日本三大酒処「灘」「伏見」「西条」の魅力や特徴を解説

みなさんは「日本三大酒処(さけどころ)」をご存知ですか?

日本にはさまざまな「日本三大〇〇」がありますが、日本酒にも三大酒処があります。今回は日本三大酒処の「灘」「伏見」「西条」の歴史や特徴について解説をしていきます。日本酒好きな人や日本酒の歴史に興味がある人は参考にしてみてください。

日本三大酒処の「灘」「伏見」「西条」の歴史や特徴とは?

それでは日本三大酒処の「灘」「伏見」「西条」をそれぞれ解説をしていきます。

京都府の「伏見」の歴史や特徴

京都府にある伏見は、「日本名水百選」にも選ばれた名水「御香水」が湧き出し、昔から日本酒を造るのに適した土地として栄えてきました。「御香水」はミネラルやカリウム、カルシウムをバランス良くを含んだ中硬水で、きめ細やかな口当たりが特徴。「伏見の女酒」とも呼ばれ、新酒は甘口に仕上がります

伏見で有名な酒蔵は、「黄桜」「月桂冠」「宝酒造」など。テレビCMなどで聞いたことがある名前ですよね。

また伏見は日本酒造りの歴史も古く、1594年、豊臣秀吉の築いた伏見城が建設されたところから始まりました。城の周辺に城下町が構築され、人口は数万人に達します。その後、1635年に参勤交代が実施され、伏見の街に旅人や物資が集まるようになり、日本酒の消費量が増加。良質な水が湧き出ていることもあり、日本酒産業が大きく発展しました。

現在は日本を代表する酒処として、海外の観光客からも人気です。

関連ページ:京都・伏見の酒蔵巡りのおすすめスポット7選!試飲や飲み比べを楽しもう

兵庫県の「灘」の歴史や特徴

兵庫県の灘は山田錦の生産量が全国1位。名水百選にも選ばれた六甲山からの「宮水」も湧き出る、日本酒造りに適した土地です。「宮水」はミネラルを多く含んだ硬水で、キリッとした辛口の日本酒が造られます。荒々しい口当たりになることから「灘の男酒」とも呼ばれています。

有名な酒蔵でいうと「白鶴」や「菊正宗」などがあり、日本酒好きでなくとも、一度は聞いたことがある名前ですよね。

また灘の日本酒造りの歴史は古く、1330年頃から醸造が行われていたという文献も残っています。室町時代に入ると、灘を中心とした地域の日本酒が高く評価されるようになりました。この頃に創業した酒蔵のいくつかは、今でも現存しています。

また灘が酒処として発展した理由は、良質な米や水だけではありません。日本酒を消費する江戸へは馬での陸上輸送が一般的でしたが、灘は港が近く、海上輸送で江戸へ日本酒を届けられたのです。

しだいに海上輸送の技術も発展し、安定感がありスピードも出る樽廻船(たるかいせん)なども登場。こういった理由から、灘の酒が日本中に知れ渡り、現在の日本三大酒処として、地位を確立したのです。

広島県の「西条」の歴史や特徴

広島県の西条は、日本酒に向かない軟水が湧き出る地域です。酒造りに適していない土地柄もあり、日本酒産業は難しいとされていました。しかし、明治時代に三浦仙三郎氏が軟水での醸造方法を確立し、日本酒造りが盛んになります。明治以降は日本酒産業が急激に発展し、現在の日本三大酒処の地位を確立しました。

また先進的な技術を生み出した西条には、日本で唯一の「酒類総合研究所」があります。酒類に関する研究や講習、技術の普及、鑑評会などの業務が行われており、日本酒産業の発展に貢献しています

西条の日本酒は、スッキリと辛口なのが特徴で、硬水とは一味違った味わいが楽しめます。

有名な酒蔵で言えば「賀茂鶴酒造」「賀茂泉酒造」で、「賀茂鶴酒造」の「大吟醸 特製ゴールド賀茂鶴」は、あのオバマ大統領が飲んだことでも有名です。オバマ大統領が飲んだシーンがテレビで放映されると、日本全国から問い合わせが殺到し、賀茂鶴の知名度は一気に全国区となりました。

また日本酒造りの歴史を紐解くと、酒造りは江戸時代の終わりから始まります。最初は灘の醸造方法を取り入れましたが、水の性質が異なっていたため、美味しい日本酒は造れませんでした。

そこで先ほどの三浦仙三郎氏が、水質の違いに気づき、軟水での醸造方法を編み出したのです。この醸造方法は「吟醸造り」と呼ばれ、現在は日本全国で使われる技術となりました。その後、明治中期になると西条の中心に鉄道ができ、酒蔵が立ち並ぶようになります。大正時代に入ると、「酒都西条」と呼ばれるようになり、灘や伏見と並ぶ一大銘醸地としてブランドを確立しました。

日本三大酒処でおすすめの酒蔵と銘柄

それでは三大酒処のおすすめ酒蔵と銘柄を厳選して紹介します。

伏見の黄桜(黄桜株式会社)

黄桜(きざくら)は、京都府京都市伏見区に拠点を置く、大手日本酒製造メーカーです。大正14年に松本治六郎氏によって創業。テレビCMなども放映されており、名前を聞いたことがある人も多いと思います。

黄桜では伝統的な製法を受け継ぎ、品質の高い日本酒造りを行なっています。黄桜は日本酒の甘みと優しい口当たりが特徴で、日本酒が苦手な人でも飲みやすいです。

また伝統の技術と美味しい水を活かして、1995年からは地ビールの製造も行なっています。日本酒だけでなく、ビールも楽しめるなんて驚きですよね。

伏見を訪れた際は、黄桜の日本酒とビールを楽しんでみてください。

 

灘の白鶴(白鶴酒造株式会社)

白鶴は日本を代表する日本酒製造メーカー。日本酒を知らない人でも聞いたことがある有名ブランドだと思います。1743年に創業し、数々の銘酒を生み出してきました。歴史ある酒蔵ですが、伝統と最新の技術を融合し、未来を見据えた経営を行なっています。

現在は日本酒を広めるために、東京でセミナーを開催したり、銀座のビルの屋上で米の栽培を行なったりと、新しい挑戦を続けています。

■上撰 白鶴

白鶴のおすすめ銘柄は「上撰 白鶴」で、「International Taste Institute」4年連続最高位の三ツ星獲得、「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2019」SAKE部門 普通酒カテゴリー シルバーメダル受賞という輝かしい成績を納めています。きめ細やかな口当たりと米の旨味が特徴で、冷やから燗まで楽しめます。

灘を訪れた際は、白鶴の日本酒を楽しんでみてください。

 

「西条」の賀茂鶴(賀茂鶴酒造株式会社)

賀茂鶴は西条を牽引する存在の酒蔵で、オバマ大統領が絶賛した賀茂鶴特選ゴールドを生み出す有名ブランドです。1873年の創業以来、先進的な技術を用いて、日本酒造りを行なってきました。大吟醸の先駆けとも言われる酒蔵で、鑑評会では数々の賞を受賞。

龍王山の伏流水で仕込まれる賀茂鶴の酒は、芳醇で濃厚な味わいが特徴です。一躍有名になった賀茂鶴特選ゴールドは、優しい口当たりで「女酒」とも呼ばれています。

西条を訪れた際は、オバマ大統領と同じ賀茂鶴特選ゴールドを味わってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は日本三大酒処「灘」「伏見」「西条」の魅力や特徴を解説してきました。土地ならではの背景を知ると、日本酒に興味が湧いてきますね。
その土地ごとで、味わいや香りも違うので、「灘」「伏見」「西条」の日本酒を飲み比べても面白いかもしれません。

また実際に訪れた際は、その土地の美味しい料理と日本酒を楽しんでみてください。

関連記事一覧