世界最古のワイン産地「ジョージア」こだわりの伝統製法とは?

黒海とカスピ海に挟まれたジョージア。1991年にソ連から独立して、2015年には「グルジア」から「ジョージア」という国名に変わりました。

日本人には馴染みのない国ですが、実は「ワイン発祥の地」として知られています。

今回はジョージアとワインの関係について解説をしていきます。合わせておすすめのジョージアワインも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

ジョージアワインの歴史

ジョージアワインの歴史は、紀元前6000年頃の新石器時代にまで遡ります。当時は野生のブドウからワイン造りを開始。ブドウの品種改良を繰り返し、ワイン造りが盛んになっていきました。フランスやイタリアよりも歴史が古く「ワイン発祥の地」として有名です。またジョージは、シルクロードの要所として栄えており、ワインの輸出も盛んに行われていました。

ローマ帝国で名を馳せたクレオパトラもジョージアワインの愛飲者だったといわれています。クレオパトラは政権を維持することにストレスを感じ、不安を解消するために、涙を流しながらジョージアワインを飲んでいたそうです。この出来事からジョージアワインは「クレオパトラの涙」とも呼ばれるようになりました。

ジョージアワインの製法

ジョージアワインの製法は、みなさんが知っている造り方とは全く違います。クヴェヴリ製法といわれ、素焼きの壺の中に潰したブドウを入れて発酵。その後、地中に埋めて再発酵と熟成が行われます。

ワインは樽で発酵されるのが一般的ですが、ジョージアでは古代からの製法を守り続けています。またクヴェヴリ製法に使われるブドウは、農薬や化学肥料をしようしない土壌で栽培。さらに発酵するときは添加物を加えず、自然の力を利用してワインを熟成させていくのです。

かなり手間がかかる製法なので、19世紀には造り手が減少をしていました。フランスやイタリアの製法が主流となり、現在ではクヴェヴリ製法を採用している生産者は10%ほど。しかし、このクヴェヴリ製法は2013年のユネスコ無形文化遺産にも登録されます。この結果、クヴェヴリ製法のワイン造りに関心が持たれ、徐々に造り手も増えているそうです。

ジョージアワインの特徴や味わい

ジョージアワインといえば、クヴェヴリ製法で造られる白ワインが有名です。通常の白ワインとは違い、皮や種子と一緒に発酵を進めるためオレンジ色のワインが出来上がります。「オレンジワイン」の原点でもあり、ジョージアでは「アンバーワイン」と呼ばれています。

琥珀色が特徴的で、アプリコットやクルミなどを彷彿とさせるアロマ、白ワインと赤ワインを掛け合わせたような優しいタンニンが特徴です。また非常にフルーティーで、女性やワイン初心者にも人気があります。

ジョージアワインのブドウ品種

歴史あるジョージアワインですが、どんな品種が使われているのか気になりますよね。そこでジョージアワインで主流のブドウ品種を紹介していきます。

サペラヴィ(赤)

ジョージアワインの定番で、栽培面積も広いブドウ品種です。果肉まで赤いのが特徴で、タンニンもしっかりとしています。長期熟成に適した高品質のワインを生み出すことができます。

有名なワインジャーナリストであるジャンシス・ロビンソンも「偉大なブドウである」と称賛し、まさにジョージアワインを牽引するブドウ品種です。

ルカツィテリ(白)

栽培面積ではジョージア1位の白ブドウ品種です。トロピカルフルーツのような甘みとフレッシュな酸味が特徴で、オレンジワインの原料として使われています。

おすすめのジョージアワイン

最後におすすめのジョージアワインを紹介していきます。初心者にも飲みやすいものもありますので参考にしてみてください。

ムクザニ(赤)

ワイン造りが盛んなムクザニ地区を代表する赤ワインです。ジョージアの赤ワインのトップとも呼ばれ、国際コンクールでは数々の賞を受賞するほど。あまりの人気で生産が追いつかず、品薄状態が続いている人気銘柄です。

サペラヴィ100%で造られたワインは、濃厚な果実味と滑らかなタンニンが特徴。ベリー系のアロマが長い余韻を楽しませてくれます。赤ワイン好きなら一度は飲んでもらいたいジョージアワインです。

キンズマラウリ・サペラヴィ・クヴェヴリ(赤)

ジョージアで最も古いワイナリーとして知られる、キンズマラウリ社の自信作です。自社畑で栽培されたブドウを使用し、昔ながらの製法でワイン造りを行なっています。

ザクロやチェリーを彷彿とさせる香りと力強いタンニンが特徴です。肉料理やチーズとの相性も抜群なので、焼肉やBBQなどで飲んでみるのもいいでしょう。

シャラウリ サペラヴィ(赤)

ジョージアワインの名門、シャラウリ・ワイン・セラーズが造る赤ワインです。ブドウはサペラヴィ100%、発酵には天然酵母を使用し、丁寧にワイン造りを行なっています。人の手を極力加えない、自然の力に任せた製法が自慢のワインです。

ベリー系の果実味とフレッシュな酸味があり、後味はピリッとスパイシーなタンニンが追ってきます。ジビエ肉の料理などとの相性が抜群です。

カヘティアン ツィナンダリ(白)

カヘティ地方のツィナンダリで造られる白ワインで、ジョージアでは非常に人気のある銘柄です。「ジョージアの白ワインといえばツィナンダリ」と呼ばれるほどで、旧ソ連時代には最も飲まれていたワインとして知られています。数千年以上もの歴史を持つセラーを持ち、現在でも伝統的な製法でワインを造り続けています。

品種はルカツィテリとムツバネのブレンド、トロピカルなアロマとレモンのようなフレッシュさが特徴。瑞々しさがあるので、サラダなどのシンプルな味付けの料理とよく合います。

ゴッツァ ツォリコウリ(白・オレンジ)

ジョージアのカルトリ地方にあるゴッツァは、家族経営のワイナリーとして知られています。オーナーのベカ氏は元々建築家でしたが、昔から親しんできたワインに思い入れがあり、ワイン造りに着手したそうです。

循環型農法を取り入れ、ナチュラルな果汁を使用したワインを造っています。「ナチュラルなブドウジュースがワインへ変わるお手伝い」とベカ氏も言うほど、果実味が強いワインに仕上がっています。

また果実味が強いだけでなく、レモネードのような甘さと濃厚な香りが特徴的で、女性やワイン初心者にもおすすめの銘柄です。オレンジワインの入門として飲んでみてはいかがでしょうか。

チョティアシュヴィリ ヒフヴィ(白・オレンジ)

カヘティ地方にあるチョティアシュヴィリが造るオレンジワインです。ブドウは無農薬栽培され、昔ながらの製法でワイン造りが行われています。現在ではそのこだわりが認められ、オーナーのカヘ氏は、大学で栽培や醸造の授業を行なっているそうです。

ハーブやバニラを彷彿とさせる香りと、桃やマンゴーのような濃厚な甘みが特徴。また、ほのかなタンニンが余韻を楽しませてくれ、食後酒としても飲まれています。

まとめ

今回は世界最古のワイン産地と呼ばれるジョージアについて解説をしてきました。私たちが知っているワイン造りとは異なる製法で造られており、オレンジワインなど馴染みのない銘柄も多かったですね。

ワインが好きでフランスやイタリアのワインを飲んでいた人も、ジョージアのワインが飲んでみたくなったのではないでしょうか?

それでは本記事を参考に、美味しいジョージアワインを見つけてみてくださいね。

関連記事一覧