため、お店側はポテトサラダにこだわりを持っています。ポテトサラダが美味しければ、そのお店は優良店だと判断してもいいでしょう。

たこわさ

和食居酒屋では定番のたこわさ。ピリッと効いたワサビがお酒とよく合います。

お店によっては、手作りのたこわさを提供するところもあるようです。

最近は、海外のレストランで提供されるほど人気で、欧米人から「やみつきになる」と注目を集めています。

煮物

日本の家庭料理として親しまれている煮物。小料理屋や和食居酒屋など、日本料理の店では定番のお通しです。

日本酒や焼酎など、日本のお酒との相性も良く、ホッとするおつまみとして不動の人気を誇っています。

まとめ

今回は居酒屋のお通しについて解説してきました。

お通しのシステムを知れば、納得した上でお会計ができそうですね。

それでは本記事を参考に、居酒屋のお通しを楽しんでみてください。