ウイスキーって賞味期限あるの?知っておきたい保管方法

家の掃除をしていたら、いつのかわからないウイスキーが出てきた…なんていう経験はないでしょうか?

ビンを見ても特に賞味期限の記載は無く、開けて飲もうにも躊躇してしまいますよね…。飲んでも大丈夫なのでしょうか…?

そんな迷いを断つために!今回はウイスキーの賞味期限と正しい保管方法についてまとめました!!

ウイスキーの賞味期限

ウイスキーはアルコール度数が高いため雑菌が繁殖することはありません。したがって、長期保管が可能なウイスキーには賞味期限の記載は義務づけられていないのです。

未開封の状態であれば、余程劣悪な環境化での保管出ない限り、何年前のウイスキーであっても飲むことは可能です
ただ、正しい保管でない場合、美味しく飲める期間には限りがあります。

開封前の賞味期限

シングルモルトでもブレンデッドであっても未開封のウイスキーに賞味期限はありません。
しかし、ウイスキーの多くは長い間樽の中で熟成されたのち、美味しい時期にボトリングされているものばかりです。

ウイスキーの熟成は樽の中でのみ行われ、瓶内で熟成されることはありません。
購入してしばらく置いといたからといって熟成が進むというわけではありませんので、長期間とっておこうとせずに早めに開けて美味しく頂くのが得策です。

開封後の賞味期限

保管状態によって変わってきますが、開封してから半年が美味しく飲める期間だと言われています。ウイスキーは、空気に触れた瞬間から劣化が始まります。ワインや日本酒といった醸造酒よりは劣化する速度は遅いですが、味や風味が徐々に落ちてきてしまうので早めに飲み切ってしまいましょう。

コルク栓のウイスキーについて

最近は栓にコルクが使われることは少なく無くなってきましたが、古いウイスキーの中にはいまだコルク栓のものが多く存在します。
コルクは弾力性があるのでウイスキーを密閉することはできますが、如何せん天然素材なので経年劣化は避けられません。

長期間保管でコルクが収縮してボトルとの間に隙間ができてしまったり、乾燥によってコルク自体がひび割れてしまうこともあります。
コルクの劣化によってできてしまった隙間からは徐々に空気が入り込み、ウイスキーが蒸発したり味が落ちてしまうといった現象が見られるようになるのです。

ウイスキーの正しい保管方法

ウイスキーは高温多湿なところにや日の光が当たるところに置いておくと風味が落ちてしまいます。また、香辛料や芳香剤といった強い匂いを発しているものの近くに置いておくとウイスキーに匂いが移ってしまので、冷暗所で匂いのないところでの保管が基本とされています。

開封前の保管方法

直射日光やガスコンロの近くなど、高温な場所は避けて保管しましょう。また、エアコンの近くなど温度変化が激しい場所も避けた方が無難です。

ウイスキーの箱は遮光性があるので、捨てずにウイスキーを箱に入れたまま保管するのが望ましいです。もし箱を捨ててしまった時は、光を遮る場所さえ確保しておけば大丈夫です!ウイスキーは寝かせずに立てて置くようにしましょう。

前述のとおり、ウイスキーでの保管では気温や湿度に気を付けるべきなのですが、目安として気温は15度前後、湿度は60~70度程が好ましいとされています

そうなると、温度や湿度を管理しやすいワインセラーなども検討に入れたいところですが、必ず立てて保管することやコルクの乾燥によるリコルクなどの管理が大変な部分もあるため、用意ができないという人は上記の部分を意識しながら管理するように心がけましょう。

開封後の保管方法

開封後は冷蔵庫に入れず湿気のない冷暗所で保管しましょう。冷蔵庫に入れたくなる気持ちは分かりますが、冷やすことでウイスキーの香りが立ちにくくなってしまいます。また、庫内にある食品のにおいがウイスキーに移ってしまうといったデメリットもあります。

また、開栓後もボトルは立てて保管してください。横に寝かせてしまうと空気に触れる表面積が大きくなるので、立てて保管するよりも早く劣化が進んでしまいます。

開封後に関しても、開封前と同じような環境で保管することが望ましいです。

冷凍保管向きのウイスキーがある

先程冷蔵庫での保管は推奨しないとお伝えしましたが、実は開封後には冷凍保管が向いているウイスキーが存在します。
それは、バーボンウイスキーです。バーボンは比較的アルコール度数の高い品が多いため、常温保管をしていることで蒸発してしまうことがあります。

しかし、冷凍することでウイスキーの蒸発を防ぐことができ、バーボンならではの風味を保つことができます。

なお、飲むときは冷蔵庫を経由してゆっくり常温まで戻していきます。アルコールと水分が分離していますので、飲む前にボトルを振ることをお忘れなきように

保管に便利なアイテム

ウイスキーの保管に便利なアイテムをいくつかご紹介します♪

パラフィルム

パラフィルムとは、伸縮性があり気密性に優れたプラスチックフィルムのことで、理科の実験室でもお目にかかることができます。薬品のボトルに巻きつけられている半透明のフィルム…筆者は破れずにどれだけ伸ばせるか選手権をやった記憶がありますよ…。

お酒愛好家の間では、開封済みのお酒を保管するのに使われることが多いです。パラフィルムでの保管はバーや飲食店でもよく利用されている方法で、開封前でも開封後でも効力を発揮してくれます!

プライベートプリザーブ

無味無臭無毒のガスをボトル内に充填させ、直に空気に触れさせないようにするアイテムです。主に酸化の早いワインに多用されますがウイスキーにも用いることができます。

真空ポンプのような力技は必要なく、付属ノズルで3~4回吹き込むだけの簡単作業なので、女性でも簡単に使えるアイテムです!

ゴリッゴリにウイスキーを保管したいという方は、プライベートプリザーブとパラフィルムの合わせ技という手もアリです。

created by Rinker
プライベート・プリザーブ
¥2,409 (2021/09/22 20:35:47時点 Amazon調べ-詳細)

オークボトル

長期保管というよりは熟成に向いたアイテムで、自宅で簡単にウイスキーの熟成ができる商品となっています!蒸留所で使われるオーク樽と変わらないクオリティーで、小さい容器なので熟成が早く進むという利点があります。

天然の樫が使われ内部はしっかり焦がされています。お酒を入れる前に下準備としてスウェッティングが必要です。ウイスキーを入れて2日もすれば、いつものウイスキーが高級酒のような味わいへと変化します。

おわりに

今回はウイスキーの賞味期限と保管方法についてお伝えしました。

ウイスキーに興味が湧いてきた方は、ご紹介したアイテムもぜひチェックしてみてくださいね♪

▼おすすめ記事