初心者におすすめのラム酒10選!飲みやすい銘柄や飲み方を解説

世界4大スピリッツのひとつとして知られるラム酒。

カクテルやお菓子の材料としても活躍する、日本人にも馴染みのある蒸留酒です。

今回は初心者にも飲みやすいラム酒に焦点を当てて、おすすめの銘柄を紹介します。

ラム酒とは?

ラムはサトウキビが原料の蒸留酒です。サトウキビの絞り汁、もしくは絞り汁から砂糖を取り除いたものを蒸留。その後、熟成を経て製品になります。

ラムは甘みがあり、4大スピリッツの中では最も飲みやすい蒸留酒です。カクテルの材料としても人気で、「モヒート」や「ダイキリ」など、さまざまなカクテルに使われています。

ラムの歴史は1492年にまで遡ります。コロンブスがアメリカ大陸に上陸し、ヨーロッパ人によってサトウキビが持ち込まれました。

そして、気候が栽培に適していたことからカリブ海の島はサトウキビの一大産地に。その後、ラム酒の製造が始まったと言われています。

ラム酒の歴史は諸説あり、

・17世紀にバルバドス島に来たイギリス人がサトウキビを見つけて製造した
・16世紀にプエルトリコに来たスペインの探検家フアン・ポンセ・デ・レオンの一隊がラムを製造した

この2つが有力です。

その後、ラムの生産地が世界中に広がり、アジア圏やアフリカ圏でもサトウキビの栽培が始まりました。

そしてラム酒の人気に火をつけたのは「パイレーツ・オブ・カリビアン」です。ラム酒発祥のカリブ海が舞台で、ラム酒を飲むシーンもあり、消費量が一気に上がりました。

ラム酒のおすすめの飲み方

続いてラム酒のおすすめの飲み方を紹介します。

ストレート・ロック

ラム酒本来の香りや味を楽しむならストレートやロックがおすすめです。

もともとはビタミンCが不足する「壊血病」の特効薬として飲まれていた背景もあり、そのまま飲む文化が確立しました。

ソーダ割り

ラム酒をさっぱりと味わいたいならソーダ割りがおすすめです。アルコール度数も低くなり、お酒が苦手な人でも飲みやすいでしょう。

カクテル

ラム酒はカクテルの割り材としても活躍しています。コーラやジンジャーエール、オレンジジュースなど、好きなドリンクで割って楽しみましょう。

ラム酒のおすすめ銘柄

それではラム酒のおすすめ銘柄を紹介します。

バカルディ スペリオール

バカルディ スペリオールは、ラム酒の世界No.1メーカー「バカルディ」が手掛ける銘柄です。世界中のバーテンダーから支持されており、日本のスーパーやコンビニでもよく見かけます。

バカルディ スペリオールは、1年~1年半アメリカンオーク樽で熟成し、甘みと酸味のバランスが整ったラム酒に仕上がります。居酒屋でもお馴染みの、モヒートやラムトニックの割り材としても活躍しています。

まずは定番のラム酒から試してみたい人は、バカルディのラム酒がおすすめです。

created by Rinker
BACARDI(バカルディ)
¥1,361 (2020/11/26 20:36:58時点 Amazon調べ-詳細)

マイヤーズラム オリジナルダーク

マイヤーズラム オリジナルダークは、ジャマイカで砂糖農園を営んでいたフレット・ルイス・マイヤーズが生み出したブランドです。ジャマイカ産の原料を贅沢に使用し、本格的なダークラムに仕上がります。200種類以上の原酒の中から20種類を厳選してオーク樽につめ、4年の熟成期間を経て出荷されます。

マイヤーズラム オリジナルダークは、芳醇な香りとコク深い味わいが特徴です。主にお菓子の材料として使用され、洋菓子店やパティシエたちから高い評価を得ています。

アイスクリームに垂らしたり、コーヒーに入れて飲むのもおすすめです。

created by Rinker
MYERS'S RUM(マイヤーズラム)
¥2,170 (2020/11/26 20:36:58時点 Amazon調べ-詳細)

キャプテンモルガン スパイストラム

キャプテンモルガン スパイストラムは、17世紀に活躍をしていた海賊「キャプテン・ヘンリー・モルガン」の意思を注ぐラムとして世界中から愛されています。キャプテン・モルガンのブランドは、ラム酒にコーラを合わせる「ラムコーク」の流行から世の中に浸透しました。

まろやかな味わいとフルーティーな香りがあり、後味にほんのりバニラを感じます。ぜひラムの甘さとコーラの爽快感を楽しんでみてください。

created by Rinker
Captain Morgan(キャプテンモルガン)
¥2,422 (2020/11/26 20:36:59時点 Amazon調べ-詳細)

ディプロマティコ リゼルヴァ イクスクルーシヴァ(12年)

ディプロマティコ リゼルヴァ イクスクルーシヴァ(12年)は、ベネズエラのウニダス蒸溜所で生産されているプレミアムラムです。ウニダス蒸溜所は、さまざまなコンテストで30以上の受賞歴を誇る一流メーカーです。

ディプロマティコ リゼルヴァ イクスクルーシヴァ(12年)が他のラム酒と違うのは、原料に糖蜜やサトウキビジュースを煮詰めたシュガーケインハニーを使用しているところ。さらに複数の蒸留方法を組み合わせ、複雑な味わいを実現しています。

オレンジピールやメイプルシロップのような風味と複雑な味わいを楽しめるラム酒です。

created by Rinker
ディ プロマティコ
¥4,060 (2020/11/27 00:04:49時点 Amazon調べ-詳細)

カリビアン ラム セイラー ジェリー

カリビアン ラム セイラー ジェリーは、アメリカのNo.1タトゥー・アーティスト、ノーマン“セイラー・ジェリー”コリンズが飲んでいたオリジナルラムを再現したスパイスラムです。

ラベルに描かれているフラガールはセイラー・ジェリーの代表作で、ラム酒だけでなく、さまざまなグッズにプリントされています。カリビアン ラム セイラー ジェリーは、天然のスパイスがブレンドされており、バニラやシナモンのような風味が楽しめます。普通のラム酒とはまた違った味わいを楽しめる銘柄です。

created by Rinker
セイラー ジェリー
¥3,128 (2020/11/27 00:04:50時点 Amazon調べ-詳細)

サントリー ラム ゴールド

サントリー ラム ゴールドは、サントリーが販売しているライトなラム酒です。

ラム酒特有のクセも少なく優しい口当たりで、ラム初心者にも飲みやすい銘柄です。フルーツジュースとの相性が良いため、カクテルの割り材として活用するのもいいでしょう。

created by Rinker
サントリースピリッツ
¥1,056 (2020/11/26 11:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

レッドラム

レッドラムは、カリブ海の西インド諸島にあるヴァージンアイランドで生産されているラム酒です。

アメリカの若者に人気のラム酒で、ドクロのマークに赤いパッケージがカリブ海をイメージさせてくれます。「REDRUM(レッドラム)」という文字が、背面から透かして読むと「MURDER(殺人)」に見えるという話もあり、話題性にも富んだラム酒です。

ただし味や香りはトロピカルで、パイナップルやココナッツ、チェリーを彷彿とさせます。トロピカルな南国気分を味わいたい人はぜひ試してみてください。

created by Rinker
レッドラム
¥2,849 (2020/11/27 00:04:51時点 Amazon調べ-詳細)

ロン・バルセロ インペリアル

ロン・バルセロ インペリアルは、「ドミニカNo.1ラム」と言われている人気銘柄です。ビバレッジ インスティツート オブ シカゴで、100点中97点を獲得し「世界最高ラム」の称号をもらった経験もあり、世界から高い評価を得ています。

ロン・バルセロ インペリアルは、高品質なサトウキビを使用し、バーボン用の樽で熟成させます。また12年ほど熟成したラムをブレンドしているため、コクがあり複雑な味わいも楽しめるラムです。

重厚感はありますが後味はスッキリ。初心者の人でも飲みやすいでしょう。

created by Rinker
ロン バルセロ
¥4,626 (2020/11/26 11:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

セルバレイ チョコレートラム

セルバレイ チョコレートラムは、グラミー賞を受賞した世界的アーティスト、ブルーノ・マーズが手掛けるラム酒です。パナマ産のサトウキビを贅沢に使用し、風味豊かな仕上がりになっています。

チョコレート風味なので、コーヒーや紅茶に混ぜたり、お菓子のお供にしたり、楽しみ方もさまざまです。

created by Rinker
セルバレイ
¥4,220 (2020/11/26 11:13:48時点 Amazon調べ-詳細)

サントリー ロンリコ ゴールド

サントリー ロンリコ ゴールドは、カリブ海のアメリカ自治領プエルトリコにあるロンリコ社が手掛けるラム酒です。スペイン語でラム酒は「ロン(ron)」、リッチは「リコ(rico)」という意味があり、それを合わせて「ロンリコ」という名称がつけられました。

シンプルでドライな味わいなので、カクテルの割り材におすすめです。

created by Rinker
ロンリコ
¥1,369 (2020/11/26 11:13:49時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は初心者にも飲みやすいラム酒を紹介しました。

カクテルだけでなくお菓子作りにも最適なラム酒は、これからも世界中で愛され続けるでしょう。

それでは本記事を参考に、自分好みのラム酒を見つけてみてくださいね。

関連記事一覧