ヴァッティングとブレンディングとは?ウイスキーの基礎知識

ウイスキーには「ヴァッティング」と「ブレンディング」という用語があります。

聞いたことはあるけれど、実は詳しくは知らないという人も多いのでは?

そこで今回はウイスキー分類はどのようにされているか、その特徴を踏まえながらウイスキーの特徴について紹介します。

ウイスキーは大きく2つに分類される

ウイスキーは原料と蒸留方法による違いで、大きく2つに分類されます。1つ目は、大麦麦芽(モルト)を原料にポットスチルという単式蒸留器で蒸留するモルトウイスキー。2つ目は、トウモロコシなどの穀物を原料に連続式蒸留器で蒸留するグレーンウイスキーです。

風味が豊かで、ラウドスピリッツとも呼ばれるモルトウイスキーと、軽い風味で穏やかなため、サイレントスピリッツとも呼ばれるグレーンウイスキー。その2種類のウイスキーを「ブレンディング」したものが、ブレンデッドウイスキー、異なる蒸留所で造られたモルトウイスキー同士を「ヴァッティング(モルト原酒同士を合わせること)」したものが、ブレンデッドモルトウイスキーです。

2009年にイギリスで法改正される前までは、ヴァッテッドモルトウイスキーと呼ばれ、かつてはピュアモルトウイスキーという言い方もされていました。

それ以外の分類には、単一蒸留所で蒸留された、複数の樽のモルトウイスキーを樽詰めしたシングルモルトウイスキー、一つの樽のウイスキーを樽詰めしたシングルカスクウイスキー、単一蒸留所の複数の樽のグレーンウイスキーを樽詰めしたシングルグレーンウイスキーがあります。

ここまでのまとめ

それでは、ここまでの内容をおさらいしてみます。

種類 特徴
シングルカスクウイスキー 単一の樽のモルトウイスキーのみ
シングルモルトウイスキー 単一蒸留所で蒸留された、複数の樽のモルトウイスキーのみ
ブレンデッドモルトウイスキー(ヴァッテドモルトウイスキー/モルトウイスキー) 複数の蒸留所のモルトウイスキー
ブレンデッドウイスキー 複数の蒸留所のモルトウイスキーと、単一または複数の蒸留所のグレーンウイスキー
シングルグレーンウイスキー 単一蒸留所で蒸留された、複数の樽のグレーンウイスキーのみ

※上記のものほど個性や風味が強く、下にいくほど、軽快なライトな味わいになります。
※カスクストレングスとは、加水していない樽出しのアルコール度数のものをいいます。

モルトウイスキー同士を混和する「ヴァッティング」

複数のモルトウイスキーを混和「ヴァッティング」したものを、ブレンデッドウイスキーとの差別化のために、ヴァッティングウイスキーと言われてきました。2009年にイギリスで法改正され、以降はブレンデッドモルトウイスキーと呼ぶようになりました。

異なる蒸留所の、異なる個性を持ったモルトウイスキー同士を掛け合わせるブレンデッドモルトウイスキー、代表的なものでは、余市蒸溜所と宮城峡蒸溜所のモルト原酒をヴァッティングした、「ピュアモルトウイスキー竹鶴」などがあります。

スコッチでブレンデッドモルトウイスキーの単一銘柄は少ないですが、グレンフィディックとバルヴェニー、キニンヴィーの3つの蒸留所のモルト原酒をヴァッティングした、近年人気の「モンキーショルダー」や、ボトラーズ(製造は行わない樽詰め業者)ダグラスレイン社の「ビッグピート」「スカリーワグ」などがあります。

スコッチウイスキーでは、シングルモルトウイスキーが蒸留所の名前を名乗っているのに対して、ブレンデッドモルトウイスキーは、「ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年」や「バランタイン ピュアモルト12年」のように、ブレンデッドウイスキーと同じブランドでリリースされることも多々あります。

ジャパニーズウイスキーは、サントリーとニッカウイスキーを筆頭に蒸留所の絶対数が少なく、各自が自社の原酒で商品化してきたため、自社で数十か通り以上のウイスキーを造り分ける技術が進化。サントリーは酵母や熟成樽などの組み合わせで、100種類以上の香味を造り分けています。

モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混和する「ブレンディング」

一方のブレンディングとは、ブレンデッドウイスキーを製造するために、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混和することを指します。

有名なブレンデッドウイスキーは、スコッチでは「ジョニーウォーカー」「シーバスリーガル」「バランタイン」など、ジャニーズでは「響」や「富士山麓」、「ブラックニッカ」などがあります。

求める味わいをつくり上げるために、「ジョニーウォーカー」など、50種類以上のモルト原酒とグレーン原酒をブレンドする場合もあります。

アメリカン・ブレンデッドウイスキーはまったく別物!


アメリカン・ブレンデッドウイスキーは、実はスコッチやジャパニーズウイスキーでいう一般的なブレンデッドウイスキーとは全く別物です。

アメリカ独自の法律に規定されており、ストレートウイスキーを、アルコール度数50度換算で20%以上使用したものに、異種類のウイスキーだけでなく、甲類焼酎のようなニュートラルスピリッツなどをブレンドしたもの許されている、度数40度以上の混和ウイスキーです。日本の旧酒税法時代の2級ウイスキーに似ているとも言えそうな、法規定が緩い、リーズナブルなデイリーウイスキーです。

まとめ

今回は、ウイスキー初心者向けに「ヴァッティングとブレンディングの基礎知識」についてご紹介しました。

実は大事なワードをほんのちょっとおさえるだけで、だれでも気軽にウイスキーが楽しめますよ。

ぜひもっともっとウイスキーを深掘りして、その魅力に引き込まれてみては?

▼関連記事