クロアチアワインの特徴や歴史、おすすめ銘柄を紹介

イタリアの対岸に位置するクロアチアでは、ワイン産業が盛んです。日本人には馴染みが薄い国ですが、各地で品質の高いワイン造りが行われています。

そこで今回は、クロアチアワインの特徴や歴史、おすすめの銘柄を紹介します。

クロアチアワインがどんなものなのか、知りたい人は参考にしてみてくださいね。

クロアチアについて

クロアチア共和国は、東ヨーロッパのバルカン半島に位置する国です。1991年にユーゴスラビアから独立し、2013年にはEUに加盟しています。

「アドリア海の宝石」を呼ばれ、温暖な気候と美しい街並みが広がる観光地です。首都ザグレブではバスやトラムが発達しており、日本からの観光客も多く訪れます。

またクロアチアは自然が豊かな国です。国土の約50%を森林で覆われており、その中の40%は農業に活用され、ぶどう栽培も盛んです。

ワイン造りに適した土地として、古くからワイン生産が行われてきました。

クロアチアワインの特徴

クロアチアワインは、バラエティに富んだワインが生産されています。大陸性気候の内陸部では白ワインの生産、地中海性気候の沿岸部では赤ワインの生産が盛んです。

クロアチアワインの産地は「大陸西部」「大陸東部」「沿岸部」の大きく3つに分類されています。

大陸西部にはプレシヴィツァという地域があり、ポルトギザッツという黒ぶどうが有名です。

大陸東部はポドゥナヴリェやスラヴォニアなどの地域が有名で、ワイン生産だけでなくオーク樽作りも盛んです。

沿岸部では、ダルマチアで赤ワインの生産が行われています。クロアチアにしかない「プラヴァツ・マリ」という赤ワインが有名で、世界的にも評価されています。

また、クロアチアで栽培されているぶどう品種は130種類以上。しかし、実際に使われているのは30種類ほどです。

中でもプラヴァツ・マリは、世界的にも高い評価を得ています。カリフォルニアワインで有名な「ジンファンデルの祖先」とも呼ばれ、濃厚なフルボディの赤ワインが生産されています。

クロアチアワインの歴史

クロアチアでは、紀元前5世紀からぶどう栽培していた歴史が残っています。ギリシャの入植者によってぶどう栽培が伝来し、次第にワイン造りが行われるようになりました。

中世になるとワインの生産量が増え、ヨーロッパ諸国に輸出されはじめます。18世紀に入るとハプスブルク帝国の支配下となり、ドイツやオーストラリアのぶどう品種の栽培が盛んになります。

しかし1990年代からはクロアチア紛争により、ぶどう畑が壊滅的な被害を受けます。これにより、ワイナリーの多くは廃業しワインの生産量は激減しました。

1995年に畑の激減を危惧したワイン生産者が集まり、ワイン協会を立ち上げます。ぶどう栽培やワイン醸造の研究所も建てられ、クロアチアワインの生産も増えていきました。

現在は国内消費がメインですが、海外でも高く評価され日本でも認知されつつあります。

クロアチアの代表的なぶどう品種

クロアチアには130種類以上のぶどう品種があり、現在も30種類のぶどうがワイン生産に使われています。

そこで、クロアチアの代表的なぶどう品種を紹介します。

グラシェヴィナ

グラシェヴィナは、クロアチアで最大の栽培面積を誇る白ぶどう品種です。

クロアチアが起源の品種で、オーストリアではヴェルシュ・リースリングとして栽培されています。

青リンゴのようなフレッシュな酸味と、ナッツのような香ばしさがあり、スッキリとした白ワインに仕上がります。

プラヴァッツ・マリ

プラヴァツ・マリは、クロアチアワインの起源となった黒ぶどう品種です。

フヴァル島やブラーチュ島、ヴィス島などの島々で栽培されています。

タンニンが強くしっかりとした骨格で、飲みごたえがあります。またフルーティーさもあり、ワイン初心者でも飲みやすいのが特徴です。

マルヴァジア

マルヴァジアは、ギリシャのクレタ島が原産の白ぶどう品種です。

中には黒ぶどう品種もあり、赤ワインの原料としても使われます。

まろやかな口当たりと、桃やアプリコットのような香りがあり、飲みやすい白ワインに仕上がります。

クロアチアワインのおすすめ銘柄

最後にクロアチアワインのおすすめ銘柄を紹介します。

スティナ ポシップ 2018年

スティナ ポシップ(Stina Posip) 2018年は、クロアチア固有品種のポシップを使用した白ワインです。クロアチア国内で高い評価を得ている白ぶどう品種で、原産地のコルチュラ島以外での栽培も盛んになってきています。

コルチュラ島は、牡蠣やムール貝の産地として有名で、スティナ ポシップも魚介類と合わせやすいように設計されています。

クロアチアでは「牡蠣にはポシップ」という言葉があるほどで、その相性の良さは抜群です。

トロピカルフルーツのような香りと繊細な口当たり、程よい酸味が味わえる白ワインです。

テッラ・マドレ プラヴァツ・マリ ロゼ

テッラ・マドレ プラヴァツ・マリ ロゼは、プラヴァッツ・マリから造られるロゼワインです。

生産者のテッラ・マドレは、オーガニックの製法を取り入れ、丁寧なぶどう栽培をしています。

チェリーのような香りと、フレッシュな果実味、ほのかなミネラル感が特徴です。魚料理や前菜と合わせやすいでしょう。

ディンガチ

ディンガチは、プラヴァツ・マリの赤ワインです。

急斜面で南に面したぶどう畑から収穫されたぶどうで、シナモンや紅茶の香り、豊かな果実味、キリッとした酸味が味わえます。

後味は少し苦く、長い余韻を楽しめるのが特徴です。食後のワインとして飲んでみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
ディンガチュ【PZ DINGAC】
¥4,900 (2021/06/14 03:26:49時点 Amazon調べ-詳細)

ヴィナ・ファキン

ヴィナ・ファキンは、イストリア半島の固有品種、マルヴァジヤ・イスタルスカを使用した白ワインです。

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランのような白ぶどう品種で、国際的なワインコンテストでも高く評価されています。

フレッシュな酸味とフルーティーさ、程よいミネラル感があり、どんな料理にも合わせやすいでしょう。

まとめ

今回はクロアチアワインの特徴や歴史、おすすめの銘柄を紹介してきました。

日本人には馴染みのないワインですが、古くから歴史があり高く評価されていることがわかりました。

それでは本記事を参考に、クロアチアワインを飲んでみてはいかがでしょうか。