ロック・ソーダ割りどちらもOK!シングルグレーンウイスキー「知多」の魅力

世界でも5本の指に入るウイスキー生産国・日本。蒸留技術の進歩も相まって、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダと肩を並べるウイスキー大国へと発展を遂げました。

ジャパニーズウイスキーを語る上で、ウイスキー人気にさらなる拍車をかけた「知多」の存在を忘れてはいけません。

今回はジャパニーズウイスキー「知多」に焦点を当て、人気の理由を解明していきたいと思います!

ジャパニーズウイスキーの「知多」とは?

「知多」はサントリーが生産しているウイスキー銘柄のひとつ。2015年から造られるようになった銘柄で、ジャパニーズウイスキーの中では比較的新しいブランドです。

サントリーといえば「白州」が有名ですが、「知多」も人気のウイスキーブランドとして定着しています。当初はオンラインショップなどに限定して販売をしていましたが、あまりに好評だったために全国販売されるようになりました。

「知多」が珍しい理由

「知多」の正体は穀類を主原料に造られたシングルグレーンウイスキー。実はこれ、ウイスキー界ではとても珍しいタイプです。

多くのグレーンウイスキーは、大麦麦芽を原料とするモルトウイスキーと掛け合わせるために造られます。異なる原酒を掛け合わせたものは「ブレンデッドウイスキー」と呼ばれるのですが、モルトウイスキーの特徴をつぶしてしまわないようにグレーンウイスキーはあえてクセのないテイストで蒸留されます。

言ってしまえばグレーンウイスキーは、ブレンデッドウイスキーを造る際の「脇役」的な見方が一般的だったのです。

しかし「知多」はグレーンウイスキーのみでボトリングされた銘柄。脇役の立ち位置でも主役が務まることを証明した稀有な一本なのです!知多蒸留所の一か所で生産されたグレーンウイスキー原酒を掛け合わせて造られることから「シングルグレーンウイスキー」と呼ばれます。

「知多」を生産する知多蒸留所

サントリーの知多蒸留所は愛知県知多半島の北西部にあります。1973年からウイスキー造りを行っていて、「知多」以外に「響」や「角瓶」に使われるグレーンウイスキーの製造も行っています。

2017年にはインターナショナル・スピリッツ・チャレンジという世界的な大会で金賞を受賞した実力あるメーカーです。世界に誇るジャパニーズウイスキーが知多蒸留所から生みだされています。

3種の原酒タイプ

知多が人気の理由には、世界でも稀な原酒の造り分けにあるかもしれません。焼酎甲類にも使われる連続式蒸留機を使って、クリーンタイプ、ミディアムタイプ、ヘビータイプの3タイプの原酒を造っています。

・クリーンタイプは純粋でキレイな酒質でほのかに甘さを含んでいます。
・ミディアムタイプの口当たりは穏やかで、グレーン(穀物)が持つ旨みが特徴です。
・ヘビータイプはグレーンならではの香りが強めで、豊かな味わいを持ちます。

樽による造り分け

またホワイトオーク、スパニッシュオーク、ワイン樽による造り分けも行っています。

・ホワイトオークの原酒にはバニラを思わせる甘い香りが感じられます。
・スパニッシュオーク樽原酒は、スイートかつフルーティで濃厚な味わいを含みます。
・ワイン樽原酒の口当たりは滑らかで、ベリー系の甘い香りが特徴です。

商品紹介

引用:amazon.co.jp/

国産ウイスキーだけあって、和食との相性も良い知多。爽やかな甘さも感じられるので、ロックやソーダ割がおすすめです。
まだ試したことのないという人は、この機会にぜひ。

 

まとめ

今回は知多について深掘りしました。

グレーンウイスキーは、そのあまりにも物静かな性格から「サイレントスピリッツ」の異名を持っています。

知多ウイスキーは自ら目立つことはしないものの、全国に多くのファンを持ち根強い人気を誇ります。日本が誇るシングルグレーンウイスキーを味わいたい方は、知多を試してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧